お直し・修理・保管・洗濯 スーツ スーツ修理 ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【スーツのパンツのウエストは修理・お直しはできるのか?】料金・時間・注意点をご紹介。

スーツのパンツのウエストは修理・お直しはできるのか?

買った時はちょうど良かったスーツの「ウエストサイズ」。

久しぶりにスーツのスラックスを履こうとしたら「大きい」・「小さい」。

いつの間にか「きつい」・「ゆるい」。

体型の変化によってスーツのパンツのウエストサイズが合わなくなることがあります。

お気に入りのスーツ・まだ買ってから時間が経っていないなどの理由からスラックスのウエストサイズの「修理」や「お直し」を希望する人は多いです。

「スーツのパンツのウエストサイズは修理できるのか?」

「おおよそ時間はどれくらいかかるのか?」

「料金はいくらぐらいするのか?」

スーツのパンツのウエストの修理についてご紹介します。

 

 

目次

1.スーツのパンツのウエストサイズは修理・お直しは可能?

2.スーツのパンツのウエストサイズの大きさはどのくらいまで修理・お直しができる?

3.スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しの時間は?

4.スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しの料金の目安

5.スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しの注意点

 

1.スーツのパンツのウエストサイズは修理・お直しは可能?

スーツのパンツのウエストサイズは「大きく」も「小さく」も修理・お直しすることは可能です。

特に大きく修理・お直しする人が多い傾向です。

ウエストの修理をしたことがない人は「修理をして大丈夫なのか?」、「自分以外にも修理する人なんかいるのか?」と不安を感じる人がいます。

スーツの修理・お直し箇所ではウエストサイズの修理はスソ直しの次に多いほどの修理箇所です。

多くの人がウエストサイズを修理・お直しをして着用しているため心配はいりません。

 

スーツのパンツが破れた・ほつれてしまった時の修理・再利用の仕方

 

2.スーツのパンツのウエストサイズの大きさはどのくらいまで修理・お直しができる?

スーツのパンツのウエストサイズを修理・お直しできる大きさは「おおよそ前後4センチ」ほどです。

修理・お直し方法によっては4センチよりも大きくも小さくもできますが、修理代・お直し代が高くなってしまうことや、スーツの見映えに影響してしまうことがあります。

スーツのスラックスを修理・お直しする場合は「前後4センチ」ほどで考えられることをおすすめします。

スラックスはウエストサイズを大きくできるように「縫い代」というものが設けられています。

縫い代ダシをおこなうことでウエストを大きくすることができます。

 

スーツの股の破れ、お尻が裂ける原因・予防・対策して長持ちさせる

 

3.スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直し時間は?

スーツのウエストサイズの修理・お直しはすぐに出来ると思っている人も多いです。

多くの修理屋さんではウエストサイズの修理・お直しにかかる時間は「おおよそ一週間〜10日」ほどです。

時期や注文状況によって変わりますが、頼めば早く対応してくれるところもありますし、もっと時間がかかる場合もあります。

2日・3日後に着よう、近日中に着ようと思っていたスーツが「入らない」・「きつい」ので急いで修理・お直しをして欲しいという人がいますが、対応が難しいところが多いです。

「おおよそ一週間〜10日」を目安として着用予定がある人は早めに試着をして対応することをおすすめします。

 

4.スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しの料金の目安

スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しの料金の目安は「おおよそ2000円ほど〜」かかります。

※ウエストダシ・ツメの大きさやパンツの後ろに「V字スリット」が入っているなど修理内容によって料金が変わります。

「おおよそ2000円ほど〜」と聞くと料金が高く感じる人もいると思います。

スーツの修理・お直しを対応してくれる場所は「スーツを購入したお店」・「洋服のリフォームショップ」。

ウエストサイズの修理・お直しの料金の傾向として「スーツを購入したお店」に比べて「洋服のリフォームショップ」の方が価格が高い傾向です。

数十円・数百円でも安く抑えるなら「スーツを購入したお店」で修理・お直しを依頼されるのも一つの方法です。

※基本的に「スーツの購入したお店」は自社の販売している製品しか修理・お直しを受けてくれません。

 

5.スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しの注意点

スーツのパンツのウエストサイズを「大きく」・「小さく」修理・お直しする場合には注意点があります。

 

・大きくする場合の注意点

パンツを大きくする場合、お尻の縫い目線で大きくしていきます。

ウエスト部分が横に広がるので従来のベルトループの位置が若干横に動いてしまいます。

ベルトループの位置にこだわる人も少ないので問題はないと思いますが、ベルトループの位置が動くということは認識しておく必要があります。

ウエストサイズを「イッパイダシ」・「4センチダシ」と多めに大きくする場合、お尻の縫い目の強度が弱くなり裂ける場合があります。

「3.5センチ以上大きくする」場合は耐久性を上げる「補強テープ」を貼ることをおすすめします。

補強テープは「おおよそ1000円〜」付けることができます。

ウエストを大きくした場合、素材によっては元々の縫い目の跡が残ることがあります。

綿・シルクなどの跡が残りやすい素材を修理・お直しする場合は修理跡が残ると思っていた方が良いです。

 

・小さくする場合の注意点

ウエストサイズを小さくする場合もお尻の縫い目線で小さくしていきます。

大きくする場合ではベルトループは横に広がりますが、小さくする場合はベルトループの距離が短くなります。

パンツの後ろポケットの距離も狭くなります。

過度にウエストを細くツメてしまうとベルトループ・後ろポケットの距離が短く、クリースライン(パンツの真ん中に入っている折り目線)が外に向いてしまい不格好になってしまいます。

ウエストを極端に細くツメる場合は料金は上がりますが、お尻の縫い目線、両脇からツメる「三方ツメ」にされる方がシルエットは保ちやすいです。

三方ツメはポケットの形状にもよりますが「おおよそ5.000円〜」。

三方ツメで過度に細くする場合、太ももや膝、裾、スーツのジャケットも修理・お直しをしないといけないケースが多いです。

そこまでの修理・お直しになると修理・お直し料金は非常に高くなるので新しいスーツを購入した方が早いかもしれません。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

【人気オーダースーツ専門店】をご紹介。麻布テーラー・グローバルスタイルetc

 

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

 

スーツのパンツのウエストサイズの修理・お直しについてご紹介しました。

スーツのウエストの「ダシ」・「ツメ」はスーツでの修理・お直し方法では一般的な方法です。

ウエストサイズが「きつい」・「ゆるい」で悩んでいる人は一度試されてみてはどうでしょうか。

 

【スーツのパンツの裾幅・膝幅・ふくらはぎは細くスリムにお直し・修理できるの?】料金・注意点をご紹介。

-お直し・修理・保管・洗濯, スーツ, スーツ修理, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S