スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

身長が低くガッチリとした体格の方に似合うスーツの買い方・選び方をご紹介

 

身長が低くガッチリとした人に似合うスーツの選び方


身長が低く体格がガッチリしている人は体型に合ったスーツが見つからなくて困っている人が多いです。

上着のサイズは合うけれどスラックスが小さい

スラックスのサイズは合うけれど上着が大きい

上半身と下半身のバランスが違うためサイズ選びで苦労されてる人が多いです。

上着がきつい・サイズが合わないので仕方なく大きいサイズを修理して着ている人もいます。

スーツは基本肩で着るものと言われるほど重要であり基本です。

自分の体に合うスーツを選ぶことが似合うスーツの第一歩です。

身長が低くガッチリとした体型の人に向けてスーツ買い方・似合うスーツの選び方をご紹介したいと思います。

 

 

目次

1.スーツの買い方

2.スーツの選び方

3.スラックスの選び方

4.ドレスシャツの選び方

5.ネクタイの選び方

 

1.スーツの買い方

 

 

身長低くガッチリとした体格の人にはパターンオーダー・イージーオーダーでスーツを買うことをお勧めします。

身長が低くガッチリしている人はジャケットとスラックスのサイズが合わないことが多いです。

既製品のスラックスの修理で綺麗にいけば良いですが、修理で対応できない人もいます。

パターンオーダー・イージーオーダーだとジャケットとスラックスの上下のサイズバランスを変えることができます。

サイズ以外にもスーツのデザイン・色柄を選べるため、自分に合ったスーツを選びやすいです。

現在オーダーする人も増えており、低価格〜高価格まで幅が広いオーダーの専門店が増えています。

オーダー店以外でも百貨店のブランドのお店、既製品のお店でもパターンオーダーを取り扱っています。

自分の好みや希望する価格のお店でパターンオーダー・イージーオーダーをされると良いです。

 

スーツのパターンオーダー・イージーオーダーの違いとは?どっちがおすすめ?メリット、デメリットのご紹介。

 

2.スーツの選び方

似合うスーツを選ぶには「自分の体型の悩みを上手に隠す」ことが大事です。

身長が低く体格がガッチリしている人に似合うスーツのポイントは3つあります。

 

・ポイント

1.身長を色柄やシルエットによって高く見せる

2.体格を色柄やシルエットによって引き締まった印象に見せる

3.周囲の視線を高い位置に向けさせる

 

上記の3つのポイントが重要です。

この3つのポイントを踏まえて具体的にご紹介します。

 

スーツ-なで肩、いかり肩の人が似合うスーツの形とは?

 

・スーツの色柄

 

 

体格が良いので膨張色(薄いカラー)やチェック柄のスーツだと体格が大きく見えてしまいます。

おすすめ色柄

・濃紺、ミディアムグレー、チャコールグレーは体格が引き締まって見え、ストライプ柄はシルエットを縦長に見せます。

身長が低く体格の良い人は濃い色にストライプ柄のスーツを着るとシルエットを綺麗に演出することができます。

 

・スーツの形

スーツの形では身長を高く見せ、スッキリとした印象になる2ボタンのスーツがおすすめです。

2ボタンのスーツでゴージライン(上衿とラペルの境目)が高め・ラペル幅が広い、腰ポケットが斜めになっている(スラントポケット)のスーツは身長が低くガッチリとした体格の人に似合います。

視覚効果で視線が胸元に集まりやすく、引き締まった印象になります。

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

3.スラックスの選び方

 

 

スラックスでは適度な細身がおすすめしますが、膝から裾にかけて細すぎるものはおすすめしません。

ガッチリしている方は下腿部も筋肉がついている人が多いため細すぎるとスラックスに余計なシワが入ります。

シワだけでなく周囲の視線も下に集まりやすくなるので、適度な細さを選ぶのがおすすめです。

裾の仕上げはダブルに仕上げると足が短く見えることがあるので、シングル仕上げがおすすめです。

スーツだけでなく、周囲の視線を上に集まりやすいようにするにはドレスシャツ・ネクタイのVゾーンにも配慮が必要です。

 

「短足」でも足が長く見える!?スーツの選び方・着こなし方をご紹介

 

4.ドレスシャツの選び方

視線を上に向けさせるのと同時にガッチリしている体の威圧感を隠すことが重要です。

チェック系のシャツは体が膨張して見えるので注意が必要です。

 

おすすめの色柄

カラー・・白系

柄・・ストライプ

ストライプ柄はスーツのストライプ柄と同様に引き締まった印象になります。

 

ワイシャツ・ドレスシャツの「サイズが合わない」「こだわりたい」人の買い方・選び方のご紹介。

 

5.ネクタイの選び方

 

 

カラー・・赤系や黄色系

柄・・レジメンタル

赤系のネクタイは威圧感が出ますが胸元に視線を集めやすくなります。

威圧感を気にされる人は黄色系のネクタイを選ばられると良いです。

レジメンタル柄はVゾーンが綺麗に見えスッキリとした印象になるのでおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。

身長が低くガッチリしている人に向けて似合うスーツの買い方、選び方をご紹介しました。

人には肌の色・瞳の色によって似合う色と似合わない色があるため、今回ご紹介した内容が皆様に必ず当てはまるということではありません。

そのためスーツ・シャツ・ネクタイを購入の際は必ず試着するようにしてください。

今回ご紹介した内容が皆様の参考になれば幸いです。

スーツは仕事をする上で印象を左右する大事なツールの一つです。

価格も大事ですが自分に似合ったスーツを選んで、良いビジネスライフを送ってください。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

-スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S