ファッション ブランド

【ラルディーニ】はどんなブランド?スーツ・ジャケットの人気・価格・着心地・魅力とは?

日本でも知られるイタリア屈指のファクトリーブランド「LARDINI-ラルディーニ」。

ファッションに興味がある人ならご存知の人は多いのではないでしょうか。

「LARDINI-ラルディーニは知っているけど着たことはないのでどんな着心地なのか?」

「名前は知っているけど、どんなブランドなのか知りたい。」

「ラルディーニの価格帯はどれくらいなのか?」

と疑問を持っている人も多いです。

独自の調べになりますが「LARDINI-ラルディーニ」の特徴と魅力・着心地・取扱い店舗・価格をご紹介します。

 

 

目次

1.LARDINI-ラルディーニはどんなブランド?

2.LARDINI-ラルディーニの特徴・魅力は?

3.LARDINI-ラルディーニの着心地は?

4.LARDINI-ラルディーニはどこで販売されているの?

5.LARDINI-ラルディーニの展開アイテム・価格帯は?

 

1.LARDINI-ラルディーニはどんなブランド?

ラルディーニは1978年にイタリアのアドリア海沿岸のアンコーナでルイジ・アンドレア・ロレーナの三人によって誕生。

アンコーナはサン・チリアコ大聖堂が有名でギリシャ語でアンコン(肘)と呼ばれていた都市。

その場所でルイジがスタイル・アンドレアが技術面と経営・ロレーナが財務経理、三人で役割を分担し、小さな仕立て工房としてスタートしたのが始まりです。

高い技術力・誠実な仕事ぶりによって、イタリア・イギリス・フランス・アメリカの世界各国の有名ブランドの生産を担当し、そこで培われた技術力を活かし、1993年にファミリーの名前を入れた「LARDINI-ラルディーニ」をスタートさせました。

ラルディーニはプラダ・ドルチェ&ガッバーナなどの一流ブランドの製造を請け負っていたこともあり、技術力の高さには定評・信用があるヨーロッパの中でも指折りのファクトリー。

ファッション業界だけでなく世界の著名人からも注目されているブランドです。

「LARDINI-ラルディーニ」は2007年にメイドインイタリア保護協会(Consortium for the protection of the Made in Italy)に入り、完全な「イタリアンメイド」と証明されています。

現在では400人体制の手作業で生産をおこなっています。

「LARDINI-ラルディーニ」は「完全イタリアメイド」、「高い技術力を誇る」有名なファクトリーブランドです。

 

イタリアの「タリアトーレ】ってどんなブランド?スーツ・ジャケットの着心地・魅力・価格をご紹介。

 

2.LARDINI-ラルディーニの特徴・魅力は?

ラルディーニはジャケットについた「ブートニエール」・「仕立て」に特徴があります。

ラルディーニのジャケットのラペルのボタン穴(フラワーホール)には「花形の飾り」が付いています。

このブートニエールはラルディーニの名前を広めるのに活躍し、他のジャケットにはないイタリアらしい遊び心と洒落感を演出しています。

花形のブートニエールはラルディーニのアイコンとして多くの顧客に親しまれています。

 

 

もちらんこのブートニエールは取り外しが可能なため、外して着用する人もいます。

ラルディーニの特徴を紹介する上で欠かせないのが「仕立て」。

ラルディーニのジャケットの仕立ては非構築的の意で知られる「アンコン仕立て」・肩パットを入れない一枚仕立てによって生まれる「柔らかな見た目」・「着心地の軽さ」があります。

「アンコン仕立て」はカジュアルな製品の仕上がりが多かったのに対して、ラルディーニは上質な仕立てによって、ビジネス・フォーマルまで使えるジャケットにしたとも言われています。

アンコン仕立てとはアンコンストラクティッドの略。

通常ジャケットには毛芯・裏地などの副資材が使用されるが、アンコン仕立ては省いたもの。

「アンコン仕立て」は仕立て映えを左右する副資材を使っていないため、上質感ある美しい仕上がりにするには高い技術力が必要です。

技術力が低いところだと見映えかチープであり、美しくありません。

ラルディーニでは長年培われた高い技術力によって、「出来上がりが美しく」・「スタイリッシュ」で「柔らかな見た目」・「軽い着心地」の「色気ある」スーツ・ジャケットを生み出しています。

 

「スーツはどこで買うのが正解?」参考になるビジネスマン御用達の人気ブランドまとめ

 

3.LARDINI-ラルディーニの着心地は?

ラルディーニの着心地は上記でご紹介したように仕立ての良さから来る「軽さ」があります。

重さを感じない軽さ・身体にフィットする着心地は初めて着用する人は驚かれると思います。

身体にフィットする軽いスーツ・ジャケットは着用してても疲れにくいです。

このラルディーニの着心地の良さが癖になるため愛用者も多いです。

ラルディーニのスーツ・ジャケットは着心地だけでなく、「生地」・「仕立ての良さ」から生まれる「見た目の上質さ」があります。

ラルディーニでは使われる生地は様々ですが、ご存知の人も多いイタリアで有名なゼニア・ロロピアーナ といった一流の生地も使用されています。

生地・仕立ての良さが融合することによって「上質さ」・「高級感」・「色気」ある見映えを実現しています。

個人的な見解ですがラルディーニのスーツのサイズ感は細すぎず、太すぎず、日本のスーツに比べて袖先・裾幅が細くスタイリッシュな印象です。

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

 

4.LARDINI-ラルディーニはどこで販売されているの?

ラルディーニの製品は百貨店・セレクトショップで販売されています。

百貨店ではインポート商品を集約したコーナーで取り扱われいます。

しかしインポート商品を集約したコーナーはどの百貨店にあるわけでもありませんので、ラルディーニの製品を見に行かれたい人は事前に調べて行く必要があります。

百貨店以外では「ストラスブルゴ」・「ビームス 」・「ユナイテッドアローズ」・「エストネーション」・「バーニーズニューヨーク」といった大人のセレクトショップでも取り扱われています。

※シーズンによって取り扱われないこともあります。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

5.LARDINI-ラルディーニの展開アイテム・価格帯は?

ラルディーニではスーツ・ジャケット・スラックス・コート・ネクタイ・シャツと幅広いアイテムが展開されています。

スーツでは上質さのあるものから旅行・出張に最適な折りたためるバッカブルスーツ・ストレッチ素材など、機能性のあるスーツも取り扱われています。

ジャケットではウール・コットン・リネン・ニット素材を使った幅広いシーンで対応できるジャケットが取り扱われています。

ではラルディーニの価格はどれくらいするのか?

独自の調べにはなりますが、ラルディーニの価格を参考までにご紹介します。

 

ラルディーニの価格帯

・スーツ

おおよそ135.000円前後〜300.000円前後するものまであります。

・ジャケット

おおよそ50.000円前後〜200.000円前後するものまであります。

・ニットジャケット

おおよそ62.000円前後〜90.000円前後するものまであります。

・ベスト

おおよそ30.000円前後〜50.000円前後するものまであります。

・スラックス

おおよそ35.000円前後〜40.000円前後するものまであります。

・コート

おおよそ14.0000円前後〜250.000前後するものまであります。

・ネクタイ

おおよそ14.000円前後〜32.000円前後するものまであります。

・ドレスシャツ

おおよそ25.000円前後〜36.000円前後するものまであります。

・ニット

おおよそ24.000円前後〜37.000円前後するものまであります。

 

※価格はシーズンによって前後する可能性・展開アイテムも変わる可能性があるので、詳しくは取扱い店舗で確認するようにしてください。

 

【ボリオリのジャケットを着る男性はセンスが良い】ジャケパンスタイルで愛されるボリオリの特徴とは?

 

「LARDINI-ラルディーニ」の特徴と魅力・着心地・取扱い店舗・価格をご紹介しました。

ラルディーニのスーツ・ジャケットは若い人から年齢層が高い人まで幅広く愛用できるブランドです。

着用シーンでもビジネス・フォーマル・カジュアルと幅広いシーンで使うことができます。

そのため雑誌・ネットでも特集がされる人気ブランドの一つです。

ラルディーニの商品が気になる、もっと知りたいという人は一度店舗を覗かれたらどうでしょうか。

 

仕事で成功を目指す人へ。一流のビジネスマンのスーツの選び方とは?

 

-ファッション, ブランド

© 2021 Business Fashion MEN'S