スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【短足でも足が長く見える】スーツの選び方・着こなし方をご紹介

 

スーツ姿を見て「短足」な自分が嫌になったことはありませんか?

足が短かくて嬉しい人はいないと思います。

自分の足の長さを測る方法として

股下÷身長×100で割り出すことができます。

気になる方は一度測られてみてはどうでしょう。

股下の長さは股の中心部分から内股の縫い目に沿って裾まで測ります。

日本人の股下の平均は45%で「短足」傾向です。

顔は「整形」、ウエスト周りは「ダイエット」で変えることができます。

しかし「身長」、「足の長さ」は変えたくても変えることができません。

足が短いと鏡を見るのも足が長い人と並ぶのも恥ずかしくて嫌になります。

短足はスーツ姿を野暮ったく見せてしまうのでコンプレックスを持っている方が多いです。

足の長さを変えれないのであれば「視覚効果」によって足を長く見せるしかありません。

スーツ姿で足を長く見せる方法は「たった3点」意識するだけです。

下記の3点を意識してスーツの印象がグッと変えてください。

 

 

目次

足を長く見せるたった3つの方法

1-1.ジャケットの大きさ

1-2.着丈の長さはどれくらいがベストなの?

2.スラックスの股上

3.スラックスの裾の長さ

 

1-1.ジャケットの大きさ

足を長く見せるためにはパンツ・ズボンの形に注目される方が多いです。

パンツ・ズボンも重要ですが、足を長く見せる方法としてスーツの「ジャケットの大きさ」も重要です。

ジャケットのなかでも「着丈」・「袖丈」の長さを意識することが大事です。

着丈が長いスーツを着ているとパンツ・ズボンのラインが見えずらく、足が短く見え全体的に野暮ったい印象になってしまいます。

スーツ選びは「ディテール」、「サイズ」が重要です。

「ディテール」や「サイズ」の選び方を間違えてしまうと価格の高いブランドのスーツであっても格好良くありません。

足を長く見せるには「ジャケットの着丈が適正なもの」を選ぶ必要があります。

なかでも体のシルエットが綺麗に見えるスーツがおすすめです。

体のラインが綺麗に見えるスーツは着丈が短いものが多く、パンツ・ズボンの「ヒザ」や「裾」が細めなので足のラインが綺麗に出ます。

着丈と同様に袖の長さも重要です。

着丈が短く、袖も短ければ小さいスーツを着ている印象になります。

 

これで安心。スーツの「A5」・「46」の大きさは?ジャケット、パンツの正しいサイズの選び方。

 

1-2.着丈・袖丈の長さはどれくらいがベストなの?

着丈の長さはお尻の付け根より少し上を目安にしてください。

お尻の付け根より少し上の着丈はシルエットが綺麗に見えます。

着丈がお尻の半分くらいだと安っぽく、長すぎると野暮ったい印象になります。

袖丈はジャケットを着て、袖先から親指の先までの長さが10センチ〜12センチの長さが目安と言われています。

シャツが2センチ見えるのが目安とも言われていますが、シャツの長さにもよるので袖先から親指の先で測る方が適正なサイズを選びやすいです。

足が長く見えるスーツを選ぶ際は「体のラインが綺麗に見えるスーツ」を選んでください。

 

スーツ・ジャケットの袖は修理可能?袖が長い・短い場合の適正サイズ・修理代・期間まとめ。

 

2.スラックスの股上

足を長く見せるには「スラックスの股上」も重要になります。

股上とはスラックスの股の分かれ目部分のことを指します。

股上が深ければ楽には履けると思いますが、股下の距離が短くなり足が短く見えてしまいます。

体のラインが綺麗に見えるスーツは股上が深いものはほとんどありませんので、体のラインが綺麗に見えるスーツを選ぶようにしてください。

 

・足を長く見せるための注意点

短足で足が太い方は股上が深く、太もも部分が大きいパンツ・ズボンを買ってごまかそうとする人がいます。

大きいパンツは短足で足が太く見えてしまいます。

足を長く見せるなら股上が深いもの、太もも部分が太いスーツは避けてください。

体のラインを見せるには細身のスーツも良いですが、体に合わない細身のスーツはおすすめしません。

細すぎるスーツは太ももやお尻が張ってしまい、足が太く見えて長く見えませんので、注意が必要です。

短足・足が太い人はスーツの色を選ぶ際、薄い色は避けるようにしてください。

薄い色は膨張色のため足が短く、太く見えてしまいます。スーツの色を選ぶ際は「濃い目の色」を選ぶようにしてください。

 

スーツのスラックス・パンツのウエスト・太ももがきつくなってきた時に役立つ情報。

 

3.スラックスの裾の長さ

スラックスの裾の長さも重要になります。

スラックスの裾は人の視点がいきやすい場所になります。

靴の上でたぶついてる、余っていると足が短く見えてしまいます。

スーツを買う際、店員さんに裾の長さの希望を聞かれると思います。

希望を聞かれたらノークッションかハーフクッションと伝えてください。

 

・ノークッション・・靴の上に余りなくスラックスの上から裾にかけてシワにならず一直線になっている長さです。

・ハーフクッション・・靴の上に若干のクッションができる長さです。

 

ノークッションだと座った際に短く感じる方もいるので、抵抗のある方はハーフクッションにしてください。

裾の長さを聞かれたら裾の仕上げ方を「シングル」か「ダブル」どちらにするか聞かれます。

・シングル

折り返しがない仕上げ方。シングルの方が足がスッキリとして見えます。

・ダブル

折り返しがある仕上げ方。

細身のスーツでファッション性の高いスーツの場合、ダブルはおしゃれ感を演出できます。

ただしダブルのカブラ幅(ダブルの折り返しの幅)を太くし過ぎると足が短く見えるので注意が必要です。

出来る限り足を長く見せたい、綺麗に見せたいという方は「ヒザ幅」、「すそ幅」も意識されると良いです。

「ヒザ幅」、「すそ幅」が細いパンツ・ズボンは足のラインが綺麗に見え、すっきりとした見映えになります。

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

いかがでしたでしょうか。

足を長く見せる「たった3つのポイント」をご紹介しました。

足を長く見せるには「ジャケットの大きさ」「スラックスの股上」「スラックスの裾の長さ」の3点を意識することが重要です。

上記の3点を意識するなら「体のラインが綺麗に見えるスーツ」をおすすめします。

「短足」は治すことができないですが、足を長く見せることは可能です。

足の長さがコンプレックスになっている方は上記の方法を一度実践してください。

今回ご紹介した内容が皆さまのお役に立てれば幸いです。

 

スーツ紺無地-人気に左右されず、長く着れ、よく売れる秘密と買い方、おすすめ理由。

 

「猫背」はスーツをダサくする。スラッと姿勢が綺麗に見えるスーツの選び方とは?

 

-スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, ,

© 2021 Business Fashion MEN'S