ファッション ブランド

【ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLI】のスーツ ・ジャケットの特徴・価格・人気・評判をご紹介。

「最高峰のシャツ」・「シャツの王様」と称される「ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLI」。

ルイジボレッリは生地・縫製とこだわり抜いた「最高の着心地」のシャツ、「締め心地の良い」ネクタイを展開するブランド。

2001年からはシャツ・ネクタイ以外にもスーツ・ジャケットの展開を始めたことで有名なトータルラグジュアリーブランドです。

「ルイジボレッリのシャツ・ネクタイは良いのは知っている。購入したことがある。」

けど、

「スーツ ・ジャケットの人気・評判はどうなのか?」

「シャツ・ネクタイが中心だからスーツ ・ジャケットの着心地はどうなのか?」

「そもそもルイジボレッリをあまり知らない」

という人がいると思います。

ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのブランド、スーツ ・ジャケットの特徴・人気・評判についてご紹介します。

 

※画像はイメージになります。

 

ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ ・ジャケットの特徴・人気・評判

目次

1.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIとは?

2.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ・ジャケットの特徴

3.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのアウター・ボトムスの特徴

4.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIの価格

5.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ ・ジャケットの人気・評判

 

1.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIとは?

ルイジボレッリは「最高の着心地」のシャツを展開しているため、「本物」・「良い物を知る人」・「ファッション好き」の人はご存知の人が多いブランドです。

しかし「世界最高峰」・「シャツの王様」と称されているルイジボレッリですが、当然馴染みのない人もいます。

ルイジボレッリをご存知でない人に向けて、ルイジボレッリについてご紹介します。

ルイジボレッリは1957年にイタリアナポリで創業した老舗のカミチェリアです。

※カミチェリアとはシャツ屋のこと。

 

ボレッリは1957年当時、平面的なシャツが多かった時代に人間の身体を研究し、手仕事とミシンを使い分けたシャツを生み出しました。

人間の身体を研究して手仕事とミシンで細部までこだわって作られるシャツは「最高の着心地」と称され、現在では「世界最高峰」・「シャツの王様」と言われています。

「世界最高峰」と言われるルイジボレッリは創業するまでに歴史があり、始まりはルイジの母、アンナのシャツ作りから始まっています。

ルイジボレッリが創業する1957年より前の1904年、母アンナは自宅の近所の人達にシャツを仕立てていました。

アンナの仕立てるシャツは着心地・評判が良く、ナポリの洒落者達がアンナのシャツを着ていました。

その後、シャツ作りのアトリエを構え、母のシャツ作りの情熱を受け継いだ息子、ルイジが現在「世界最高峰」のシャツと言われる「ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLI」を創業させました。

時を経て、ルイジの息子ファビオが経営に参加し、世界最高峰のシャツに合わせるネクタイをスタート。

2001年からは上記でご紹介したように「最高の着心地」と「クォリティ」のスーツ ・ジャケット・アウター/コート・ボトムス・ニットの展開をスタート。

 

現在ではシャツ・ネクタイだけではなく、トータルラグジュアリーブランドとして世界に名を轟かせているのが「ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLI」です。

 

【ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLI】のシャツ・ネクタイの特徴・価格・人気・評判とは?

 

2.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ・ジャケットの特徴

ルイジボレッリのスーツ・ジャケットは「現代的なナポリスタイル」。

コンパクトな肩幅・短めの着丈・スマートに見せる前見頃。

クラシックの中に現代的なエッセンスを溶け込ませています。

スーツ・ジャケットのデザインはイタリアンクラシックの王道の「段返りの3つボタン」。

サルトリアテイストのバルカポケット・マニカカミーチャ(雨降らし袖)、シェイプしたウエスト。

ラペル・フロント・ポケット・肩まわりの要所に施される職人のハンドステッチ。

南イタリアの大人の色気が漂うルイジボレッリのスーツ・ジャケット。

作りでは肩パットなどの副資材を省いたソフトな「一枚仕立て」に首に吸い付く「一枚襟」。

肩のイセこみをたっぷりととった職人の「ハンドワークによる袖付け」にジャケットの重量が均一にかかるよう「計算されたパターン」。

「美しいロールを描くラペル」、「大きく流れるフロントカット」、「吸い付くように美しく見せる背中」。

スーツ のパンツでは「美しさ」と「履きやすさ」を両立したプリーツ入りのパンツ。

こだわりが詰まったルイジボレッリのスーツ・ジャケットは「最高峰のシャツ」に負けない「仕立ての良さ」・「美しさ」・「着心地の良さ」を併せ持っています。

ルイジボレッリは作りの良さからストレスを感じない、

「着ていることを忘れさせてくれる自分の肌のような着心地」

があります。

 

ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ・ジャケットの特徴は

「見映え」が美しく、

「軽くて動きやすい着心地」、

「シックながらも個性もあるデザイン」、

「流行に左右されず長年愛用できる」

ことが特徴です。

 

20代から50代まで使える【人気ネクタイブランド】とは!?プレゼント・ギフトにも最適なブランドをご紹介。

 

3.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのアウター・ボトムスの特徴

ルイジボレッリはトータルラグジュアリーブランド。

シャツ・ネクタイ・スーツ ・ジャケット以外にもアウター/コート・ボトムスも展開されています。

 

・アウター/コート

オーセンティックなイギリスとイタリアの良いとこ取りをした「トレンチコート」、

クラシカルな雰囲気の「ポロコート」、

クラシックとモダンが融合した「チェスターコート」

が展開されています。

どの形のコートも作りにこだわっています。

着用すると「軽く」・「動きやすく」・「柔らかい」ため、着用するとルイジボレッリの「仕立ての良さ」・「シルエットの美しさ」を実感することができます。

ルイジボレッリのアウター/コートはスーツ・ジャケットの上から、ジャケット代わりに羽織ることができるオン・オフどちらも使える汎用性の高いコートです。

「幅広いシーン」・「着心地の快適さ」・「シルエットの美しさ」を求める大人の男性には最適なアウター/コートになっています。

 

ビジネスマンが愛する【スーツ】・【ジャケット】・【コート】の有名人気ブランド特集

 

・ボトムス

ルイジボレッリのボトムスは「細く」・「美しく」・「履きやすい」こだわった作りのボトムス。

単に細いボトムスは窮屈感があり、「履き心地」・「見映え」が良くありません。

ルイジボレッリのボトムスは他のブランドのボトムスに比べて、後ろ股上が深めの作りです。

ヒップが包まれるようなフィット感を生み出し、バックスタイルを美しく見せます。

作りの「3点留めのボタン」・「V字スリット」はフィット感・運動性を高め、「シック布」は股ズレを防ぐ丁寧な作り。

デザインでは流れるような「細身のテーパードシルエット」。

「クラシック」でありながら「若々しさ」を演出する履き心地が良いボトムスです。

「履きやすさ」・「美しさ」を求める大人の男性にはルイジボレッリのボトムスは最適の逸品です。

 

4.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ・ジャケットの価格

価格帯

・スーツ
おおよそ185.000円ほどから展開。

・ジャケット
おおよそ115000円ほどから展開。

・ドレスシャツ
おおよそ3万円ほどから展開。

・カジュアルシャツ
おおよそ3万円ほどから展開。

・ネクタイ
おおよそ16.000円ほどから展開。

・ボトムス
おおよそ34.000円ほどから展開。

・コート/アウター
おおよそ110.000円ほどから展開。

※価格はシーズンによって変動することがあります。

詳しくは取り扱い店舗・オンラインストアを確認するようにしてください。

 

5.ルイジボレッリ-LUIGI BORRELLIのスーツ ・ジャケットの人気・評判

ルイジボレッリはイタリアのナポリはもちろん、ミラノ・ローマ・ニューヨーク・東京と世界の各国で展開されています。

こだわり抜いたスーツ・ジャケットは「着心地の良さ」・「美しい見た目」から世界中のベストドレッサーに人気・評判が良く愛されています。

ファッション雑誌でも頻繁に掲載されています。

価格帯から一般の人にはなかなか手が出しにくいですが、世界の「一流の男性」・「本物を求める男性」に人気・評判が良いブランドです。

 

仕事で成功を目指す人へ。一流のビジネスマンのスーツの選び方とは?

 

ルイジボレッリのシャツ・ネクタイは多くのセレクトショップ・百貨店で取り扱われていますが、スーツ ・ジャケットを取り扱っているところは少ないです。

ルイジボレッリの世界観を堪能するなら「LUIGI BORRELLI TOKYO」。

シャツ・ネクタイはもちろんスーツ・ジャケット・アウター・ボトムスも取り扱っています。

シャツのス・ミズーラ(パーソナルオーダー)をおこなっています。

今回ご紹介した内容は独自の調べになります。

内容や価格が変わることがありますので、あくまでも参考にしてください。

-ファッション, ブランド

© 2021 Business Fashion MEN'S