クールビズ・ウォームビズ スーツ ビジネスカジュアル ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド

【ワークウェアスーツ】スーツが嫌いな人でも着れるる特徴とは?

スーツが嫌いな人でも着れるワークウェアスーツ。

仕事のスーツといえば「破れる」、「動きにくい」、「疲れる」、「価格が高い」、「扱いが面倒」といった理由でスーツが大嫌いなビジネスマンもいます。

ワークウェアスーツはスーツが嫌いなビジネスマンにうってつけのスーツ。

何故ワークウェアスーツはうってつけなのか?

スーツ嫌いのビジネスマンに向けてワークウェアスーツの特徴とおすすめの理由をご紹介します。

 

1.ワークウェアスーツの特徴

ワークウェアスーツとは「スーツに見えるが実は作業着」というコンセプトのスーツです。

ワークウェアスーツはスーツに見えますが作業着なため多くの特徴があります。

ビジネスマンに嬉しい特徴

「自宅で洗える」

「アイロンが不要」

「速乾」

「防水、撥水」

「ストレッチ」

「汚れにくい」

◇取扱いが楽チン

一般的なスーツはウォッシャブルスーツでない限り、自宅で洗うことはできませんのでクリーニングに出す必要があります。

ワークウェアスーツは自宅で洗えて、尚且つ速乾性が高く、アイロンが不要。

洗いたいと思った時に手軽に洗うことができる楽チンなスーツです。

メモ

速乾性があるので夏場の出張先でもスーツを洗うことができます。

◇着心地も楽チン

スーツといえば見た目が堅苦しく着心地は動きにくいと思う人が多いです。

ワークウェアスーツて使われている素材は伸縮性があるストレッチ素材。

ストレスフリーで楽に動くことができます。

スーツのように破れる心配も少ないので気軽に着用することができます。

ワークウェアスーツは羽織った際の着心地の軽さも魅力。

ポイント

ワークウェアスーツは見た目はスーツですが作業着のため動きやすく、耐久性が高くお手入れが楽という特徴はスーツ嫌いの人にはもってこいの特徴です。

 

2-1ワークウェアスーツをおすすめする理由①

ワークウェアスーツは上記でご紹介したように「気軽に手軽に気楽に着ることができる」のがおすすめの理由です。

スーツを着る際は破れないように汚れないように意識。

意識しているとストレスを感じ心も体も疲れてしまいます。

ストレスを感じるポイント

雨の日の着用

座る・しゃがむ

破れないようにポケットには物を入れない

リュックやショルダーバッグを使わない

自転車に乗らないようにする

スーツを長持ちさせるために日々の生活に色々と気を遣っているビジネスマンも多いです。

ワークウェアスーツはスーツに見える作業着。

スーツのように日々の生活を意識する必要がなくストレスなく着用することができます。

防水性、撥水性があるので雨の日でも気軽に着用。

ストレッチが効き耐久性もあるので座ったりしゃがんだり、自転車にも乗ることができます。

スーツは上着を脱ぐとシワにならいように気を遣って持ち運びしないといけません。

しかしワークウェアスーツはシワになりにくいので手軽に丸めてジャケットに入れることができます。

出張での持ち運び、クールビズ、仕事帰りの趣味でジムなどの着替える際の保管の際にも手軽に扱うことができます。

メモ

ワークウェアスーツはスーツのように日々の生活に気を遣わず気軽に手軽に気楽に着ることができるのがおすすめの理由です。

 

【ユニクロ】のスーツってどうなの?価格・特徴・オーダースーツ・向いてる人・向いていない人についてご紹介

 

2-2.ワークウェアスーツをおすすめする理由②

ワークウェアスーツはサイズを組み換えることができる・コーディネートが楽」なのもおすすめの理由です。

一般的なスーツはジャケット、パンツは同じサイズのセットで販売されています。

ワークウェアスーツはジャケット、パンツ別々で販売がされています。

ポイント

スーツだと仮にジャケットが「S」だとするならばパンツも「S」が付きます。

ワークウェアスーツの場合はジャケット、パンツが別々で販売されているので、ジャケットが「S」。

パンツが「M」のようにサイズの組み換えができます。

メモ

スーツだとパンツのサイズが合わないなんて人には嬉しい販売方法

 

◇同素材のセットアップスーツなのでコーディネートも安心

高まるビジネスカジュアル・オフィスカジュアル。

仕事でスーツが求められないことも多いです。

オシャレが苦手な人はジャケパンスタイルだとコーディネートに自信がない。

ワークウェアスーツはスーツほど堅苦しくなく、ジャケット、パンツが同じ素材の同じ柄なのでコーディネートが楽チン。

ビジネスカジュアル・オフィスカジュアルに向いています。

夏場は汗をかくためスーツはツーパンツで欲しいというビジネスマンも多いです。

スーツだと既製品のツーパンツスーツは少ないです。

ワークウェアスーツの単品売りはジャケットを1着、パンツを2着といったツーパンツスーツにするといった購入方法が可能な点もおすすめの理由です。

 

【仕事で自信を持つ第一歩はスーツが大事】服装が自信につながる理由をご紹介。

 

3.ワークウェアスーツは仕事で使えるのか?

疑問

ワークウェアスーツはスーツに見えるといってもキッチリとしたスーツほどの見た目ではありません。

そのため「本当に仕事でも使っても良いのか?」と心配されるビジネスマンもいるのではないでしょうか?

ワークウェアスーツはキッチリとしたスーツが求められるシーンでは不向きなものの、仕事でも使うことができます。

ワークウェアスーツが使われている職種

は建設、リフォーム、エンジニア、イベント運営、記者、ライター、介護

ワークウェアスーツといったさまざまな職種で導入されています。

近年クールビズやウォームビズでのビジネスカジュアルやオフィスカジュアルの服装が推進されています。

ビジネスカジュアル、オフィスカジュアルが許されている職場ではワークウェアスーツは仕事で使うことができます。

注意点としてワークウェアスーツはスーツに見える作業着であるのでキチンとした正装のスーツが求められる場合はスーツが嫌いであってもキチンとしたスーツを着ることをおすすめします。

正装が求められる場ではスーツ、作業が求められる場ではワークウェアスーツといったように使い分けることをおすすめします。

 

【ユニクロの感動ジャケットと感動パンツはビジネスで使える?】着用にあたっての5つの注意点をご紹介。

 

4.ワークウェアスーツのサイズ感

ワークウェアスーツの購入を考えた際、「サイズ感はどうなのか?」気になるビジネスマンも多いです。

個人的に着用したサイズ感の感想をご紹介します。

 

参考までの私自身のスーツのサイズ

私自身のスーツサイズ「Y5」です。

(Y5は170センチ、ウエストサイズ76センチ)
着丈が短めで細身のスーツを好んで着用しています。

ワークウェアスーツはスマートに見えるデザインが採用されています。

私はワークウェアスーツを購入しに行った際、身長的にMサイズが良かったですが、細身が好みなのでSサイズを着用することにしました。

Sサイズでもタイトを好む私からすれば胴回りや胸回りに若干のゆとりがあります。

私より細い人やタイトなサイズ感、シルエットを求める人には少し物足りないかもしれません。

ワークウェアスーツは極端に細身のサイズではなく、細すぎず太すぎないスマートに見えるシルエットです。

タイトさを求めない人にはワークウェアスーツは良いとされます。

※個人的な見解です。

サイズ感ではないですが着用した感想としては着るというよりも羽織る感覚に近いというほど非常に軽く、動きやすさ、使いやすさがあります。

 

5.ワークウェアスーツの価格

・ジャケット
おおよそ¥16.000円ほど〜

・パンツ
おおよそ¥12.000円ほど〜

・長袖ワークビズポロシャツ
おおよそ¥7.500円ほど〜

・半袖ビズポロシャツ
おおよそ¥6.500円ほど〜

・Tシャツ
おおよそ¥4.500円ほど〜

・出張コート
おおよそ¥19.800円ほど〜

 

メモ

価格はシーズンによって変わることがあります。

 

 

6.ワークウェアスーツはどこで売っているのか?

ワークウェアスーツは株式会社オアシススタイルウェアが展開。

公式オンラインストアでも販売されているのでネットで購入することが可能です。

店舗では一部のユナイテッドアローズやEDIFICE、ABAHOUSE、三越、伊勢丹、そごうといったセレクトショップ、百貨店などの幅広い店舗で取り扱いがされています。

注意点として上記のショップのどこでも取り扱いがされているわけではありません。

ワークウェアスーツを見に行きたい人は公式ページに取り扱い店舗が記載されているので確認するようにしてください。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

7.ワークウェアスーツの人気と評判

一昔前までのビジネススタイル、仕事の服装はスーツが一般的でした。

しかし現在のビジネススタイルや仕事の服装は変わってきています。

上記でご紹介したようにクールビズ、ウォームビズなどの環境への配慮のため服装はかっちりとしたスーツでなくビジネスカジュアル、オフィスカジュアルな服装が増えています。

ワークウェアスーツはビジネスカジュアル、オフィスカジュアルで使うことができ、機能性の高さはもちろん、使いやすさ、着やすさの時代の流れにマッチしている点から雑誌などでも紹介されているビジネスマンに人気のスーツです。

購入した人はクリーニングいらずで自宅で気軽に洗える、破れることを気にせずストレスフリーで気楽に着れる、カバンに手軽に入れることができる、価格が安いといった理由から年齢を問わず評判が良いです。

 

【年収を上げるならスーツへ投資することが大事】仕事で成功するための第一歩。

 

8.まとめ

疑問/まとめ/解決/対策/特徴

ワークウェアスーツはスーツに見える作業着のため「気軽に手軽に気楽に着る」ことができます。

自宅で洗える、ストレッチ、防水、撥水の豊富な機能性を持っています。

スーツに見える作業着のためかっちりとしたスーツではありませんが、近年ビジネスカジュアルやオフィスカジュアルな服装が推進されているので仕事でも使うことができます。

価格は上下揃えてもおおよそ4万円ほどで揃えることができ、価格の安さ、着やすい機能性の高さから人気・評判が良いです。

かっちりとしたスーツは疲れる、動きにくい、扱いが手間とスーツが嫌いな人にはワークウェアスーツはおすすめです。

使いやすい、着やすい、気軽に手軽に気楽に着れるスーツを探されているビジネスマンの人は一度試されても良いのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容は自身の感想も含まれていますが、皆様の服装選びの参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HIRO

ファッション業界で働く30代男性。 仕事・ビジネスファッション、大人の私服など、役立つブランド情報、着こなし方法をご紹介します。 Instagramでもスーツスタイル、ジャケパンスタイル、私服とコーディネートの参考になる写真をアップしています。

-クールビズ・ウォームビズ, スーツ, ビジネスカジュアル, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド
-, , , ,