スーツ スーツ色 ファッション マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭 着こなし

【スーツ】新入社員・新卒が選ぶべき色・素材とは?何着持っておくべきか?

【新入社員・新卒が選ぶべきスーツ】色・素材とは?何着持っておくべきか?

新入社員・新卒の人は初めての社会人生活に向けて、「スーツ」の購入を検討されている人は多いのではないでしょうか。

しかし大半の人はリクルート、入学式、卒業式、成人式でしかスーツを着たことがない人が多数です。

そのため仕事に使うスーツを購入しようとスーツ売場に行っても

「どんな色のスーツを選べば良いのか?」

「何着持っておくべきなのか?」

「スーツの素材は?」

とわからないことだらけです。

また

「就活で使っていた黒のスーツを着て行ってはダメなのか?」

と疑問を持っている人もいます。

ビジネスシーンでは見た目の印象は非常に重要です。

服装の装い一つで第一印象が変わりますので、入社する前のスーツ選びは決して馬鹿にはできません。

これから始まる社会人生活において、どんなスーツの色が良いのか?何着持っておけば良いのか?素材についてなどスーツ選びに役立つ情報をご紹介します。

 

目次

1-1.新入社員・新卒が選ぶべきスーツの色

1-2.紺・ネイビーのスーツをおすすめする理由

1-3.グレーのスーツをおすすめする理由

2-1.スーツは何着必要なのか?

2-2.スーツは紺・グレー・あと一着は?

3.スーツの素材は?

4.リクルート・就活用の黒のスーツは使えないのか?

5.スーツはどこで買うべきか?

 

1-1.新入社員・新卒が選ぶべきスーツの色

新社会人でまずは持っておきたいスーツの色柄は「紺」・「グレー」の無地です。

「紺」・「グレー」はビジネスの基本色と言われており、仕事を始める際には絶対に持っておきたい色です。

オシャレな色柄のスーツを求める人がいますが、「紺」・「グレー」を購入したのち、会社の雰囲気を知った上で選ばられることをおすすめします。

 

【ビジネスマンが必ず持っておきたい1着】は紺無地スーツ。理由をご紹介。

 

1-2.紺・ネイビーのスーツをおすすめする理由

紺・ネイビーのカラーはあらゆるシーン・職種に対応できる万能カラーです。

相手からの印象を「清潔感」・「真面目」・「爽やかさ」がある印象に演出してくれます。

紺・ネイビーの無地といっても濃い色から薄い色まであります。

濃い紺・ネイビーは「堅実感」を演出し、色が薄くなるほど「若々しさ」を演出します。

「若々しさ」や「スタイリッシュさ」がある薄い紺・ネイビーも良いですが、

新入社員・新卒の人は職場や取引先の雰囲気がわからないと思いますので、「濃い目の紺・ネイビー」を選ばられることをおすすめします。

 

【革靴】新卒・新入社員が持っておきたい【黒のストレートチップ】持っておきたい理由をご紹介。

 

1-3.グレーのスーツをおすすめする理由

グレーは色の濃さによって使えるシーン・職種が変わりますが、幅広いシーンで使えるのが、「チャコールグレー」です。

チャコールグレーとは「黒に近い暗いトーンのグレー」です。

元々グレーは相手からの印象を「知的」で「上品」な雰囲気を演出してくれます。

なかでもチャコールグレーは「誠実さ」・「堅実さ」を加えてくれます。

色が薄くなるほど「派手さ」や「華やかさ」が出てしまいます。

パーティーシーンだと良いですが、職場・取引先の雰囲気がわからない新入社員・新卒の人は避けられた方が賢明です。

まずは幅広いシーンで使える「チャコールグレー」を選ばられることをおすすめします。

 

【ネクタイ】新入社員・新卒の男性が選びたい色柄・合わせ方。役立つ情報をご紹介。

 

2-1.スーツは何着必要なのか?

仕事を始めるにあたってスーツを何着買えば良いのか?と疑問を持つ人も多いです。

毎日スーツを着て仕事をする人の場合、

「最低でも春夏用3着、秋冬用3着は必要です」。

スーツは一度着ると生地に汗や目に見えない汚れやホコリがつきダメージを受けています。

汗が乾いてない、汚れが落ちていない状態で着てしまうとダメージが蓄積して傷む、破れる原因になってしまいます。

そのためスーツは一度着たら最低でも2日、3日休ませる必要があります。

人によっては同じスーツ1着で回す人もいますが、破れやすい傾向があります。

筆者自身も働き始め、一着を連日着ていてすぐスーツをダメにしていた経験があります。

その後スーツの数を増やし休ませることを心がけるとスーツが長持ちするようになりました。

また連日同じスーツを着ていると清潔感に欠けてしまいます。

痛い出費かもしれませんが、長持ちさせるためにスーツは必ず春夏用、秋冬用で「3着以上」揃えるように心がけてください。

 

【加齢臭はどこから臭う?どんな臭い?】職場で臭いと思われないための対策・改善点をご紹介。

 

2-2.スーツは紺・グレー・あと一着は?

新入社員・新卒の人はスーツは最低でもシーズンごとに3着以上とご紹介しました。

3着のうちスーツの色は紺が一着、チャコールグレーが一着とおすすめしました。

では残りの一着はどんな色柄が良いのか?

残りの一着は「紺のシャドーストライプ」、「チャコールグレーのストライプ」、「ミディアムグレーの無地」をおすすめします。

紺・チャコールグレーの無地をもう一着足される人もいますが、印象を変えるためにもシャドーストライプをおすすめします。

シャドーストライプは一見、無地のように見えますが光の当たり方によってストライプが出てくる柄です。

無地に近いため幅広いネクタイやワイシャツに合わしやすい柄でもあり、体型もスマートに見せてくれます。

なかでも紺・ネイビーのシャドーストライプは「清潔感」・「スタイリッシュさ」があるためおすすめです。

「ミディアムグレーの無地」はコーディネートがしやすいのでネクタイ・シャツに悩む必要がなく、日本人に合いやすい色なのでおすすめです。

 

【グレーのスーツは仕事で使える?】印象・おすすめ生地・コーディネート方法をご紹介。

 

【オフィスカジュアルとビジネスカジュアルの違いとは?】NGの着こなしと人気のあるアイテムをご紹介。

 

3.スーツの素材は?

スーツの素材はウール100%、ウールとポリエステルを混紡した素材があります。

ビジネスファッションでは「清潔感」・「信頼感」を演出する必要があります。

どちらもメリット・デメリットがありますが、「ウール100%」をおすすめします。

 

◇ウール100%のメリット

天然素材のため肌に優しい

手触りが柔らかく見た目に艶がある

熱伝導率が低いので夏は涼しく、冬は暖かい

シワになりにくく、シワの回復力がある

汚れがつきにくく、抗菌・防臭効果がある

静電気がおきにくい

 

【ウール100%】のスーツ・コート・セーターは良いのか?ウール素材の特徴をご紹介。

 

◇ウール素材のデメリット

毛玉ができやすい

虫食いが起きやすい

摩擦に弱い

洗濯が難しく、洗濯でダメージを受けやすい

ウールとポリエステル混紡素材に比べて値段が高い

ウール100%素材のスーツはデメリットを上回るメリットがあります。

 

4.リクルート・就活用の黒のスーツは使えないのか?

リクルート用・就活用のスーツの多くは「紺」・「グレー」・「黒」とありますが、現在では黒のスーツが圧倒的に多いです。

就活・リクルートの流れで黒のスーツは仕事で使えないのか?と疑問に思う人がいます。

昨今、黒のスーツは日本のビジネスシーンで使うことが定着しているため使えないこともありません。

しかし本来、黒のスーツは冠婚葬祭のスーツのため、欧米では黒いスーツをビジネスシーンで着ることがないと言われています。

そのため本来のルールに乗っ取るならNGですが日本では許されているということを理解しておかなければなりません。

リクルート用・就活用のスーツはビジネスシーンで使えないこともありませんが、海外の人と仕事をする、海外出張がある人は避けられた方が賢明です。

 

スーツのスラックス・パンツの【ウエスト・太ももがきつくなってきた】時に役立つ修理・直し方法。

 

5.スーツはどこで買うべきか?

スーツを購入できる店は量販店・百貨店・専門店と多数あります。

スーツ量販店は価格が安いスーツが多く、百貨店のブランドのスーツはデザイン、品質が良いスーツが多く、それぞれにメリットがあります。

全てデザインが良く、高品質なスーツで揃えられるのが一番良いですが出費も大きいです。

そのため春夏用、秋冬用、それぞれに高品質なスーツを1着ずつ、価格が安いスーツを2着ずつ揃えらることをおすすめします。

高品質なスーツを1着持っておく理由として、

服装で見映えが変わるのと一緒で良いスーツを着ると気持ちも引き締まります。

大事なシーンやモチベーションを高めるのに自分自身の一張羅を持っておくことは良い仕事するために必要です。

全て高品質、ブランドのスーツを持つことは難しいかもしれませんが、気合の入る1着は持っておくことをおすすめします。

 

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

新入社員・新卒の人が選ぶべきスーツの役立つ情報をご紹介しました。

スーツの選び方を間違えてしまうと入社早々印象が悪くなってしまいます。

印象を落とすのは簡単ですが、回復させるには大変な労力が必要です。

印象を悪くしないためにも今回ご紹介した内容を皆様のスーツ選びの参考にしてください。

 



-スーツ, スーツ色, ファッション, マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭, 着こなし
-, , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S