お直し・修理・保管・洗濯 スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション

【厄介なスーツのシワ】クリーニングに出さず自宅で取る3つの簡単な方法をご紹介。

自宅でスーツのシワを簡単にとる方法

スーツを着ていると必ず入ってしまううっとしいシワ。

電車や外でシワだらけのスーツを着ているビジネスマンを見かけたことがありませんか?

シワだらけのスーツを着ている人がとても仕事が出来る人には見えません。

同様に女性でもスーツやスカートがシワだらけの方がいます。

スーツやスカートがシワだらけだと清潔感がなく、だらしなく思いませんか?

ビジネスマンだけでなく就活生でもシワだらけのスーツを着ている方がいます。

服装の乱れは生活習慣の乱れを表れてしまいます。

スーツにシワが入ってしまうと「清潔感がなく」、「くたびれた」、「だらしない」印象になってしまいます。

シワを放置しているとスーツの寿命も短くなってしまいます。

仕事や面接では第一印象は非常に重要です。

人の第一印象は出会って数秒で決まってしまいます。

スーツのシワを放置しても良いことはありません。

相手に良い印象を残し、スーツを長持ちさせるならシワのケアは重要です。

スーツのシワを簡単に自宅で取る3つの方法をご紹介します。

 

目次

1.スーツのシワは何故入るのか?

1-2.シワになりやすい素材、シワになりにくい素材

2.スーツのシワを自宅で簡単にとる3つの方法

2-1.スチームアイロンを当てる

2-2.スチームアイロンを使用する際の注意点

2-3.霧吹きで水をかける

2-4.霧吹きで水をかける注意点

2-5.お風呂に入った後の湿度の高いところにかけておく

3.スーツでシワが入ると目立つ部分

 

1.スーツのシワは何故入るのか?

スーツは着ていたら必ずといってシワは出来てしまいます。

シワは生地が変形し、変形した状態で固まることでシワになってしまいます。

生地の変形が大きく影響を及ぼします。

 

1-2.シワになりやすい素材、シワになりにくい素材

シワは繊維の素材によってシワになりやすいものとシワになりにくいものに分かれるのはご存知でしょうか?

 

◇シワになりにくい素材

ウールなどの羊毛の動物性繊維。

ポリエステルやナイロンなどの合成繊維。

これらは生地が変形しても回復力が優れているのでシワになりにくい素材です。

 

【ウール100%】のスーツ・コート・セーターは良いのか?ウール素材の特徴をご紹介。

 

◇シワになりやすい素材

コットン(綿)やリネン(麻)などの植物を由来とした繊維。

これらは変形からの回復力が優れていないためシワになりやすい素材です。

 

【綿・コットン生地とは?】ファッション・生活に役立つ特徴・メリット・デメリットをご紹介。

 

【リネン・麻生地・素材とは?】ジャケット、シャツは仕事で使えるのか?ファッション・生活に役立つ特徴・メリット・デメリットをご紹介。

 

2.スーツのシワを自宅で簡単にとる3つの方法

スーツのシワをクリーニング出さず簡単に方法は3つあります。

 

◇3つの方法

・スチームアイロンを当てる

・霧吹きで水をかける

・お風呂に入った後の湿度の高いところにかけておく

上記の3つです。

 

スーツ-丈夫で破れにくいスーツをお探しの方必見。プロが選ぶのはイギリス製生地?イタリア生地?

 

2-1.スチームアイロンを当てる

スーツの素材にはウールが使われていることがほとんどです。

ウール100%の素材は生地の変形からの回復力も高いので、3日ほどハンガーにかけておけばある程度シワは回復しますが、シワが取れない場合があります。

アイロンにはドライとスチームがありますが、ウール素材には毛並みや風合いを崩さないスチームアイロンが適しています。

スチームアイロンは高温の蒸気を利用してスーツについたシワを伸ばすことができます。

 

◇スチームアイロンのかけ方

スチームアイロンをスーツ全体にかけるのではなく部分的なシワを伸ばしたい場合はアイロンを生地に当てずに蒸気を当てたり、内蔵の霧吹きを当てると軽いシワがとれます。

きついシワをとる場合は表示を確認の上、当て布をしてアイロンをかけるととれます。しかし同じ場所を連続して何度も当てるとテカリや生地にダメージを与えるので注意が必要です。

 

◇スチームアイロンのメリット

防虫や防臭の効果がある

ハンガーにかけたままスチームアイロンを使うことができるのでアイロン台を出さずに済む

霧吹きも内蔵されている

アイロンの立ち上がりが早い

 

◇スチームアイロンのデメリット

きついシワの場合、ハンガーにかけたままだとシワを伸ばしきれないことがある

慣れるまでが使いづらい傾向がある

縫い目に当てると縫い目が波打ちやボコボコになる可能性がある

種類によってスチームの威力が弱い

 

2-2.スチームアイロンを使用する際の注意点

スチームアイロンをスーツに当てる際は注意が必要です。

スチームアイロンをあてる際に気を付けたい注意点をご紹介します。

 

・当て布を当てる

スーツは当て布を当ててスチームアイロンを当てるようにしてください。当て布をしなければ生地にテカリが出る場合やスーツについた細かな汚れによって焦げたり、生地を傷めることがあります。

 

・耐熱温度の確認

スチームアイロンを使用する際はスチームを当てる生地がどの温度が適しているか確認が必要です。温度が生地に適していない状態で当ててしまうと生地を傷める可能性があります。

 

・アイロン内の水は使いきるか捨てる

スチームアイロンには水が必要です。稀にズボラな方だと水を入れっぱなしにしていることがあります。水を入れたままにすると水垢がたまり、アイロンの故障やスーツに汚れが付着する可能性があるので、使い終わった水は空にするか、捨てるかしてください。

 

・表示の確認

スーツの素材はウールがほとんどとご紹介しましたが、スーツの素材でシルクなどのデリケート素材やコットン(綿)、リネン(麻)などが使われているケースがあります。

素材によってアイロンの当て方が変わるので表示を必ず確認するようにしてください。

 

【スーツメンテナンス】スーツの気になるシワ・嫌なニオイを自宅で簡単にケアする方法をご紹介。

 

2-3.霧吹きで水をかける

シワを伸ばす方法として霧吹きで水をかける方法があります。

スーツをハンガーにかけてシワが気になる箇所に霧吹きを使い、陰干ししておくとシワが回復します。

霧吹きに入れる水は冷水よりもぬるま湯にする方が乾きやすいです。

霧吹きはアイロンを使う必要がなく簡単で、生地にダメージを与えないおすすめの方法です。

 

◇霧吹きのかけ方

霧吹きはスーツのシワが気になる部分に表面がしっとりするくらいかけ、陰干しをするだけで軽いシワをとることができます。

 

2-4.霧吹きで水をかける注意点

霧吹きをスーツに当てる際は注意が必要です。

霧吹きをあてる際に気を付けたい注意点をご紹介します。

 

・スーツの素材確認

スーツの素材はウール素材以外にシルクなどのデリケートな素材が使われていることがあります。シルク素材は水に弱くシミになる可能性があるので霧吹きを使う際は注意が必要です。

 

・クリースライン(折り目)は避ける

スラックスに霧吹きをかけるとシワはとれますが、一緒にクリースライン(スラックスの折り目部分)がとれたり、薄くなったりする可能性があるので、注意が必要です。

 

・霧吹きの中の水は使用後は捨てる

霧吹きを使用した後は中身の水は捨てるようにしてください。スチームアイロンと同様に水を入れっぱなしにしていると水垢が発生し、スーツに汚れが付着する場合があります。

霧吹きは100円ショップで販売されているのでスチームアイロンを購入するよりもお手軽です。

 

スーツのパンツの折り目(クリースライン)を長持ちさせる4つの方法

 

2-5.お風呂に入った後の湿度の高いところにかけておく

スチームアイロンや霧吹きも面倒、出張先でシワを伸ばしたいという方には使用後の浴室にかけておくのがおすすめです。

使用後の浴室は湿度が高く蒸気が充満してるので30分から1時間ほどスーツに蒸気を吸わせて、部屋で陰干しするだけで軽いシワがとれます。

スチームアイロンや霧吹きと違い全体に蒸気を含ませることができるので、スーツに付いた臭いも飛ばすことができます。

スラックスはハンガーにかける際に裾の方をハンガーで挟んで干しておくと、ウエスト部分の重みでシワがとれやすくなります。

 

スーツのシワを自宅でとる簡単な3つの方法をご紹介しました。

 

スーツのパンツが破れた・ほつれてしまった時の修理・再利用の仕方

 

3.スーツでシワが入ると目立つ部分

スーツを着ていると必ずシワは入ってしまいます。

シワが入ってしまうと自分は気にしていなくても客観的に見てシワが目立つ部分があります。

スーツのシワのケアをするなら必ずケアしておきたい部分をご紹介します。

 

◇必ずシワを伸ばしておきたい部分

・ジャケットの背中部分

・ジャケットのヒジ部分

・スラックス、パンツ、スカートの膝裏部分

・スラックス、パンツの股部分

 

・ジャケットの背中部分

ジャケットの背中部分は椅子に座ったりしているとシワが入りやすい部分です。自分では見えない部分なので気にしていない方がいますが、背中部分は客観的に見て後ろ姿が清潔感がなく、だらしない印象に見えてしまいます。

 

・ジャケットのヒジ部分

ジャケットのヒジ部分は腕を曲げたり伸ばしたりする可動部分のため、スーツを着ると必ずといっていいほどシワが入ります。腕を伸ばした際にシワだらけだと清潔がなく、だらしない印象に見えてしまいます。

 

・スラックス、パンツ、スカートの膝裏部分

スラックス、パンツ、スカートの膝裏部分もヒジ部分と同様に可動部分のため、スーツを着ると必ずといっていいほどシワが入ってしまいます。膝裏部分もシワが入っていると後ろ姿が清潔感がなく、だらしない印象に見えてしまいます。

 

・スラックス、股の部分

スラックス、股の部分も可動部分のためシワが入ってしまいます。股の部分は他人から見られることは少ないですが、摩擦が多い部分です。
シワが入ったまま放置しておくと破れや生地が薄くなりやすいので、スーツを長持ちさせるならシワのケアは重要です。

 

スーツの股の破れ、お尻が裂ける原因・予防・対策して長持ちさせる

 

いかがでしたでしょうか。

スーツの厄介なシワをクリーニングに出さずに自宅でとる3つの方法、何故シワが入るのか?、シワが目立つ部分をご紹介しました。

クリーニングに出すのも一つの方法ですが、クリーニングに頻繁に出すと手間とコストがかかり、スーツの寿命も短くなってしまいます。

ご紹介した3つの方法は時間もかからずお手軽なのでおすすめです。

スーツのシワを放置してしまうと印象も悪くなり、良いスーツを着ていても良いスーツに見えません。

手間かもしれませんが印象を悪くせず、スーツを長持ちさせるなら日々のケアが重要です。

今回ご紹介した内容が参考になれば幸いです。

 

スーツ量販店。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

クリーニング後、スーツがヨレヨレのボコボコ。型くずれが起こる理由

-お直し・修理・保管・洗濯, スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S