お直し・修理・保管・洗濯 サイズ スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【スーツの肩幅はお直し・修理できるのか?】料金・知っておきたい注意点をご紹介。

スーツの肩幅はお直し・修理できるのか?

スーツは「肩で着る」と言われるほどスーツの肩幅のサイズ合わせは重要です。

肩幅のサイズが合っていないと見た目はもちろん、着心地が悪く肩凝りや疲れやすい原因になってしまいます。

スーツを着こなす上で大事な肩幅。

体型が太ってしまってしまってきつい、痩せたのでぶかぶか、肩が落ちるという体型の変化によって肩幅をお直し・修理をしたいと希望する人も多いのではないでしょうか。

「スーツの肩幅はお直し・修理で大きく小さくできるのか?」

「スーツの肩幅のお直し・修理料金はいくらくらいするのか?」

「知っておきたい注意点はあるのか?」

スーツの肩幅のお直し・修理についてわからない人に向けて、スーツの肩幅は修理できるのか?料金はどれくらいするのか?知っておきたい注意点をご紹介します。

 

目次

1.スーツの肩幅はお直し・修理はできるのか?

3.スーツの肩幅のお直し・修理で知っておきたい注意点

4.スーツの肩幅のお直し・修理料金

5.まとめ

 

1.スーツの肩幅はお直し・修理はできるのか?

スーツの肩幅は小さくは修理できますが大きくお直し・修理することはできません。

太ってしまって肩幅がきつい場合は残念ながら諦めるしかありません。

痩せてしまって肩幅が大きい場合は肩幅を小さくサイズ調整することができます。

スーツのジャケットのお直し・修理は小さくするというサイズ調整以外にも肩パットを抜いてノーパッドの仕立てにする、肩パットを入れて男性らしさを演出するといったお直し・修理もすることができます。

いかり肩の人が肩パットを抜くノーパット仕様にするとスーツの印象が柔らかい雰囲気になります。

反対になで肩の人が肩パットを入れると男性らしさ、ガッチリとした雰囲気になります。

 

スーツを買うなら【パターンオーダー・サイズオーダー】。年齢・体型問わず愛されるメリット・人気の秘密をご紹介。

 

2.スーツの肩幅のサイズの目安

スーツの印象・着心地は肩で決まると言われるため、肩のサイズ合わせは重要です。

肩幅を綺麗に合わせると正面・後ろ姿のシルエットも綺麗で清潔感が出ます。

着心地では重さを感じにくく着心地が良いです。

これから肩幅をツメるお直し・修理を検討している人に肩幅のサイズ合わせの目安をご紹介します。

ジャケットの肩幅と自分の肩の先がちょうど合うのが良いとされます。確認方法としてはジャケットの肩をつまんで1センチほどの余裕があるのがおおよその目安です。

肩幅を大きくつまむことができるなら肩幅が大きいので肩幅を小さくツメられた方が良いです。

背中の脇の下のシワを気にする人がいますがこのシワは「ダキ」と言って腕を動かすのに必要なゆとりなので気にする必要はありません。

 

【スーツのジャケットのお腹周りはお直し・修理はできるの?】料金・注意点をご紹介。

 

3.スーツの肩幅のお直し・修理で知っておきたい注意点

スーツの肩幅のお直し・修理は小さくするサイズ調整、パットを入れる、抜くといったことができますが知っておきたい注意点があります。

 

・注意点①

スーツの肩幅のお直し・修理は高い技術力が要求されるお直し・修理方法です。

技術力が低いところですると仕上がりが綺麗でない場合があります。

 

・注意点②

スーツの肩幅のお直し・修理はサイズ調整で小さくすることができますが、小さくできても1センチ〜2センチほどです。

極端に小さくするお直し・修理はシルエットが崩れてしまうので知っておきたい注意点です。

 

・注意点③

スーツのノーパッドのジャケットに肩パットを入れるお直し・修理方法はなで肩や男性らしさ、真面目さを演出したい人におすすめです。

肩パットは入れる量によって雰囲気が変わります。

スーツのノーパッドのジャケットに肩パットを入れるとしたら何センチほど入れたら良いのかわからない、悩む人は多いと思います。

肩パットが入っているスーツのジャケットのパットの厚みは0.5センチ〜1.0センチほどが多いです。肩パットを入れるなら0.5センチ〜1センチがおすすめです。

1.5センチ以上の厚みのある肩パットを入れてしまうと人によってガッチリとした重々しい印象、シルエットが崩れることがあるので注意が必要です。

 

・注意点④

肩パットが入ったスーツのジャケットから肩パットを抜いてノーパッドにするお直し・修理方法はいかり肩の人や柔らかい、軽快な雰囲気を演出したい人におすすめです。

スーツのジャケットの肩パットが入っているか入っていないかで見た目の印象は大きく変わります。

いかり肩の人は元々ガッチリとした印象でパットの入った男性らしいジャケットを羽織ると威圧感や重々しさが出ることがあります。

いかり肩の人や威圧感のある人は肩パットを抜くことによって柔らかさ、軽快さを演出してくれます。

なで肩の人は穏やかな印象でノーパットにしてしまうと人によっては頼りなく見えてしまうことがあります。

肩パットのお直し・修理をする際は自分の体格に合わせてお直し・修理をするように注意が必要です。

 

【スーツのジャケットだけ残った。】スーツのパンツ・ズボンが破れた後のジャケットの使い方・使い道をご紹介。

 

4.スーツの肩幅のお直し・修理料金

スーツの肩幅のお直し・修理料金は店舗・リフォームショップ・内容によって変わるので一概に料金がいくらというのはわかりません。おおよその目安をご紹介します。

スーツの肩幅のお直し・修理料金はおおよそ¥6.000円ほど〜¥10.000円ほど。

肩幅のパット入れはおおよそ¥3.000円ほど〜。

スーツの肩幅のお直し・修理は技術力が必要であり料金も高いのでお直し・修理をする前に注意点を理解してからするようにしてください。

お直し・修理料金はご紹介した料金よりも高くなる場合や安くなる場合があります。

詳しい金額は店舗・リフォームショップで確認するようにしてください。

 

【スーツのパンツの裾幅・膝幅・ふくらはぎは細くスリムにお直し・修理できるの?】料金・注意点をご紹介。

 

5.まとめ

スーツの肩幅のお直し・修理についてご紹介しました。

スーツの肩幅は小さくツメることはできますが、残念ながら大きくすることはできません。

スーツの肩の修理は高い技術力が要求されるためサイズ調整をするとしても1センチほどが良いです。

極端にツメると肩幅以外にもお直し・修理が必要となり料金が高くシルエットも崩れてしまいます。

過度なお直し・修理をするなら余程の思い入れがない限り避けられた方が良いと思われます。

スーツのジャケットの肩はサイズ調整以外にも肩パットを入れる抜くといったお直し・修理をすることができます。

普段からの印象で威圧感が出る、頼りない印象が出て困っている人は肩パットを調整することで印象を変えるのも一つの方法です。

今回ご紹介した内容が皆様のスーツの肩幅のお直し・修理に役立てば幸いです。

-お直し・修理・保管・洗濯, サイズ, スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S