スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド 生地 着こなし

【オリヒカ-ORIHIKA】安くてオシャレなスーツを探すならおすすめ。

安くてオシャレなスーツを探すなら【オリヒカ-ORIHIKA】がおすすめ

※画像はイメージになります。(以下の画像含む)

 

スーツは2万円ほどの低価格のスーツ、10万円を超える高価格なスーツまで幅広くあります。

高級感のあるスーツが欲しくても「子供がいる」、「給料が低い」等の様々な理由からスーツにお金をかけれないサラリーマンは大勢います。

または就職活動・入学式・卒業式・成人式でこれからスーツが必要ですがお金が無くて良いスーツが買えない学生・社会人の人も多くいます。

スーツはビジネスシーンや面接で清潔感などの印象を左右する大事な道具。

スーツに手を抜くことは仕事に手を抜いているのと一緒といえる重要な道具です。

そのためお金をかけれないが、なるべく良いスーツが欲しいと思っている人は多いです。

スーツを販売しているお店は百貨店・量販店・セレクトショップ・専門店。

低価格のスーツを求めるなら「量販店」。

量販店といっても「青山」、「AOKI」、「はるやま」、など様々な店が多くてどこが良いのかわからない人は多いです。

数ある量販店でも「低価格」で「オシャレ感」・「スタイリッシュ」なスーツを求めるなら「オリヒカ-ORIHIKA」がおすすめです。

オシャレでスタイリッシュなスーツを安くで購入できる「オリヒカ-ORIHIKA」についてご紹介します。

 

目次

1.オリヒカ-ORIHIKAとは?

2.オリヒカ-ORIHIKAの特徴とは?

3.オリヒカ-ORIHIKAの価格帯

4.サイズの選び方

 

1.オリヒカ-ORIHIKAとは?

「オリヒカ-ORIHIKA」とは意外と知られていませんが、スーツ量販店で有名なAOKIを展開する株式会社会社AOKIホールディングスが展開をしています。

スーツ量販店は一つのお店だけでなく、お客様の年齢や好みに合わせて他ブランドも展開しています。

例えば有名な「ザ・スーツカンパニー」、「ユニバーサルランゲージ」は「洋服の青山」が展開していたりします。

量販店が展開するブランドは大企業が展開しているので安心感もあります。

話が逸れてしまいましたが、

オリヒカのブランドコンセプトは

「key to the new life style」。

世代の、時代の、そして次世代のライフスタイルの鍵となる。

お客様もスタッフも常に新たな楽しさを見つけられる

ということをコンセプトとしています。

あらゆる世代、時代に合ったライフスタイル・価値のある、必要なものを提供するということではないでしょうか。

オリヒカはメンズ・レディースの世代・時代に合ったスーツはもちろん、ジャケット・パンツ・スラックス・コート・ワイシャツ・シューズと幅広く展開しています。

そのためスーツスタイル、ビジネスカジュアル、幅広い年齢に合う製品を展開しています。

オリヒカは駅ビル・ファッションビル・オンラインストアで展開がされています。

オリヒカは有名なAOKIが展開するブランドなので大企業ならではの安心感があるブランドです。

 

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

 

2.オリヒカ-ORIHIKAの特徴とは?

オリヒカの製品は消費者に喜ばれる「低価格」ながらも「スタイリッシュさ」・「機能性」を融合、お得な販売方法、幅広いサイズが特徴です。

オリヒカでは量販店・低価格のスーツながらも計算され洗練されたデザイン、体型が美しく見えるシルエットは値段以上の良さを演出してくれます。

オリヒカはベーシックなモデルでもスタイリッシュがありますが、体型が細く更にスタイリッシュさを追求したい人に向けて「Limited Slim」も展開しています。

生地では上質さを演出するためイタリア有名生地「REDA」などのインポート生地を使用したものも取り扱っています。

低価格でスタイリッシュな細身のデザインを求める人には向いています。

機能性では「パンツが洗える」・「ストレッチが効く」・「シワになりにくい」などビジネスマンにとって嬉しい機能性を持った製品も展開しています。

汗をかきやすい夏場ではパンツが洗える機能は働くサラリーマンに非常にありがたいです。

ビジネスマンの多くにはスタイリッシュなスーツは見た目はカッコ良いかもしれませんが着にくいというイメージを持つ人もいます。

ストレッチ性を持たせることでスタイリッシュなスーツであっても着心地を良くしています。

販売方法では2着目は半額、ツーパンツスーツ、スリピーススーツ、体型が細い、太い人に向けて幅広いサイズを展開しています。

スーツを毎日着るビジネスマンはスーツは1着では足りません。

スーツを1着で着回す人が稀にいますが、生地がテカってしまったり、破れ、ほつれとすぐに傷んでしまいます。

スーツを長持ちさせるなら一度着ると2、3日は休ませてあげなければなりません。

そのため毎日スーツを着て仕事をする人は最低で3着ほどはスーツが必要です。

オリヒカでは2着目が半額なのでスーツの数が必要なサラリーマンには嬉しい販売方法です。

スーツの形ではジャケットを脱いだ際にスタイリッシュさを演出、エレガントさを演出する「スリピーススーツ」。

スーツを購入した際にいつもスラックスが先に破れてしまうとお困りの人に向けて、スラックスが二本付く「ツーパンツスーツ」を販売しています。

サイズでは身長が165センチでウエスト74センチの細い人向けの「Y4」から身長が185センチでウエストが100センチの「BB8」まで幅広く取り扱いがされています。

 

サラリーマンの味方。手間を減らす【ノンアイロンシャツ】。持っておきたい色柄・襟型・価格をご紹介。



3.オリヒカ-ORIHIKAの価格帯

・ツーピーススーツ(ジャケット+スラックス)

おおよそ¥18.000円〜

・スリピーススーツ(ジャケット+ベスト+スラックス)

おおよそ¥28.000円〜

・ツーパンツスーツ(ジャケット+スラックス+スラックス)

おおよそ¥28.000円〜

・フォーマルスーツ

おおよそ¥28.000円〜

・ビジネスジャケット

おおよそ¥9.900円〜

・ビジネススラックス

おおよそ¥3.900円〜

・コート

おおよそ¥18.000円〜

・ワイシャツ

おおよそ¥1.900円〜

・ネクタイ

おおよそ¥1.900円〜

・ビジネスシューズ

おおよそ¥9.900円〜

※価格は時期・シーズンによって変動します。
詳しくは公式オンラインストアで確認してください。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

4.サイズの選び方

スーツの買い方は店舗に行って色柄を見て、採寸をしてもらって買うのが一般的でした。

現在では「買い物に行く時間がない」、「面倒くさい」、「接客されるのが嫌」、「接客されるとゆっくり選べないので嫌」ということでネットのオンラインストアでスーツを買う人も増えています。

ネットで買い慣れている人は良いですが、慣れていない人はサイズをどう選んだら良いのかわからない人も多いです。

スーツのサイズは基本的に「身長」・「ウエスト」のサイズで選びます。

オリヒカのオンラインストアでは身長、ウエストに合わせたサイズ表が載っているので参考にされたら良いと思います。

選ぶ際のポイントとして自分のウエストが85センチだったとします。

ウエストの実寸通りの85センチのウエストだと食事をされたり、座ったりするときつく感じてしまうことがあります。

そのためウエストは実寸より1センチ〜2センチを選ばられても良いと思います。

今着ているスーツがわからないという人も多いです。

サイズを調べる方法として今まで買ったスーツの上着、もしくはスラックスのポケットを見ると「A5」、「AB5」、「BE5」といったサイズが記載されているのでそちらを参考にされたら良いと思います。

自分のサイズが分かったところでスーツをオンラインストアで注文する際、困るのは股下の長さです。

股下の長さは人によって違います。

股下を測る方法として今履いているスラックスを測る方法があります。

スラックスをシワなく机の上に置き片足をめくってスラックスの中心の縫い目線に合わせて裾まで測る方法があります。

しかしスラックスは同じサイズであっても股上の深さが違います。

股上の深さによって股下も変わってきます。

例えば現在履いている股上が25センチの股下75のスラックスとします。

総丈(スラックスの全体の長さが100センチ)

※総丈とはスラックス全体の長さ。

股上が23センチのスラックスを今まで履いていた同様の股下75センチで仕上げたら履き心地はもちろん、裾が短くなります。

総丈(スラックスの全体の長さが98センチ)

勘が良い人は気付くと思いますが、股上の深さによって全体の長さが変わってしまうということです。

現在履いているスラックスの長さに合わせたいなら総丈で合わす必要があります。

総丈の測り方はスラックスをシワなく置き、腰の中心の縫い目線の上から裾までの縫い目線の中心に沿って測ることでわかります。

測り方に自信のない人や測るのが面倒な人は裾を仕上げずに購入し、後日履いてリフォームショップで合わす方法が良いとされます。

裾上げだとおおよそですが1000円ほどで仕上げることができます。

スーツを測るのが面倒な人や裾の長さにこだわる人は股下を修理せず、後日合わせても良いかもしれません。

スーツの価格が安くてオシャレ・スタイリッシュなスーツを探す人に向けて、AOKIが展開する「オリヒカ-ORIHIKA」についてご紹介しました。

今回ご紹介した内容は時期やシーズンによって変わることがありますので詳しくは公式オンラインストアを参考にするようにしてください。

 

これで安心。スーツの【A5】・【46】の大きさは?ジャケット、パンツの正しいサイズの選び方。



-スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド, 生地, 着こなし
-, , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S