お直し・修理・保管・洗濯 サイズ スーツ デニム・パンツ・スラックス ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【スーツ-お尻の食い込み】パンツの嫌な履き心地となる食い込みの原因・修理・解消方法をご紹介。

 

スーツのパンツの食い込みの原因・修理方法

多くの人を悩ませるスーツのパンツの食い込み問題。

お尻に食い込む嫌な履き心地、不快感のある履き心地があると仕事をしていても気になり気持ち悪いです。
「スーツのパンツがお尻に食い込む原因はいったい何なのか?」

「解消するための修理方法はあるのか?」

「お尻の食い込みを放置するとどうなるのか?」

「周囲から見て見た目はどうなのか?」

スーツのパンツがお尻に食い込む原因・修理・解消方法にくわえて周囲から見た印象についてご紹介します。

 

目次

1.スーツのパンツがお尻に食い込む原因

2.パンツのお尻の食い込みを見た周囲からの印象

3.お尻の食い込みを放置するとどうなるのか?

4.スーツのパンツのお尻の食い込みを修理する方法

5.スーツのパンツの修理はどこでできるのか?

6.スーツのパンツのお尻の食い込みを解消する購入方法

7.まとめ

 

1.スーツのパンツがお尻に食い込む原因

不快で気持ち悪い履き心地を演出してくれるパンツの食い込み。

スーツのパンツがお尻に食い込んでしまう原因はスーツのパンツの「サイズが合っていない」ことが一番の理由です。

具体的には「股上」、「お尻周り」、「太もも」部分のサイズが体型に合わずサイズが小さいことが大きな要因となってお尻の食い込みが発生してしまいます。

体型が人それぞれ違うようにお尻の食い込み方も人それぞれ違うため原因はさまざまです。

股上、お尻周り、太ももの3箇所全てのサイズが小さいためお尻に食い込むことや「太もも」のみの1箇所、「太もも」、「お尻周り」の2箇所と人によって食い込み原因は異なります。

お尻の食い込みが発生する原因はサイズであり、お尻に食い込みやすいのは「タイト・細身のスーツ」です。

タイト・細身のスーツは股上が浅く、太もも、お尻周りが細く作られているので下半身がしっかりとしている人や鍛えている人が着るとお尻が食い込みやすいです。

 

スーツの股の破れ、お尻が裂ける原因・予防・対策して長持ちさせる

 

2.パンツのお尻の食い込みを見た周囲からの印象

スーツのパンツがお尻に食い込んでいる人はどう見えてるのか?

実際にパンツがお尻に食い込んでいると周囲はどんな印象なのか気になると思います。

スーツのパンツがお尻に食い込んでいると周囲から不評・不快の意見が多いです。

お尻の食い込みは自分自身が履きにくいだけでなく周囲からも「見てるだけで何となく不快」、「かっこ悪い」、「無理して細いパンツを履いているように見える」、「みっともない」、「安っぽいスーツを着ている」、「お尻が大きく見える」などさまざまな意見があります。

さまざまな意見がありますが良い意見ではありません。

パンツにお尻が食い込んでいる人はタイト、細身のスーツを着ている人が多いです。

ジャケットの着丈も短いためお尻が着丈で隠れないのでお尻の食い込みが目立ちやすいです。

特に上りの階段などではお尻の食い込みは丸見えになっています。

身体、足を細く見せスタイリッシュな雰囲気を演出したいのにお尻が食い込んで無理をしている、かっこ悪いと周囲に思われたら本末転倒です。

スーツのパンツの選びは極端に細身を選ばず、自分の体型に合ったパンツを選ぶことが重要です。

 

【仕事で自信を持つ第一歩はスーツが大事】服装が自信につながる理由をご紹介。

 

3.お尻の食い込みを放置するとどうなるのか?

スーツのパンツがお尻に食い込んでいるということは「股上」、「お尻周り」、「太もも」のサイズが小さく体型に合っていないため、それぞれの縫い目に負荷がかかってしまっています。

縫い目に負荷がかかった状態で無理して動いて仕事をしていたり、ポケットに物を入れていると股や太ももの縫い目、パンツの後ろポケットのフチが破れてしまうことがあります。

縫い目がほどけるといった軽い破れ方だと修理は可能ですが、生地まで破れてしまうと修理しても跡が残ってしてしまい修理代金も高くなります。

スーツのパンツのお尻が食い込んでいる場合は放置せず破れる前に早急に修理しておいたが安心安全です。

 

スーツのパンツが破れた・ほつれてしまった時の修理・再利用の仕方

 

4.スーツのパンツのお尻の食い込みを修理する方法

スーツのパンツのお尻の食い込みは原因である「股上」、「太もも」、「お尻周り」のサイズを修理することで食い込みを軽減させることができます。

 

・股上

股上が原因でお尻が食い込んでいる場合は股上が浅いタイト、細身なスーツの場合が多いです。

股上を深くすることでお尻の食い込みを軽減することができます。

股上の修理は技術が必要なので修理できないところもあるので注意が必要です。

価格はおおよそ¥5.000円ほど〜

 

・お尻周り

スポーツをしていた人などはお尻周りがしっかりしているため、ウエストサイズは問題なくてもお尻周りが体型と合わずお尻が食い込むことがあります。

お尻周りを広げる修理をすることでお尻の食い込みを軽減させることができます。

しかしお尻周りは極端に大きく広げるための縫代は多くとられていないので極端に大きくすることはできず、ウエストも大きくしないといけないので注意が必要です。

価格はおおよそ¥1.000円ほど〜

 

【スーツのパンツのウエストは修理・お直しはできるのか?】料金・時間・注意点をご紹介。

 

・太もも

太もも(ワタリ)もお尻周りと同様にスポーツをしていた人はガッチリしているのでウエストサイズは合っていても太ももに生地が引っ張られお尻が食い込むことがあります。

太ももを太く修理することでお尻の食い込みを軽減させることができます。

太ももを太く修理するのも縫代に限りがあるので極端に太くすることができませんので注意が必要です。

価格はおおよそ¥2.500円ほど〜

 

スーツのスラックス・パンツの【ウエスト・太ももがきつくなってきた】時に役立つ修理・直し方法。

 

スーツのパンツの股上、お尻周り、太ももは修理することで大きくすることができますが使われている素材にも注意が必要です。

ウール素材の場合は修理で大きくしても修理跡が目立ちにくいですが、綿・コットン素材の場合は修理跡が残る場合があります。

※今回ご紹介した股上、お尻周り、太ももの修理代金はお店によって違うので修理する場合の料金は必ずお店に確認するようにしてください。

お尻周りや太ももは極端に大きくすることはできませんが多少でも大きくするとお尻の食い込み具合や履き心地が変わります。

 

5.スーツのパンツの修理はどこでできるのか?

スーツのパンツの修理はスーツを購入した店舗、リフォームショップで修理することができます。

修理代金は店舗によって変わりますがリフォームショップより購入した店舗の方が安い印象です。(個人的な見解です)

購入した店舗に持って行く方法は料金が安い印象ですが店舗によっては新しいスーツを勧められたりすることがあります。

接客を受けることが煩わしいと感じる、購入店舗が遠方の人はリフォームショップに持って行くのも一つの方法です。

 

6.スーツのパンツのお尻の食い込みを解消する購入方法

スーツのパンツが食い込むのを防ぐには「自分の身体に合うサイズを選ぶ」ことが大事です。

お尻の食い込みを防ぐ購入方法は「オーダースーツ」、「セットアップスーツ」、「購入時に修理する」、「ワンサイズ上を購入する」といった方法があります。

 

・オーダースーツ

オーダースーツはパンツがお尻に食い込むのは嫌だけどタイト・細身のスーツを着たいという人におすすめの購入方法です。

オーダースーツはジャケットはタイト、細身のサイズにしてパンツの股上、お尻周り、太ももは余裕のある大きさにして膝幅、裾幅を細くするといったサイズを自由にすることができます。

オーダースーツは好きな色柄、形にカスタマイズできるのも良い利点です。

 

スーツを買うなら【パターンオーダー・サイズオーダー】。年齢・体型問わず愛されるメリット・人気の秘密をご紹介。

 

・セットアップスーツ

セットアップスーツはジャケットとパンツのサイズを変えることのできるスーツです。

オーダースーツは自分の好きな色柄、形、サイズ感で仕立てることができますが、出来上がりまでの時間がかかり、イメージや履き心地がわかりにくいということがあります。

早めに欲しい、履き心地が知りたい人にはセットアップスーツがおすすめです。

一般的なスーツはジャケットとパンツがセットになっています。

セットアップスーツは例としてジャケットがMサイズ、パンツをLサイズといった上下のサイズ感を変更することができます。

注意点としてスーツは上下セットの販売が一般的なのでセットアップを販売しているお店は少なくあっても種類が少ない、クォリティが低い、カジュアル要素が強いということがあります。

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

・購入時に修理する

オーダースーツをするほどスーツにこだわらない、早めに欲しい、股上をいじるほどの修理でなく軽い修理で済む人は購入時に修理するのもおすすめです。

購入時に修理するのも一週間から10日ほどかかりますがオーダースーツほど時間はかかりません。

出来上がり(既製品)のスーツを修理するので着用したときのイメージがわかりやすいです。

注意点として太ももやお尻周りを大きくするのには限りがあります。限界まで大きくしてしまうと体型が太った際、それ以上修理することができないので注意が必要です。

 

・ワンサイズ上を購入する

ワンサイズ上を購入する方法はスーツよりもクールビズ、ウォームビズ、ジャケパンスタイルでの単品のパンツが欲しいという人におすすめの方法です。

単品パンツでもスーツのパンツと同様にウエストはちょうどでもお尻が食い込む場合があります。

スーツではジャケットがあるためワンサイズ上げての購入は難しいですが単品パンツではワンサイズ上げてもウエストを細くすれば良いだけなので購入することが可能です。

ワンサイズ上げることで股上、お尻周り、太ももが太くなるのでお尻の食い込みが軽減されます。

ちょうどのサイズの単品パンツの股上、お尻周り、太ももを修理するよりもワンサイズ上の単品パンツはウエストを細くするだけなので修理代金も安くなります。

注意点として膝幅や裾幅も太くなるのでタイト・細身のパンツのシルエットを求める人には不向きかもしれません。

スーツでワンサイズ上げたしまうとジャケットの胸回り、胴回り、着丈と全体的に大きくなるのでタイト・細身のシルエットを求める人には不向きです。

 

7.まとめ

スーツのパンツの嫌なお尻の食い込みはパンツが自分の身体の体型に合っていないことが原因です。

お尻の食い込みは股上、お尻周り、太ももを修理することで軽減することができます。

もし手元にお尻の食い込むパンツがあって困っているなら修理をすれば食い込みを軽減することができ、いつもパンツがお尻に食い込んで困っている人は修理や購入方法を変えれば解消することができます。

お尻の食い込みが発生しやすいのはタイト・細身のシルエットのスーツです。

お尻の食い込みを解消したいなら股上、太もも、お尻周りを太くしなければなりません。

股上、太もも、お尻周りもタイト・細身のシルエットのスーツを求めるならお尻の食い込みを我慢し付き合っていかなければなりません。

スーツのパンツはお尻の食い込みを気にするあまり股上、お尻周り、太ももが太いと不格好であり、タイト・細身すぎるのも不格好です。

スーツのパンツを選ぶのは難しいですが太すぎず細すぎない履き心地の良いシルエットが綺麗に見えるパンツを選ぶことが理想です。

-お直し・修理・保管・洗濯, サイズ, スーツ, デニム・パンツ・スラックス, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし

© 2021 Business Fashion MEN'S