ビジネスカジュアル ファッション マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭 着こなし

【ホテル・レストランでの両家顔合わせ】父親が着るべき「ジャケット」・「カジュアルな服装」とは?

 

【ホテル・レストランでの両家顔合わせ】父親が着るべきジャケット・パンツの「カジュアルな服装」とは?


息子・娘の結婚式が決まると「両家の顔合わせ」があります。

顔合わせは「場所の格式」・「雰囲気」・「両家の服装の格」を合わせなければなりません。

顔合わせの服装はスーツといった堅苦しい服装はやめて「カジュアルな服装」を選ばられる傾向が増えてきています。

両家話し合いのもと、場所は「ホテル」・「レストラン」、服装は「カジュアルな服装」と決まったが、どんな服装をしていけばいいかわからないと頭を抱える人がいます。

「カジュアルだから服装は何でも良い」

と思っている方がいますが、何でも良いわけではありません。

服装を間違えてしまうと相手に失礼にあたり、子供に恥をかかせてしまいます。

一度心象を悪くしてしまうと悪い心象を拭うのには時間がかかってしまいます。

人は見た目ではないといいますが、「人は第一印象で印象を決めてしまう」ので、親としては失敗できない場面です。

父親が「顔合わせ」で着て行くべき「ジャケット」・「カジュアルな服装」についてご紹介します。

 

 

目次

1.カジュアルな服装とは?

2-1.顔合わせに使える「ジャケット」の色は?

2-2.ジャケットの柄は入っても良いの?

3.顔合わせで履くパンツ・ズボンは?

4-1.顔合わせに履く靴は?

4-2.顔合わせに履く靴下は?

5-1.顔合わせに使えるシャツは?

 

1.カジュアルな服装とは?

上記でご紹介したように顔合わせで「カジュアルな服装」と決まったからといって服装が何でもいいといいというわけではありません。

ジーンズにTシャツなどの「ラフ過ぎる服装」だと相手に失礼にあたることがあります。

顔合わせでのカジュアルな服装は「ジャケット」を使った大人なカジュアルが望ましいです。

 

「ホテル」・「レストラン」での「両家顔合わせ」。父親が着て行くべきスーツ・コーディネートをご紹介。

 

2ー1.顔合わせに使える「ジャケット」の色は?

 

 

「ジャケット」といっても沢山種類があるので、大人なカジュアルといっても選ぶのは難しいです。

ポイントとしては相手に失礼にならないように「派手すぎない」かつ「上品」で「大人の雰囲気」を演出するジャケットを選ぶことが重要です。

「上品」で「大人の雰囲気」を演出する「使いやすい」ジャケットをご紹介します。

 

①.ネイビージャケット(紺のブレザー)

ネイビーブレザー(紺のブレザー)はパンツ・ズボン・シャツ・ネクタイのコーディネートがしやすいです。

顔合わせ後も「ビジネスカジュアル」として使用できる汎用性の高さから人気があります。

 

②.グレージャケット

グレーのジャケットはネイビージャケット(紺のブレザー)同様に合わせやすく、汎用性の高さから人気があるジャケットです。

グレーは色柄が濃くなるほどフォーマル度が高くなり色が薄いほどカジュアルな印象になります。

フォーマル度を意識するなら色が濃いジャケット、カジュアルを意識するなら色が薄いジャケットを選ばられるのが良いです。

 

ジャケットで「紺」・「グレー」はビジネスでは一着は持っておきたい色です。

お持ちでない色を選ばられるとビジネスカジュアルのコーディネートの幅も広がります。

 

【百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ】五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc

 

【大人のジャケット特集まとめ】一流・オシャレな男性が着る人気ブランドをご紹介。

 

2-2.ジャケットの柄は入っても良いの?

顔合わせで着るジャケットは「目立たない柄」や「おとなしい柄」であれば柄が入っても問題がありません。

「派手なチェック」や「派手なストライプ」は相手に威圧感を与えてしまうことやホテル・レストランの雰囲気に合わないことがあるので顔合わせでは避けた方が無難です。

 

【ビジネスカジュアルで絶対に持っておきたい】紺のジャケット。理由をご紹介。

 

3.顔合わせで履くパンツ・ズボンは?

顔合わせで履くパンツ・ズボンは「チノパン」や「スラックス」などカジュアルすぎないものが好ましいです。

ジーンズ・短パンなどは場所によってカジュアル過ぎる場合や相手に失礼にあたることもあるので避けた方が賢明です。

 

【ビジネスカジュアルではどんなスラックス・パンツが正解?】クールビズ・ウォームビズに人気のスラックスとは?

 

4-1.顔合わせに履く靴は?

顔合わせに履く靴は「革靴」が望ましいです。

革靴でもカジュアルスタイルに合う靴は沢山あります。

「ローファー」・「ウイングチップ」・「外羽根」の「ストレートチップ」、「Uチップ」、「プレーントゥ」・「モンクストラップ」など種類が沢山あります。

 

・ローファー

ビジネスのスタイルよりもカジュアルに適した紐のない靴。

 

・ウイングチップ

飾り革がW字型の切り返しが鳥の翼のような形をしています。つま先部分は穴飾り(メダリオン)が施されています。

 

・内羽根と外羽根

「内羽根」は靴紐を通すハトメが足の甲と一体になっています。

「外羽根」は靴紐を通すハトメが足の甲と一体になっていません。

内羽根はフォーマル向き、外羽根がカジュアル向きになります。

カジュアルで履くなら「外羽根」のストレートチップ・Uチップ・プレーントゥと種類が沢山あります。

 

・モンクストラップ

靴紐を使わずバックルで留める革靴。1つのバックルで留める「シングルモンク」、2つのバックルで留める「ダブルモンク」があります。

ダブルモンクはセミフォーマルからカジュアルなシーンまで使うことができます。

 

顔合わせではスニーカーは避けて「カジュアルで履ける革靴」を選ばられるのが賢明です。

 

【革靴特集】コストパフォーマンス抜群。スーツ屋がオススメする仕事で人気のブランドをご紹介。

 

4-2.顔合わせに履く靴下は?

カジュアルで履く革靴の靴下の色や長さをどうしたらいいのか悩む方がいます。

靴下の色の合わせ方は色々とありますが、自信がない方は靴かパンツに合わせるのが無難になります。

靴下の定番の3色である「紺」・「黒」・「グレー」は合わせやすいので、定番の3色で合わされるのも1つの方法です。

靴下の長さは種類が豊富にあります。

 

大人にカジュアルスタイルに合わせる靴下の長さは

・「ロングホーズ(ハイソックス)」

・「スリークォーターズ(ロングホーズの4分の3程度の長さ)」

・クルーソックス(ふくらはぎに掛かるくらいの長さ)

上記の3種類で合わされたら良いです。

 

「スニーカーソックス」や見た目が素足のように見える「カバーソックス」は通常のカジュアルスタイルには適していますが、顔合わせには不向きになるので避けるのが賢明です.

 

スーツに合わせる「靴下」・「ソックス」って何色がいいの?どう合わせるの?ルールのご紹介。

 

5-1.顔合わせに使えるシャツは?

シャツといっても種類は沢山あります。

なかでもジャケットの中に着るシャツは「ボタンダウン」が適しています。

ボタンダウンは襟先にボタンが付いており、襟先とシャツの見頃をボタンで留められるシャツです。

通常の襟型のシャツと違い、ボタンダウンはノーネクタイでも襟が崩れることがありません。

ボタンダウンの発祥はポロ競技のユニフォームの襟がボタンで留められていることからきています。

そのためボタンダウンは「スポーティー」で「カジュアル」な位置付けのシャツになります。

ジャケットの下に着用するとカジュアルな印象を演出できます。

 

ワイシャツ・ドレスシャツの「サイズが合わない」「こだわりたい」人の買い方・選び方のご紹介。

 

いかがでしたでしょうか?

ホテル・レストランでの両家の顔合わせで父親が着る「ジャケット」・「カジュアルな服装」をご紹介しました。

両家の服装がスーツでなくカジュアルだからといって「ラフ過ぎる服装」は相手や場所によって不適切な場合があります。

ご紹介した服装は「ビジネスカジュアル」や「普段着」として使える物ばかりです。

顔合わせの機会に取り揃えられても良いと思います。

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になれば幸いです。

 

「相手を不快にさせない」「印象を下げない」ワイシャツ下のインナーシャツのマナーとは?

 

-ビジネスカジュアル, ファッション, マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭, 着こなし
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S