スキンケア ビジネス・仕事ファッション ファッション マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭

【メンズ日焼け止め対策】メリット・デメリット・対処法について

メンズは日焼け止め対策をした方が良いのか?メリット・デメリット・対処法についてご紹介

「日焼け止め対策、面倒だからしてない」

「1日くらいしなくても大丈夫でしょ」

日焼けをすると肌が赤くなってヒリヒリするというメンズは日焼け止め対策をしているかもしれませんが、そうじゃない方は「大丈夫!」と思って日焼け止め対策を怠ってしまいがちです。

ですが、日々の日焼け止めを怠ると、今から数年後確実にその結果が肌に現れてしまいます…。

日焼け止め対策は日々おこなわなければなりません。

日焼け止め対策について気になるメンズの皆さんに日焼け止め対策をするメリットとデメリット、おすすめの日焼け止め対策について詳しくご紹介します。

 

目次

1.メンズが日焼け止め対策をするメリット

2.メンズが日焼け止め対策をするデメリット

3.メンズの肌を守る日焼け止め対策

 

1.メンズが日焼け止め対策をするメリット

日焼け止め対策をすると「若々しい肌をキープ」、「皮膚ガンのリスクを軽減」させるメリットがあります。

①若々しい肌をキープできる

紫外線を日々浴び続けると、そのダメージはどんどん肌に蓄積していきます。そうするといずれ溜まったダメージはシミやシワ、くすみ、たるみとなって肌に現れます。

治療をすればある程度は改善するニキビとは異なり、こういった肌のダメージが一度なってしまうと日々のスキンケアで治すのは難しいです。

今からしっかり日焼け止め対策を行えば、これからも綺麗な肌、若々しい肌を長くキープできます。

②皮膚ガンのリスクを軽減できる

紫外線は免疫力を下げたり、細胞DNAを傷付けてガンのリスクを高めるといわれています。

極端な例に聞こえるかもしれませんが、男性は紫外線のダメージを女性以上に受けやすいのが現状です。

女性が使用しているファンデーションや下地クリームは現在日焼け止め成分が配合されているタイプが多いですが、男性はメイク自体をしない人が大多数です。

そのため紫外線のダメージを受けやすいです。

将来の肌の状態を整えるために、そして肌の健康を守るために、メンズの方は今日からしっかり紫外線対策を行うことが大切です。

 

【男性のスキンケアは保湿が大事】スキンケアのメリットとやり方まとめ

 

2.メンズが日焼け止め対策をするデメリット

男性が日焼け止め対策をすると「手間がかかる」、「敏感肌のメンズは肌が荒れてしまう」デメリットがあります。

①手間がかかる

日焼け止めクリームなどを塗る時は、顔をはじめ、肌を露出する足や腕などに塗らなくてはなりません。

当然時間もかかるので、男性によっては「面倒」と思う方もいるでしょう。

ですがご紹介した通り、後々の肌のダメージを考えると毎日ケアすることはとても大事です。

最初は面倒と思うかもしれませんが、自分がやりやすい方法を見つけて日焼け止め対策を習慣化すると手間と感じにくくなります。

「日焼け止め対策が必要なのは分かるけど、ついつい忘れてしまう」

ついつい忘れてしまうメンズは、スプレータイプの日焼け止めを使うのがおすすめです。

スプレータイプはクリームタイプと比べてサッと噴きかけるだけです。

使い方、持ち運びも楽で日差しが気になった時も短い時間で簡単にケアできます。

 

②敏感肌のメンズは肌が荒れてしまう可能性がある

敏感肌のメンズの中には「日焼け止め対策をしたいけど、ニキビがひどいからあまり使いたくない」という方もいます。

男女問わず敏感肌の方は日焼け止めクリームやスプレーを使用することで逆に肌が荒れてしまうという可能性は確かにあります。

肌が荒れてしまうと心配な方はなるべく肌に負担をかけない優しい成分が含まれている日焼け止めアイテムをおすすめします。

鉱物油やパラベンやエタノールなどが含まれているタイプは肌に負担をかけやすいので注意が必要です。

敏感肌の方は商品のパッケージに記載されている成分表示をしっかり確認するようにしてください。

また、肌荒れが心配な方は商品の口コミや評判なども合わせて確認するのもおすすめです。

現在は無添加の日焼け止めアイテムも増えています。

敏感肌の方はこういったタイプを使用して肌への負担をなるべく抑えながら、日焼け止め対策をしていきましょう。

 

【メンズ】何故実年齢より老けて見える?老け顔の原因と対策とは?

 

3.メンズの肌を守る日焼け止め対策

「日焼け止め対策を本格的に始めたい!」という方にメンズの日焼け止め対策をご紹介します。

①塗る部位や使いやすい商品を選ぶ

日焼け止め効果が期待できる商品は、「クリーム」、「ジェル」、「スプレー」など様々です。

顔に使うならクリームタイプ、全身に塗るならローションやジェルタイプがおすすめです。

髪や頭皮の紫外線対策もしたいなら、スプレータイプも便利です。

状況に応じて使い分けたり、自分が使いやすいと思うものを2~3個持っておくことをおすすめします。

 

②スキンケア+日焼け止め対策をする

日焼け止めクリームやジェルを塗る時は、その前にしっかり肌を化粧水や乳液でスキンケアしておきましょう。

スキンケアで肌をケアすれば髭剃りなどでダメージを受けた肌もより整いますし、肌が保湿されることで紫外線対策の効果もアップします。

 

③塗る時はムラがない塗り方

日焼け止めクリームなどを顔に塗る時は1円玉くらいの量をそれぞれ両頬、鼻先、おでこ、アゴの5ヶ所につけていきます。

あとはこれを顔全体に伸ばすだけでバランス良く均一に塗ることができます。

塗り忘れが多い首や肩、うなじに塗るのも忘れないようにしなければなりません。

 

④足や腕に塗る時は容器をスライドさせながらつける

足や腕に塗る時は、一度手のひらに日焼け止めクリームを出すのではなく、容器ごと足や腕につけた状態でスライドさせ、線のようにして出していきましょう。

サンダルをよく履くという方は、足の甲にも塗るのも忘れないようにしてくださいね。

 

⑤1日に数回塗り直す

理想は2時間に1回塗り直すのがベストですが、仕事中などはなかなか難しいです。

朝、昼、夕方と3回意識して日焼け止めを塗るだけで、かなりしっかりケアできます。

まずは朝、昼、夕方の「3回のタイミング」を意識してみてください。

人によっては曇りだから日焼け止め対策をしなくて良いと思っている男性もいますが、紫外線は曇りの日も発生しています。

天候に関わらず、毎日ケアするようにしなければなりません。

 

 

【メンズ オールインワン 化粧水 & 日焼け止め UV(新モデル)】てかり・べたつきをおさえながら紫外線による「しみ」を防ぐウォータープルーフ仕様のUV美容液と化粧水 クワトロボタニコ | ボタニカル ローション & オイルコントロールUVセット

価格:4,565円
(2021/6/20 23:19時点)
感想(15件)

 

【短パンはダサい?】ダサく見せない選び方・コーディネートとは?

 

メンズはメイクなどをしないことも多いので、女性と比べると紫外線のダメージをより受けやすいです。

将来の肌トラブルを防ぐためには毎日しっかり紫外線対策を行うことが大事です。

今回ご紹介した内容を参考にしながら、毎日の日焼け対策に役立てて頂けたら幸いです。

-スキンケア, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭
-, , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S