スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

小学校・中学校・高校の「男性教師」・「男の先生」に人気のスーツをご紹介。

小学校・中学校・高校の「男性教師」・「男の先生」に人気のスーツとは?

小学校・中学校・高校と勤める学校によってスーツの着用頻度が変わります。

小学校に勤める人は通勤は私服、仕事中はジャージ・綿パン・チノパンといった動きやすい服装をする人が多いので、スーツの着用機会が少ないです。

中学校・高校に勤める人は小学校と違いスーツを着る人が多く、ビジネスカジュアルといった服装をされる方も多いです。

そのため小学校の教師と中学校・高校の教師で選ばられるスーツは変わります。

自分の勤める学校の男性教師のスーツはわかるけど、他の学校の教師はどんなスーツを着ているのか・教師で人気のある色柄はどんなスーツなのか気になるところです。

小学校の男性教師と中学校・高校の男性教師で人気のあるスーツをご紹介します。

 

目次

1.スーツの形

2.小学校の男性教師に売れているスーツ

3.中学校・高校の教師に売れているスーツ

4.スーツを選ぶ際の注意点

 

1.スーツの形

スーツの形には2つボタンのスーツ・3つボタンのスーツ・段返りの3つボタン・ダブルスーツと種類があります。

現在は2つボタンのスーツが主流です。

教師の方はジャケットを脱がれるシーンが多いのでベスト付きのスリーピーススーツも人気があります。

スーツの形以外にもスーツは春夏用・秋冬用・オールシーズンといった種類があります。

春夏用は背中部分に裏地がない「背抜き」、秋冬用では背中部分に裏地が付いている「総裏」があります。

 

背抜き

 

総裏

 

オールシーズンでは冬物の生地を使った「背抜き」、春夏用の生地を使った「総裏」があります。

スーツを着る機会が多い人は「背抜き」・「総裏」と種類を持っています。

スーツを着る機会が少ない教師の人は「総裏」、「秋冬生地を使ったオールシーズン」を選ばらる人が多いです。

 

春夏スーツ-クールビズに買いたい涼しいスーツの選び方。

 

冬用のスーツをキチンと選べていますか?暖かいスーツの選び方と素材、着こなし方のご紹介

 

2.小学校の男性教師に売れているスーツ

小学校の男性教師は人によって変わりますが、研修・始業式・終業式・卒業式とスーツを着るシーンが年に限られた数回しかないという人もいます。

そのためフォーマル度が高い「黒の無地

 

チャコールグレー無地(黒に近いグレー)

 

濃紺の無地

 

といった「ダークスーツ系」が人気があります。

なかでも「黒無地のスーツ」は冠婚葬祭で使えるため、仕事と兼用で選ばられる方が多い傾向です。

「ダークスーツ」はフォーマル度が高いのでパンツ・ズボンの裾の仕上げ方は「シングル」が多いです。

フォーマルスーツを持っている方は黒無地だと色が近くなるので「黒」を避ける方もいます。

顔映りが良い「濃紺の無地」・上品で大人の雰囲気が出る「チャコールグレーの無地」を選ぶ人もいます。

目立たない「シャドーストライプ」や「シャドーのチェック」を選ぶ人もいますが、「無地」が汎用性が高いので人気があります。

小学校でのスーツの色は明確な決まりはないが「黒無地のスーツ」を着るのが一般的、風習であるという学校、決まりはないので節度を守った色柄ならば問題なしと学校によって変わります。

スーツの色柄を選ぶなら学校の決まりや風習を確認してから選ぶようにしてください。

 

フォーマルスーツは絶対に必要。賢い買い方とは?ブラックスーツではいけないの?

 

3.中学校・高校の教師に売れているスーツ

中学校・高校の教師の人は毎日スーツを着る人も多いので、小学校の教師の人と選ばられるスーツが変わります。

中学校・高校の教師の人は小学校の教師の人と違い「黒の無地」を選ばられる人が少なくなります。

「紺のストライプ」・「グレーのストライプ」・「組織柄の紺・グレー」といった「派手すぎない柄物」を選ぶ方が多いです。

中学校・高校の教師の人は単品のジャケットとパンツ・ズボンを合わせる「ビジネスカジュアル」をする人も多いです。

スーツだとパンツ・ズボンが傷んでしまい、上着だけが残ってしまうという場合があります。

ビジネスカジュアルだとパンツ・ズボンを買い換えることでジャケットは着回すことができます。

なかでも人気のあるジャケットは「紺」・「ネイビー」のジャケットです。

「紺」・「ネイビー」のジャケットはパンツの合わせられる色や素材が幅広く、シャツとの相性も良いです。

そのため春夏用と秋冬用で1着ずつ持たれる方が多いです。

 

【ビジネスカジュアルで絶対に持っておきたい】紺のジャケット。理由をご紹介。

 

【スーツのジャケットだけ残った。】スーツのパンツ・ズボンが破れた後のジャケットの使い方・使い道をご紹介。

 

4.スーツを選ぶ際の注意点

小学校・中学校・高校の教師に限らず、スーツを買うなら「仕立てが良い」・「サイズが合う」スーツを買うように心がけてください。

「仕立てが良いスーツ」と「仕立てが悪いスーツ」では「着心地」・「見た目の印象」が違います。

「仕立ての良いスーツ」は大人としての「威厳」や「清潔感」を演出でき、着ていても「疲れにくい」です。

教師は相手が子供や学生かもしれませんが、人前に出る仕事です。

子供・学生からしても教え方はもちろん、「威厳がある教師」や「大人として憧れる教師」から学びたいと思います。

父兄からしても「サイズの合わない安っぽいスーツを着てる冴えない教師」よりも「威厳があり清潔感のあるキッチリとしている教師」に自分の子供を預けたいです。

人は見た目ではないと言いますが、人の印象は第一印象で決まってしまうことが多いです。

一度悪い印象がついてしまうと悪い印象を拭うのには時間がかかります。

そうならないためにもスーツを選ぶ際は「自分のサイズに合った仕立ての良いスーツ」を選んでください。

 

これで安心。スーツの「A5」・「46」の大きさは?ジャケット、パンツの正しいサイズの選び方。

 

高いスーツを買う意味ってあるの?高いスーツを着る7つのメリット。

 

いかがでしたでしょうか?

「男性の教師」・「男の先生」に人気の売れているスーツをご紹介しました。

スーツは勤める学校によって変わりますので、勤める学校のルールに乗っ取り選ぶようにしてください。

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になれば幸いです。

 

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

-スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S