ジャケット ビジネスカジュアル ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【ビジネスカジュアルで絶対に持っておきたい紺のジャケット】おすすめする理由をご紹介。

【ビジネスカジュアルで絶対に持っておきたい紺のジャケット。】おすすめする理由をご紹介。

年々普及が加速している「ビジネスカジュアル」・「オフィスカジュアル」。

ビジネスカジュアル・オフィスカジュアルが推奨されても仕事着でスーツしか着てこなかった人からすれば、

「どんなコーディネートをすれば良いのかわからない。」

「どんなアイテムを買えば良いのかわからない」

という人は多いです。

ビジネスカジュアル・オフィスカジュアルを始めるにあたって、

「紺・ネイビーのジャケット」は

「絶対に持っておいたら役に立つ1着」です。

何故、絶対に持っておいたら良いのか?

紺・ネイビーのジャケットを絶対に持っておくべき理由をご紹介します。

 

ビジネスカジュアルで絶対に持っておきたい「紺のジャケット」

目次

1.ビジネスカジュアルとは?

2.紺のジャケットを絶対に持っておきたい理由

3.紺・ネイビージャケットの人気素材

4.紺・ネイビージャケットの価格帯は?

 

1.ビジネスカジュアルとは?

クールビズやウォームビズの広がりと同時に普及している「ビジネスカジュアル」。

ビジネスカジュアルは「カジュアル」と名が付いていますが、普段着のようなカジュアルな服装ではありません。

お客様に不快感を与えない清潔感が求められるスーツに準ずる服装です。

ビジネスカジュアルのコーディネートではジャケット・シャツ・スラックスの合わせが一般的です。

このジャケットで絶対に持っておきたいのが「紺・ネイビーのジャケット」になります。

 

【オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いとは?】NGの着こなしと人気のあるアイテムをご紹介。

 

2.紺のジャケットを絶対に持っておきたい理由

ビジネスカジュアルの一般的な服装であるジャケット・シャツ・スラックスの、

「ジャケパンスタイル」は慣れていない人からすればコーディネートが難しいです。

柄物のジャケットや色味のあるジャケットはおしゃれですが、

慣れていない人だとコーディネートの失敗やカジュアル過ぎる、周囲から浮いてしまう可能性があります。

紺・ネイビーはビジネスの基本色であり、合わせやすいのでコーディネートの失敗や周囲から浮いてしまうことは少ないです。

他にも「紺・ネイビーのジャケット」には良さがあります。

 

・堅実で真面目な印象になり、清潔感を演出しやすい。

・シャツ、スラックスが合わせやすい(コーディネートしやすい)ので、クールビズ時期に来客があっても、会社に置いておくだけで気軽に羽織れる。

・紺・ネイビーはスーツで着たことがある人が圧倒的に多いので抵抗・違和感なく安心して使える。

・年齢に関係なく使える

 

紺・ネイビーのジャケットは1着持っておくだけで様々なメリットが得られます。

ビジネスカジュアルでは絶対に持っておきたい1着です。

特にビジネスカジュアルやジャケパンスタイルをしたことがない人は「紺・ネイビージャケット」から始められても良いと思います。

 

【ビジネスマンが必ず持っておきたい1着】は紺無地スーツ。理由をご紹介。

 

3.紺・ネイビージャケットの人気素材

紺・ネイビージャケットといっても使われている素材は様々です。

素材によって「見た目」や「印象」が変わります。

人気のある素材をご紹介します。

 

◇人気素材

・ウール100%

ウール100%を使った紺・ネイビーのジャケットは手触りが柔らかく、見た目に光沢があるので「高級感」を演出しやすいです。

低価格のジャケットでよく使われるウールとポリエステルの混紡素材はウール100%に比べて手触り・見た目が劣ってしまい「安っぽく」なる傾向があります。

 

【ウール100%】のスーツ・コート・セーターは良いのか?ウール素材の特徴をご紹介。

 

◇ジャージ素材

仕立ての良いジャージ素材は伸縮性がありながら上質感がある、機能性と高級感を兼ね備えた素材です。

仕立ての悪いジャージ素材は着心地が良くとも見た目が悪く、清潔感に欠ける印象になってしまいます。

 

圧倒的に楽な着心地。【ジャージ生地・スウェット生地】のスーツ・ジャケット・パンツは仕事で使えるのか?

 

◇綿素材

綿素材はデニムなどにも使用される素材なので、綿素材を使った紺・ネイビージャケットはさっぱりとした軽い着心地と耐久性に優れています。

ウール素材に比べてカジュアルな印象が強くなる傾向です。

 

スーツ・ジャケットを魅力的に見せる【ラペルピン・ブートニエール】仕事でも使えるのか?向いているシーンは?

 

4.紺・ネイビージャケットの価格帯は?

紺・ネイビーのジャケットは量販店・セレクトショップ・百貨店・ブランドショップの様々な場所・店舗で幅広い価格帯で販売されています。

低価格の紺・ネイビージャケットでしたらおおよそ5.000円ほどから販売されています。

しかし「低価格」の「低品質」の紺・ネイビージャケットはおすすめしません。

紺・ネイビーなどのベーシックなカラーほど「生地の差」・「仕立ての差」が出やすいです。

高ければ良いというわけではありませんが、

「低価格」の「低品質」のジャケットは見映えに高級感がなく、着心地も良くありません。

良い仕立てのジャケットを選べば「見映え・着心地が良く」・「型崩れ」を起こしにくいので長く使うことができます。

「紺・ネイビーのジャケット」は一着持っておくと重宝するので「良い生地」・「良い仕立て」のジャケットを選ばれたら良いと思います。

 

紺ジャケット・ネイビージャケットを楽天市場で探すならこちら

 

ではどのくらいの価格なら良いのか?

あくまでも個人的な見解ですが、

良いジャケットを選ぶには最低でも

「¥50.000円以上」は考えられた方が良いです。

「高品質なジャケット」を生み出すには生地・仕立て・デザインにこだわらなければなりません。

ブランドのジャケットであればブランドの価格も入ってきます。

そのためデザイン・品質・着心地を追求したクォリティーの高いジャケットは紺・ネイビージャケットに限らず、「¥50.000以上」はしてしまいます。

しかし高品質なジャケットは着方、日々の手入れをキチンとおこなえば何年も使えます。

「低価格」の「低品質」のジャケットを何回も買いなおすなら一着、「高品質なジャケット」を選ばれたら良いと思います。

 

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

ビジネスカジュアルで絶対に持っておきたい「紺・ネイビーのジャケット」についてご紹介しました。

紺・ネイビーのジャケットを一着持っておくだけでコーディネートの幅が断然広がります。

ビジネスカジュアルでジャケットを検討されている人は「紺・ネイビーのジャケット」を検討されたら良いと思います。

今回ご紹介した内容が皆様の参考になれば幸いです。

 

【冬のインナーはタートルネックで決まり。】コーディネートが簡単におしゃれに決まる理由とは?

-ジャケット, ビジネスカジュアル, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S