ビジネス・仕事ファッション ファッション マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭 着こなし

【インナーシャツのマナー】印象を下げない・不快にさせない着用方法とは?

ワイシャツの下に着るインナーシャツのマナー

ワイシャツの下に着る「インナーシャツ」・「アンダーシャツ」のマナーをご存知ですか?

マナーを知らないと知らず知らず恥をかいていることがあります。

インナーシャツでおしゃれになることはありませんが、「印象を下げること」はあります。

マナー違反のインナーシャツを着てしまうと良いスーツ・良いシャツを着ていても台無しになってしまいます。

私自身、インナーシャツを意識せずマナー違反の着こなしを目上の人から注意されたことがあります。

間違った着こなしは相手を「不快」に自分の「見映えを悪く」します。

ビジネスで仕事内容でなく、身だしなみでのマイナスイメージは避けたいところです。

「相手を不快にさせない」・「印象がダウンしない」インナーシャツ・アンダーシャツのマナーをご紹介します。

 

 

目次

1.インナーシャツは着ないといけないのか?

2.インナーシャツの選ぶべき色は?

3.インナーシャツの首元の形・デザインはVネック?丸首?Uネック?

4.インナーシャツの袖の長さはどの長さが適正なの?

5.目立ちにくいインナーシャツの作りとは?

6.インナーシャツの機能性

7.インナーシャツを買うなら?

8.まとめ

 

1.インナーシャツは着ないといけないのか?

ヨーロッパではシャツを下着で着用されていた歴史があるため、今でも素肌に直接ワイシャツを着用される人が大勢います。

では「日本でも素肌に直接ワイシャツで良いのか?」

ということですが、ヨーロッパと日本では気候が違うためインナーシャツを着ることがマナーとされています。

日本の気候は夏は高温多湿、冬は低温低湿と世界でもかなり珍しいです。

比べてヨーロッパの主要都市は夏は低湿、冬は高湿です。

湿度の高さは快適に過ごす上で欠かせない重要な要素です。

日本の夏は湿度が高いので、ヨーロッパに比べて暑さを感じやすく汗をかきやすいです。

インナーシャツを着用しなければ、汗でシャツが透ける・体にシャツ張りついてしまうことがあります。

冬では湿度が低いので素肌にシャツだと気温以上に寒さを感じてしまいます。

見映えではインナーシャツを着ないと肌が見える・胸毛・乳首が見えて相手に不快な思いをさせることもあります。

そのため日本のビジネススタイルではインナーシャツが必須となります。

 

ワイシャツ・ドレスシャツの「サイズが合わない」「こだわりたい」人の買い方・選び方のご紹介。

 

2.インナーシャツの選ぶべき色は?

インナーシャツは「着ていることが相手にわからない」というのがマナーです。

白・ベージュ・ライトグレーのインナーシャツは肌と同化するので着ていることがわかりにくいです。

なかでもベージュが一番良いとされています。

インナーシャツで黒・柄入りのTシャツを着る人がいますがマナー違反になりますので、ビジネスの場での着用は避けてください。

インナーシャツ・アンダーシャツで選ぶべき色は「着ていることがわからない色選び」が重要です。

 

3.インナーシャツの首元の形・デザインはVネック?丸首?Uネック?

インナーシャツの首元の形・デザインはVネック・丸首・Uネック等の種類があります。

インナーシャツの着用は「Vネック」・「Uネック」がおすすめです。

何故丸首がダメなのかということですが、

丸首を着てしまうとクールビズ・ノーネクタイ時期に首からインナーシャツが見えることがあります。

インナーシャツが見えるのはマナー上良くありません。

見映えもおじさん・中年の雰囲気が出てしまいます。

首元のデザインはクールビズ・ノーネクタイ時期でもインナーシャツが見えない「Vネック」・「Uネック」がおすすめです。

 

4.インナーシャツの袖の長さはどの長さが適正なの?

 

 

インナーシャツは「長袖」・「半袖」・「七分袖」・「ノースリーブ」・「タンクトップ」と種類が豊富にあります。

インナーシャツでは「長袖」・「半袖」・「七分袖」を着ることをおすすめします。

「ノースリーブ」や「タンクトップ」だと涼しさがあります。

しかしワイシャツが「グレー」や「濃いブルー」の場合、「脇汗」・「汗ジミ」が目立ってしまいます。

脇汗だけでなくシャツの脇部分の「黄ばみ」の原因にもなります。

黄ばみは皮脂汚れの蓄積で発生します。

一度シャツに黄ばみが発生すると通常の洗濯では落としにくく、最悪シャツがダメになることがあります。

あくまでも個人的な見解ですが、体を鍛えていない人が「タンクトップ」をインナーシャツに着ている人は貧相に見えたり、おじさんの印象を受けます。

清潔感のある印象・シャツを長持ちさせるならインナーシャツでは「ノースリーブ」・「タンクトップ」を避けられるのが良いです。

 

スーツが似合わなくてお悩みの方。体型別「あなたに似合うスーツの見つけ方」をご紹介

 

5.目立ちにくいインナーシャツの作りとは?

 

 

インナーシャツでは首元・袖が通常のTシャツのように分厚い作りになっているシャツがあります。

首元・袖が分厚くなっているインナーシャツは首元・袖の縫い目が透けてしまい、インナーシャツを着てるのが目立ってしまいます。

目立ちにくいインナーシャツの作りは首元・袖が「切りっぱなし」の作りになっているシャツです。

「切りっぱなし」のインナーシャツは縫い目が透けにくいように工夫されて作られています。

インナーシャツでは「色」・首元の「形」・「デザイン」以外にも首元・袖の「作り」にも注目してください。

 

6.インナーシャツの機能性

インナーシャツといっても様々な機能性があります。

インナーシャツを選ぶ上でどんな機能があるのか知っておくと良いインナーシャツを選ぶことができます。

 

・インナーシャツ機能性

接触冷感・・暑い夏に涼しく着れる

吸水速乾・・汗をかいてもすぐ乾く

脇汗パット付き・・脇汗・脇の黄ばみ・汗ジミが気になる人に対応

消臭・・汗の臭いが気になる人に対応

メッシュ素材・・着心地がサラッとしていて通気性が良い

発熱・・寒い冬に暖かく着れる

帯電低減・・静電気を防ぐ

吸湿発熱・保温性・・汗をかいても汗冷えせず保温

起毛素材・・寒い冬に暖かく着れる

伸縮性・・ストレッチが効いているので動きやすい

有名な機能性をご紹介しました。

 

インナーシャツは着用する時期・着用する人によって求める機能性が変わります。

全ての機能性を持ったインナーシャツはないので、自分が求める機能を持ったインナーシャツを選ばられると良いです。

 

7.インナーシャツを買うなら?

インナーシャツを提供するお店・メーカーは様々です。

インナーシャツで人気のお店・メーカーを3つご紹介します。

 

①.UNIQLO-ユニクロ

ユニクロはサラッとした着心地の「AIR Rism-エアリズム」・暖かさに優れた「HEAT TECH-ヒートテック」などを展開。

 

【ユニクロ】のスーツってどうなの?価格・特徴・オーダースーツ・向いてる人・向いていない人についてご紹介

 

②.gunze-グンゼ

グンゼは日本で有名な下着メーカーです。

快適・着心地・デザインにこだわった大人のインナーシャツ、「SEEK」を展開。

上質さ・クォリティにこだわったインナーシャツを展開。

 

③.無印良品

衣料〜食品まで生活全般にわたる商品を幅広く展開。

衣料品を展開しているということを知らない人もいます。

素材にこだわった着心地の良いインナーシャツを展開。

 

8.まとめ

インナーシャツ・アンダーシャツは上記でご紹介したように「着ているのが相手にわからない」というのがマナーです。

インナーシャツ・アンダーシャツを選ぶ際は「着ているのがわからない」ということを意識するのが重要です。

機能面では人それぞれ求められる機能が違います。

自分が求める機能を探して自分に合うインナーシャツを着ると快適にビジネスライフを送ることができます。

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になれば幸いです。

 

【鎌倉シャツ】ってどうなの?特徴・価格・オーダー・評判・着心地についてご紹介。

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

-ビジネス・仕事ファッション, ファッション, マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭, 着こなし
-, , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S