スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド

【J.PRESS-Jプレス】のスーツの人気・評判とは?【J.プレス】の良さついてのご紹介。

【J.PRESS-Jプレス】のスーツの人気・評判とは?

ブランドのスーツは量販店のスーツに比べて価格が高い物が多いです。

ブランドのスーツを買うならブランドのこと、人気・評判を知ってから購入したいと思う人が多いと思います。

ブランドのスーツを買うならどこが良いのか?

自分の買ったスーツの人気・評判は良いのか確かめたくなる人も多いです。

「J.PRESS-Jプレス」は百貨店でも多く販売されています。

独自の調べになりますが「J.PRESS-Jプレス」の人気・評判・良さをご紹介します。

 

※画像はイメージです。

 

目次

1.「J.PRESS-Jプレス」とは?

2-1.「J.PRESS-Jプレス」のスーツの特徴とは?

2-2.「J.PRESS-Jプレス」のブレザーの特徴とは?

3.「J.PRESS-Jプレス」ではオーダーも可能なの?

4.「J.PRESS-Jプレス」のスーツ・ブレザーの人気・評判とは?

5.「J.PRESS-Jプレス」の展開アイテム

6.「J.PRESS-Jプレス」の価格帯とは?

 

1.「J.PRESS-Jプレス」とは?

Jプレスは1902年にアメリカの東部コネチカット州のニューベブンにて創業。

100年以上の歴史を持つ老舗ブランドです。

東部はアメリカを代表する名門校アイビーリーグが集まっているエリア。

アイビーリーグとは「アメリカの中のアメリカ」とも言うべき8校のエリート大学の総称です。(ハーバード大学等)

Jプレスはその中の名門大学の一つであるイェール大学のキャンパス内で創業。

上流社会の人々が認めるモノ作り、着る人のプライドを尊重する姿勢が顧客様から支持を受けていました。

いつしかイェール大学だけでなく、アイビーリーグの8校の学生、卒業生、そして全米へとJプレスの名は広がっていきました。

「J.PRESS-Jプレス」は魅力的な男の代名詞と言われており、身につけることはエリートの証と言われるブランドの一つです。

「J.PRESS-Jプレス」は「Brooks Brothers-ブルックスブラザーズ」・「Paul Stuart-ポール・スチュアート」等と同じく、アメリカを代表をするブランドの一つです。

 

【Brooks Brothers-ブルックスブラザーズ】のスーツの人気・評判とは?ブルックスブラザーズの良さ・特徴をご紹介。

 

2-1.「J.PRESS-Jプレス」のスーツの特徴とは?

Jプレスのスーツは「アメリカントラッドスタイル」・長く着用できる「飽きの来ないデザイン」・「動きやすさ」が特徴です。

トラッドとは耳にされたことはあるかもしれませんが「トラディショナル」のことを指し、「伝統的」という意味があります。

「アメリカントラッドスタイル」とは流行に左右されず「アメリカの伝統的なファッション」のことを言います。

元々「アメリカントラッドスタイル」はイギリスの着こなしをアメリカ独自のスタイルに発展させたとも言われています。

アメリカのスーツのラインはブリティッシュラインとは違い、実用性と効率性を重視した作りになっているため、多くの人に似合い動きやすいスーツになっています。

アメリカのスーツはジャケットの腰のポケットの上にあるダーツをとり、「ナチュラルショルダー」・「ボックス型のシルエット」・「3つボタンの段返り」・「フックベント」の形が印象的です。

「J.PRESS-Jプレス」のスーツではモデルに種類があり、「アメリカントラッド」を意識しているモデルがあります。

「J.PRESS-Jプレス」のスーツのモデル一例

・「アメリカントラッド」を意識したダーツの入っていないボックス型のシルエットで3つボタンの段返りのスーツモデル。

・ダーツが入りウエストに絞りが入った2つボタンのスーツモデル。

などがあります。

ダーツの入ってないボックス型のシルエットは「アメリカントラッド」を意識することができるので、「アメリカントラッド」に挑戦したい人・スーツの雰囲気を変えたい人は一度着用されてはどうでしょうか。

 

【Paul Stuart-ポール・スチュアート】のスーツの人気・評判とは?ポール・スチュアートの良さをご紹介。

 

2-2.「J.PRESS-Jプレス」のブレザーの特徴とは?

「J.PRESS-Jプレス」のブレザーは「ボックスシルエット」・「3つボタンの段返り」・「フックベント」・「胸の箱ポケット」など伝統を残しつつ、時代に合った「アメリカントラッドスタイル」を意識するブレザーになっているのが特徴です。

ブレザーはビジネスマンには必須の定番であり、休日にも使える「万能アイテム」です。

「アメリカントラッドスタイル」を意識するならブレザーの存在は欠かせません。

ブレザー・ボタンダウンシャツ・ローファーのカジュアルなスタイルは「アイビールック」と言い、「アイビーリーグ」に所属する人達が好んで着ていたファッションです。

日本では1960年代にも「アイビールック」は大流行しましたが、今でも支持される王道的ファッションです。

近年ビジネスシーンでもジャケパンスタイルの人が増えてきており、「紺のブレザー」は春夏・秋冬で一着ずつは持っておきたいアイテムです。

ジャケパンスタイルで「紺のブレザー」を単純に着るだけでなく、「アメリカントラッドスタイル」を意識されると「見映え」・「雰囲気」が違います。

「紺のブレザー」でワンランク上の着こなしを挑戦されたらどうでしょうか。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

3.「J.PRESS-Jプレス」ではオーダーも可能なの?

Jプレスはスーツ・ジャケット既製品の展開がメインですが、パターンオーダーも展開しています。

パターンオーダーとは既製品を基本にオーダーする形態です。

既製品が元となるため、細かい要望に応えることが難しいことがありますが、

着丈・袖丈・裏地・ネーム・ステッチ・渡幅(太もも)・裾幅・裾の仕上げ・タックなどは変更することができます。

既製品では上着は合うけどパンツが合わない人はパンツをワンサイズ大きくする等の上下のサイズの組替えなどもできるのはパターンオーダーの良い点です。

パターンオーダーは既製品のモデルが元になるので、出来上がりのサイズ感・見た目をイメージしやすい利点があります。

サイズは細め〜ゆったりめまで用意されているので幅広い人に対応できるように設定されています。

「J.PRESS-Jプレス」のパターンオーダーが気になる人は最寄りの店舗に一度問い合わせをしたらどうでしょうか。

 

スーツのパターンオーダー・イージーオーダーの違いとは?どっちがおすすめ?メリット、デメリットのご紹介。

 

4.「J.PRESS-Jプレス」のスーツ・ブレザーの人気・評判とは?

Jプレスはアメリカを代表するブランドの一つです。

飽きの来ない「シンプルなデザイン」、多くの人に似合いやすく、動きやすい「快適」なスーツ・ジャケットを展開。

「アメリカントラッド」好きな人はもちろん、「快適さ」からトラッド好きでない人からも愛用されている老舗ブランドです。

そのため人気・評判が高く、多くの百貨店でも店舗を構えています。

年齢層では雑誌・衣装協力もされていることもあり、若い人〜年齢が高い人までファンを持つ人気・評判が高いブランドです。

 

5.「J.PRESS-Jプレス」の展開アイテム

Jプレスではスーツ・ジャケット・パンツ・コートだけでなく、ネクタイ・シャツ・ポロシャツ・ベルト・鞄などの軽衣料・洋品も販売されています。

アイテム数も多いのでJプレスでビジネス・カジュアルスタイルのどちらもコーディネートができる利点があります。

コーディネートに自信のない人は販売員さんにお願いするのも一つの方法です。

 

体型ごとの「似合うスーツのポイント」をご紹介

 

6.「J.PRESS-Jプレス」の価格帯とは?

Jプレスの価格帯を公式ホームページで調べたところ、

・スーツ 7万円前後〜

・ブレザー 4万円前後〜

・パンツ 2万円前後〜
(チノパンなどは低価格の物もあり)

・シャツ 1万円前後〜

・ネクタイ 1万円前後〜

※価格は前後しますので、正式な金額を知りたい人はオンラインショップ・店舗で確認するようにしてください。

 

着心地・見映えが違う「人生で一度は着るべき」人気イタリア生地使用スーツ。おすすめ5選

 

「J.PRESS-Jプレス」のスーツ・ブレザーの人気・評判・良さについてご紹介しました。

スーツ・ブレザーの購入やスーツ・ブレザーの雰囲気を変えたい人は「J.PRESS-Jプレス」を検討されたらどうでしょうか。

「J.PRESS-Jプレス」が気になる人は店舗・公式ホームページ・オンラインストアをご覧になってみてください。

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になれば幸いです。

-スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド
-, , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S