お直し・修理・保管・洗濯 スーツ デニム・パンツ・スラックス ビジネス・仕事ファッション

スーツのスラックス・パンツの【ウエスト・太ももがきつくなってきた】時に役立つ修理・直し方法。

季節の変わり目にやってくる衣替え。

春夏物のスーツから秋冬物のスーツへ、

秋冬物のスーツから春夏物のスーツに衣替え、

久しぶりのスーツを着るとスラックス・パンツ・ズボンがきつくなっていると焦った経験がありませんか?

皆さまスラックス・パンツ・ズボンがピチピチになっている時どうしていますか?

ほとんどの方は諦めて新しいスーツを新調するでしょう。

または痩せたら着ようということでタンスの肥やしにしている人もいるでしょう。

ですがウエスト・太ももは修理で大きくできることはご存知ですか?

極端に大きくすることはできませんが、多少大きくすることができます。

スーツには縫い代というものがあり、ウエスト・太ももを大きくすることができます。

役に立つスーツのスラックス・パンツ・ズボンの修理についてご紹介をいたします。

 

スーツのパンツのウエスト・太ももがゆるくなってしまった時のおすすめ対処法。

 

 

目次

1.スラックス・パンツ・ズボンはどれくらい大きくできるのか?

2.修理の注意点

3.修理代はいくらするの?

4.納期はどれくらいかかるの?

5.修理はどこに持って行けばいいか?

6.まとめ

 

1.スラックス・パンツ・ズボンはどれくらい大きくできるのか?

ウエストは「約3センチ〜4センチ」大きくすることができます。

太もも部分は「ワタリ」と呼ばれており、ワタリは「約1センチ~1.5センチ」ほど大きくすることができます。

ウエストだけでなく、お尻もきつくなってきたという方はウエストと一緒にお尻も出すことができます。

それでもお尻がきつい場合は太もも部分の「ワタリ」を大きくすることによってお尻周りにゆとりを持たすことができます。

スラックスを修理するとシルエットが崩れてしまうという方がいますが、極端なお直しでなければシルエットは大きく崩れることはありません。

サイズが小さいスーツを無理して着用していると破れに繋がり、シルエットも崩れてしまいます。

スーツのスラックス・パンツ・ヒップがきつければ修理をおすすめします。

 

スーツ-身長が高くて体格がガッチリしている人の似合うスーツの買い方、選び方

身長が低くガッチリとした体格の方に似合うスーツの選び方

 

2.修理の注意点

ウエスト、ワタリ、ヒップを修理した場合、注意点があります。

ウエスト、お尻、太ももを最大まで大きくした場合、強度が少し弱くなります。

縫い目の破れや裂けるのをふせぐため、補強テープを貼って補強することをおすすめします。

補強テープを貼らなかった場合、縫い目から裂けてしまう可能性があり、ひどい場合は生地まで破れることもあります。

【スーツのジャケットだけ残った。】スーツのパンツ・ズボンが破れた後のジャケットの使い方・使い道をご紹介。

 

そのため2センチ以上やヒップ、ワタリを大きくする場合は補強テープは貼るようにしてください。

 

※注意点
スーツを買った際にウエストやワタリを大きくしている方は修理できない場合があるので注意が必要です。

 

スーツのパンツが破れた・ほつれてしまった時の修理・再利用の仕方

 

3.修理代はいくらするの?

修理価格の目安

ウエスト・・約1000円〜

ウエスト&ヒップ・・1500円

ワタリ・・約1500円〜

 

※注意点
修理代金は店舗によって異なります。

ウエストやワタリは大きくする大きさによって料金が高くなる可能性があります。

料金は修理屋さんと相談しながら修理するようにしてください。

 

スーツのパンツ・ズボンの「後ろポケット」が破れる原因・対処法・修理方法のまとめ

 

4.納期はどれくらいかかるの?

修理の期間は修理内容・店舗・時期によって異なります。

通常なら約7日〜10日間ほどの期間で出来上がるお店が多いです。

セール時期や繁忙期の混みあっている時期は14日間ほどかかることがあります。

店舗・時期によっ修理期間は異なるので、急ぎの場合は修理する場所に相談すると良いでしょう。

 

自転車通勤はスーツが傷み・破れやすい!?原因・理由と改善策のご紹介。

 

5.修理はどこに持って行けばいいか?

スーツがきつくなった場合は買った店舗に持って行くと有料になりますが、修理を受けてくれるところがほとんどです。

スーツを買った場所が遠い場合は「洋服のリフォームショップ」に持って行けば修理できます。

近年ではネットでもお直しができるところがあります。

スーツを購入した店舗に持っていくのが安心だと思います。

 

スーツの股の破れ、お尻裂ける原因・予防・対策して長持ちさせる

 

6.まとめ

①ウエスト・太ももは大きくできる

②修理代金・期間は店舗と内容によって変わる

③修理してもらえる場所は買ったお店、洋服のリフォームショップでできる

 

スーツのパンツ・ズボンの折り目(クリースライン)を長持ちさせる4つの簡単な方法

 

いかでしたでしょうか?

スーツのスラックス・パンツ・ズボンがきつくなった場合の修理についてご紹介しました。

きつくなったら新しいスーツを新調をするのが良いです。

しかしスーツは安くありません。

買ったばかりでもったいないと思う方、きつくなったスーツに愛着がある人は価格も高くないので修理をするのも一つだと思います。。

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になれば幸いです。

 

丈夫なスーツ・長持ちするスーツ・破れにくいスーツをお探しの方必見。プロが選ぶのはイギリス製生地

 

-お直し・修理・保管・洗濯, スーツ, デニム・パンツ・スラックス, ビジネス・仕事ファッション
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S