ファッション ブランド

【デ・ペトリロ-De petrillo】はどんなブランド?スーツ・ジャケットの人気・着心地・魅力・価格をご紹介。

ファッション感度が高いイタリア。

日本のメーカーが作るスーツも良いですが、本格のイタリアのスーツが着てみたいという人も多いのではないでしょうか。

生地では「エルメネジルドゼニア」・「ロロピアーナ 」などイタリアの生地ブランドは消費者によく知られていますが、イタリアのスーツブランドは知らない人も多いです。

数あるイタリアブランドの一つ「De petrillo-デ・ペトリロ」。

雑誌でも頻繁に掲載されており、百貨店・セレクトショップ・専門店で取扱いがされてる人気のブランドです。

独自の調べになりますが、「De petrillo-デ・ペトリロ」のブランド・着心地・魅力についてご紹介します。

 

※画像はイメージになります。

 

目次

1.「De petrillo-デ・ペトリロ」とは?

2.「De petrillo-デ・ペトリロ」の特徴・魅力とは?

3.「De petrillo-デ・ペトリロ」の着心地は?

4.「De petrillo-デ・ペトリロ」の価格帯は?

 

1.「De petrillo-デ・ペトリロ」とは?

 

 

「De petrillo-デ・ペトリロ」とは「Benedetto De Petrillo-ベネデット デ・ペトリロ」氏によって2006年にイタリアのナポリのフラッタマッジョーレで誕生したファクトリーブランド。

日本でも展開されていた「GAIORA-ガイオラ」が前身ブランドにあたります。

イタリアのスーツはイタリアといっても「ナポリ」・「ミラノ」・「ローマ」と各都市によって仕立てに違いがあります。

なかでも「De petrillo-デ・ペトリロ」が誕生した「ナポリ」の気候は蒸し暑さがあります。

英国の仕立てのような肩パット・芯地がガッチリと入ったスーツはナポリの気候・ナポリの人の気質に合いません。

ナポリ仕立てのスーツは気候・気質に適した「薄く」・「軽く」作られる特徴があります。

「De petrillo-デ・ペトリロ」はナポリの伝統的なサルトリアにて経験を積み、学んだナポリの伝統の技術と時代性を融合させた圧倒的に柔らかさのあるスーツ・ジャケットを生み出しています。

ナポリのブランドでは「De petrillo-デ・ペトリロ」以外にも「ISAIA-イザイア」・「CESARE ATTOLINI-チェザーレ アットリーニ」・「Kiton-キートン」など名だたるブランドがあります。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

2.「De petrillo-デ・ペトリロ」の特徴・魅力とは?

デ・ペトリロのスーツは「仕立て」・「生地のデザイン性」・「デザイン」・「シルエット」・「コストパフォーマンス」に特徴・魅力があります。

仕立てではデザイン・縫製・仕上げを一貫、大量生産でなく、一着ずつ丁寧に仕上げることで「高い品質」のスーツ・ジャケットを生み出しています。

現代的なナポリ仕立てにデ・ペトリロ独自のセンスを加えた魅力ある作りとなっています。

 

生地では他のブランドには少ない「遊びの効いた色柄」・「トレンドを取り入れた色柄」・「クラシックな色柄」など生地のデザイン性の高さ・幅広さがあるのも魅力。

デ・ペトリロで使用される生地には「美しい発色」・「上品な艶」があります。

 

「De petrillo-デ・ペトリロ」のスーツ・ジャケットは仕立ての良さに加えて、生地の良さが「高級感」と「エレガント」な雰囲気を演出します。

ジャケットのデザインではなで肩に作られた「肩まわり」・「ギャザーを入れた袖付け」となっています。

ナポリのスーツのラペル(下襟)は太いですが、デ・ペトリロでは現代に合わせてラペルを細くしています。

デ・ペトリロのスーツでは「チェンジポケット」を付けたデザインの物もあります。

チェンジポケットを付けることによって、腰の位置が高く見せることで身長も高く見せる効果があります。

 

スラックスではイタリアらしいアウトプリーツやクラシックなインプリーツ・サイドアジャスターをつけたデザインのスラックスを展開しています。

 

シルエットでは美しくシェイプしたウエストラインに細めの腕まわり。

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットはスタイリッシュさがあるシルエットになっています。

 

※デザインやシルエットはシーズンによって異なりますので、詳しくは取扱い店舗で確認するようにしてください。

 

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットは仕立て・生地・デザインにこだわりが詰まっています。

イタリアブランドはクォリティが高く、値段も相応のスーツ・ジャケットが多いですが、デ・ペトリロはクォリティの高さに比べて、コストパフォーマンスに優れている魅力もあります。

 

イタリアの「タリアトーレ】ってどんなブランド?スーツ・ジャケットの着心地・魅力・価格をご紹介。

 

【イタリアブランド】ラルディーニはどんなブランド?スーツ・ジャケットの着心地・魅力とは?

 

3.「De petrillo-デ・ペトリロ」の着心地は?

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットは見た目にエレガントさがあり、着心地も優れています。

しかしイタリアブランドなので、日本人の体型には合わないのでは?と疑問に思う人もいると思います。

疑問の通り、日本人の体型とイタリア人の体型には違いがあります。

しかし日本で展開されるデ・ペトリロのスーツ・ジャケットは日本人の体型に合わせて作られているため、日本人が着用しても着心地が良いです。

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットは着心地を良くするため、様々な部分で工夫が施されています。

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットは着用して動きが加わる部分はハンドイドで縫製をおこなっています。

ハンドメイドをおこなうことで身体に馴染みやすく、着心地が良くなっていきます。

 

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットは「薄く」・「軽く」作られているのに加えて、袖付けにギャザーを入れることによって、肩にフィットするように作られています。

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットはアームホールにも工夫が施されています。

アームホールを通常のスーツ・ジャケットよりも細くコンパクトにすることで、腕の可動域を広げ、動きやすい工夫が施されています。

スラックスでも履き心地が良い作りとなっています。

 

イタリアブランド【L.B.M.1911-エルビーエム1911】はどんなブランド?ジャケットの着心地・魅力をご紹介。

 

4.「De petrillo-デ・ペトリロ」の価格帯は?

デ・ペトリロのスーツ・ジャケットは上記でご紹介したようにコストパフォーマンスに優れています。

参考までにスーツ・ジャケットの価格をご紹介します。

 

スーツ・・おおよそ15万.16万円ほど〜

ジャケット・・おおよそ11万円ほど〜

 

※価格はシーズン・時期によって異なります。価格を詳しく知りたい人は取扱い店舗を確認するようにしてください。

 

他の有名イタリアブランドのスーツ・ジャケットだとスーツでおおよそ20万円以上、ジャケットでおおよそ15万円以上はしてしまいます。

他の有名イタリアブランドと比較するとコストパフォーマンスに優れていることがうかがえます。

 

「スーツはどこで買うのが正解?」参考になるビジネスマン御用達の人気ブランドまとめ

 

「De petrillo-デ・ペトリロ」のスーツ・ジャケットは上記でご紹介したように「仕立て」・「デザイン性」・「着心地の良さ」・「高級感」があります。

イタリアブランドのスーツ・ジャケットをチャレンジしたいという方は一度「De petrillo-デ・ペトリロ」を検討されたらどうでしょうか。

 

仕事で成功を目指す人へ。一流のビジネスマンのスーツの選び方とは?

-ファッション, ブランド

© 2021 Business Fashion MEN'S