ファッション 生地

スーツの【本当に売れている人気の色柄】とは?ベーシックからトレンドまでご紹介。


スーツを購入する際、どんな色柄を選べば良いのか悩んだことはありませんか?

例えば

「人気の色柄が欲しい。」

「いつも紺ベースだから違う色のスーツが欲しい。」

「オシャレに見える、若々しい雰囲気のスーツが欲しい。」

「高級感・高そうに見える見映えの良いスーツが欲しい。」

「清潔感・真面目に見えるスーツが欲しい。」

など、人それぞれスーツに求めるイメージがあります。

しかしイメージはあってもイメージが漠然としているため、具体的にどんな色柄が良いかわからない人は大勢います。

「スーツ売場に行けば何か良いスーツ・人気のスーツが見つかるのではないか?」

と考え、具体的な色柄を決めずお店に向かう人がいます。

具体的な色柄をある程度決めていかないと納得・満足のいく買い物はしにくいです。

スーツの販売をしていて思うことはスーツは普段着に比べてブランド・色柄・形を知らない人が多いです。

スーツを購入する際、少しでも満足いく買い物・イメージができるように「店頭で本当に売れているスーツの人気色柄」をご紹介します。

 

 

目次

1.安定的に売れているスーツの人気色柄

2.オシャレ感を求める人に売れているスーツ の人気色柄

3.高級感を求める人に売れているスーツの人気色柄

4.大人の雰囲気・クラシックさを求める人に売れているスーツの人気色柄

5.本当に売れているスーツの色柄まとめ

 

1.安定的に売れているスーツの人気色柄

毎年シーズンを問わずして売れている人気の色柄は

 

・「紺の無地」

・「黒の無地」

 

の2色。

 

・紺の無地

紺の無地のスーツは「清潔感」・「堅実」な印象を演出するビジネスのベーシックな色。

ビジネスにとっては絶対に持っておきたい1着なので人気があります。

紺無地スーツを持っていない人・欲しいスーツ のイメージを持っていない人・こだわりがない人にとっては間違いのない1着です。

 

ビジネスマンが必ず持っておきたい1着は紺無地スーツ。理由をご紹介。

 

・黒の無地

黒の無地のスーツは引き締まった「スタイリッシュ」な印象を演出します。

ビジネスと冠婚葬祭の兼用で選ばられる人、就職活動・転職活動でも使えるため選ぶ人が多い人気のスーツです。

しかし顔映りが暗く・フォーマルを持っている人は懸念する人もいます。

「スタイリッシュさ」を求める人・普段あまりスーツを着ないので「ビジネス」・「冠婚葬祭」兼用で探されてる人には向いている人気の色柄です。

 

フォーマルスーツは絶対に必要。賢い買い方とは?ブラックスーツではいけないの?

 

・グレーの無地

「紺の無地」・「黒の無地」に比べると人気は落ちますが「グレーの無地」も安定的に売れています。

グレーの無地のなかでも濃い目・黒に近い「チャコールグレーの無地」は人気があります。

チャコールグレーの無地は黒に比べて顔映りは重々しくなくシャツ・ネクタイも合わせやすい汎用性があります。

グレーの無地は紺の無地と同様にビジネススーツのベーシックな色です。

紺無地や紺ベースのスーツを持っている人で色を変えたい人、黒は重々しいと思っている人には向いている色柄です。

 

「紺の無地」・「黒の無地」・「チャコールグレーの無地」の3つの色はベーシックな色柄を求められる人に人気のある色柄です。

特に「黒の無地」は売れている色柄です。

無地は素材感の差が出やすい色柄です。

そのため素材は「ウール100%」を選ぶことをおすすめします。

 

2.オシャレ感を求める人に売れているスーツ の人気色柄

オシャレな雰囲気・若々しい雰囲気を求める人に売れているスーツの人気の色柄は

 

・「ブルーベース」

・「茶色・ブラウン」

・「ウインドーペン」

・「チェック」

 

などです。

 

・ブルーベース

ブルーベースのスーツを着用すると顔映りが明るく「若々しさ」・「オシャレな雰囲気」・「爽やかさ」を演出します。

ブルーベースのスーツは若い人の色と思われる人がいますが、年齢に関係なく若い人から年齢が高い人まで愛されています。

ブルーベースの中でも発色の良い生地のスーツ はオシャレ感が高まります。

ブルーベースの色柄のスーツは華やかな雰囲気を演出するので結婚式の二次会やパーティーシーン・成人式・卒業式にも向いている人気の色柄です。

 

青、ブルーのスーツは仕事で着れるの?評判、注意点、ネクタイの合わせをご紹介。

 

・「茶色・ブラウン」

茶色・ブラウンは「落ち着いた上品さ」があるため、「柔らかい」雰囲気を演出します。

茶色・ブラウンのスーツは年齢が高い人のイメージを持っている人もいますが、若い人も着用する人が増えています。

しかし茶色・ブラウンの注意点として色のトーン・艶によって落ち着きすぎたり、暗い印象になることもあります。

必ず試着をするようにしてください。

茶色・ブラウンも結婚式の二次会・パーティー・入園・入学式・成人式と様々なシーンで着用できる人気の色柄です。

 

「茶色のスーツ」は仕事で使えるの?印象・雰囲気って?トレンドのブラウンスーツがおすすめの理由。

 

・「ウインドーペン」

 

ウインドーペンは「窓枠」の形をしたチェック柄で英国のクラシックな伝統柄です。

ウインドーペンのスーツは地の色がネイビーだと「若々しく」・「カジュアル感」を演出します。

地の色がグレーだと「クラシックな」・「大人な雰囲気」を演出します。

ウインドーペンの太さ・色によっても印象が変わります。

ウインドーペン・チェックは線が目立つ柄よりも「よく見ると柄が入っている」程度の柄のスーツが人気があり売れています。

 

3.高級感を求める人に売れているスーツの人気色柄

高級感・上質感を求める人に売れている色柄は

 

・「艶のある生地」

・「ピンヘッド」

・「茶色・ブラウン」

などです。

 

高級感・上質感を演出するには生地以外にも「仕立て」の良さが重要・前提となります。

仕立ての良いスーツは色柄に関係なく、見た目に高級感・上質感・立体感を与えてくれます。

生地が良くても仕立てが悪いと安っぽいスーツ に見えてしまいます。

スーツ選びの際は「仕立て」にも注意するようにしてください。

 

・艶のある生地

高級感・上質感を演出するには色柄よりも生地自体の良さが必要です。

艶のある生地は糸の原毛が細く、番手が高いものが多いです。

原毛の細い生地を見分けるには「Super120」・「Super110」・「Super100」といった「Super」表記で確認することができます。

「Super表記」は数値が高くなるほど原毛が細くなります。

数値が高くなればなるほど、艶・滑らかさは出ますが、デメリットとして摩擦などに弱くなり耐久性に欠けてしまいます。

着る頻度が少ない人は「Super」の数値が高いスーツで問題ありません。

着る頻度が多い・普段使いのスーツで人気があるのは「Super100」〜「Super120」ほどです。

「Super」表記を確認するには製品に付いているタグなどで確認することごできます。

他にも艶感を演出するスーツは「シルク」・「モヘヤ」といった上質な素材を混紡することで艶感を演出する生地。

「レダ-シルキーエフェクト」といった光沢感を出す加工を施した生地などがあります。

艶のある生地は周囲のスーツと並んだ際、良いスーツとわかりやすいです。

仕立てが良く、艶感のあるスーツは「高級感」・「上質感」を求める人には向いている生地です。

 

スーツ-イタリアの人気生地「REDA-レダ」の評判ってどうなの?特徴まとめ

 

・ピンヘッド

 

ピンヘッドはピンの頭を散らしたような柄。

ピンヘッドはクラシックなスタイルを演出し、イギリスの王道な柄です。

遠くから見ると無地に見え、近くで見ると柄が入っている。

無地に飽きた人、ストライプでもチェックでもない大人しい柄を好む人に最適です。

ピンヘッドは高級感・上質感を演出する上品な柄のため人気があります。

多くの有名ブランド・ハイブランドでも使用されています。

 

・茶色・ブラウン

茶色・ブラウンは上記でご紹介したように「スタイリッシュさ」・「柔らかさ」があるため、着用すると「温和」で「優しい」印象になります。

それ以外にも茶色・ブラウンのスーツは高級感・上質感も演出できるため人気があります。

 

4.大人の雰囲気・クラシックさを求める人に売れているスーツの人気色柄

大人の雰囲気を求める人に売れている色柄は

 

・グレンチェック

・千鳥

 

・グレンチェック

グレンチェックはスコットランドの「グレナカートチェック」の略とも言われており、英国の伝統柄です。

大小の千鳥格子柄・ヘアラインの格子柄を組み合わせた柄です。

グレンチェックは英国の皇太子ウィンザー公も愛用したこともあり、「上品さ」・「清潔感」があります。

ウィンザー公が英国の王子だった頃に愛用していたブルーの格子柄が入ったグレンチェックは「プリンス・オブ・ウェールズ」と呼ばれています。

「上品さ」・「清潔感」がある伝統柄のグレンチェックはクラシックスタイル・大人の雰囲気を求める人に人気があります。

 

・千鳥

千鳥とは日本では鳥が飛んでるように見えるため、「千鳥」と言われ、海外では猟犬の牙に見えるということで「ハウンドトゥース」と言われています。

千鳥柄のスーツは遠目から見ると無地のように見え、近くで見ると柄が入っているため、大人しめの柄を求められる人に人気があります。

千鳥柄は白と黒を組み合わせた生地が定番ですが、上記のように茶色との組み合わせ、ブルーを組み合わせた様々な生地があります。

どの色の組み合わせでも千鳥のスーツは着用すると「上品さ」があるため大人の雰囲気を求められる人には一着は持っておきたいスーツの一つです。

 

5.本当に売れているスーツの色柄まとめ

印象や用途に合わせた人気のある色柄をご紹介しました。

皆様のビジネスシーン・使い方は様々ですが、

その中でも本当に売れているスーツの色柄は見た目に「高級感」があり、「大人しめ」の色柄です。

ビジネスシーンでは派手な色や柄は使いにくい、目立つ、恥ずかしい、コーディネートしずらいという意見が多いため、派手な色柄はあまり売れません。

派手な色柄で悩む人も多いですが、最終的に「高級感がある大人しい柄」を選ぶ人が多い傾向です。

「無地で高級感があるスーツ」・「大人しい柄で高級感を演出できるスーツ」が本当売れているスーツです。

着たいスーツがない、どんなスーツを選べば良いかわからないという人は「高級感」・「大人しめの柄」をキーワードにスーツを探されたらどうでしょうか?

周囲と違うスーツ・周囲と差をつけたいという人は派手めの色柄・形・コーディネートで差をつけられたら良いと思います。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

スーツにこだわると毎日スーツを着るのが楽しくなり、仕事のモチベーションも高まります。

尚且つ誰かにスーツを褒められたら嬉しいものです。

仕事で一層活躍するために今回ご紹介した内容を役立て頂けたら幸いです。

 

 

-ファッション, 生地

© 2021 Business Fashion MEN'S