スーツ スーツ色 ビジネスカジュアル ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【講演会・セミナー・説明会を飾るスーツ】講演者の心掛け・恥をかかない服装選び・シチュエーション別の着こなしをご紹介

<講演会・セミナー・説明会を飾る講演者のスーツ>心掛け・スーツ選び・シチュエーション別着こなしをご紹介

人の注目を集める講演会・セミナー・説明会・イベント。

初めての講演、講演側に慣れていない人は「いったいどんな服装が適しているのか?」、「どんな着こなしをすればいいか?」と服装選びに悩むことだと思います。

実際にスーツを販売する私の元にも「今度講演やセミナー、説明会、イベントをするがどんな服装が良いかわからない」と来店される男性は多いです。

講演者・講師側は基本スーツ・ビジネスカジュアルといった服装が基本です。

基本のなかで講演会・セミナー・説明会・イベントの参加者の年齢、講演内容といったシチュエーションによって選ぶスーツ、着こなし方が変わってきます。

講演会・セミナー・説明会・イベントを控え、スーツ選び・着こなしにお困りの人に向けて「講演者の心掛け・恥をかかないスーツ選び・シチュエーション別の着こなしについてご紹介します。

 

目次

1.講演会・セミナー・説明会での服装の基本と心掛ける着こなし

2.講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツ選びのポイント

3.講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツの色のポイント

4.講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツの柄のポイント

5.講演会・セミナー・説明会でのシチュエーション別着こなし

6.講演会・セミナー・説明会で取り入れたい見映えが良くなるアイテム

7.講演会・セミナー・説明会用のスーツはどこで買えば良いのか?

 

1.講演会・セミナー・説明会での服装の基本と心掛ける着こなし

講演会・セミナー・説明会での服装の基本はスーツ・ビジネスカジュアル。

ジャケットの着用が基本となります。

服装の着こなしとして心掛けたいことは「清潔感のある着こなし」です。

講演会・セミナー・説明会の参加者は貴重な時間を設けて講演者の話を聞いてくれています。

Tシャツやジーンズなどのカジュアル度が高い服装やラフな服装は講演会・セミナー・イベントに来てくれている参加者に失礼にあたります。

シワだらけのスーツ、黄ばんだワイシャツ、汚れた靴も清潔感に欠け失礼です。

ラフな服装、清潔感に欠ける服装は参加者に失礼というだけでなく講演者・講師側にもデメリットです。

講演者、講師側は伝えたいことがあって講演をおこないます。

講演はどんな人が話すかによって伝わり方、理解度が変わります。

話す内容が一緒でも清潔感がある人、清潔感がない人とでは伝わり方が変わります。

清潔感に欠けた服装や服装が軽い講師が話す内容は参加者から聞き入れられず信じてもらえません。

そのため講演会・セミナー・説明会で信用を得るならスーツ・ビジネスカジュアルといった清潔感のある服装が基本になります。

私の元に講演会・セミナー・説明会・イベントでの服装を相談しに来てくれた男性には必ずスーツ・ジャケットを提案しています。

 

2.講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツ選びのポイント

講演会・セミナー・説明会でスーツ選びを失敗してしまうと大勢の前で恥をかきイベントは失敗してしまいます。

講演会・セミナー・説明会を失敗しないためにもスーツ選びは重要です。

スーツ選びで意識したいポイントは「派手すぎない地味すぎない色柄」、「身体に合うサイズ」のスーツを選ぶということがポイントです。

スーツ選びが派手すぎてしまうと軽薄な印象になり地味すぎると暗い印象になってしまいます。

身体に対して細すぎる、太すぎるサイズのスーツは見た目がチープ、野暮ったい、仕事ができないように見えてしまいがちです。

スーツは選ぶ色柄・サイズによって印象が大きく変わります。

清潔感に溢れ尚且つキッチリと見えるスーツを選ぶことが講演会・セミナー・説明会の成功に近づきます。

私は講演会・セミナー・説明会でスーツを求める男性には「派手すぎない地味すぎない色柄」、「身体に合うサイズ」のスーツをおすすめしています。

 

【スーツ着こなし】上品さ・高級感を演出するサイズの選び方をご紹介。

 

3.講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツの色のポイント

講演会・セミナー・説明会で恥をかかないスーツの色のポイント「ネイビー」・「グレー」です。

「ネイビー」・「グレー」のスーツは基本色で王道、ベーシックなため嫌悪感を抱く人はほぼいないです。

嫌悪感を抱く人がいればかなり稀です。

「ネイビー」・「グレー」といっても色の濃さによって印象が変わります。

 

◇ネイビー

ネイビーは基本的に清潔感、誠実な印象を演出してくれます。

色が濃いネイビーは誠実で真面目な印象、色が明るいネイビーは若々しく爽やかな印象になります。

 

【仕事で必ず持っておきたいスーツ】紺無地スーツがおすすめの理由をご紹介。

 

◇グレー

グレーは基本的に落ち着いた貫禄のある大人の印象を演出してくれます。

色が濃いグレーは貫禄と大人の印象、色が明るいグレーは華やかさを演出してくれます。

中間色のミディアムグレーは落ち着いた堅実な印象になります。

特に個人的なおすすめとして「ネイビーのスーツ」がおすすめです。

ネイビーは万能色であるためコーディネートがしやすく「若々しさ」、「清潔感」を演出しやすいです。

グレーも貫禄、落ち着きを演出してくれるので堅い講演会・セミナー・説明会に良いですが、着る男性によっては老けて見えることがあります。

 

【グレーのスーツは仕事で使える?】印象・おすすめ生地・コーディネート方法をご紹介。

 

4.講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツの柄のポイント

講演会・セミナー・説明会での恥をかかないスーツの柄のポイントは「無地」、「無地ベース」、「ストライプ」。

「無地」もしくは「無地ベース」のスーツはキッチリとした印象になるので清潔感、誠実さが求められる講演会・セミナー・説明会に向いている柄です。

「ストライプ」のスーツは縦線の効果からシャープな体型に見せてくれ、スタイリッシュな見た目に演出してくれます。

しかし注意したいのが「ストライプの太さと濃さ」。

ストライプが太い、濃いと威圧感が出てしまい、見た目も派手な印象になってしまうので講演会・セミナー・説明会での着用には注意して避けられた方が賢明です。

ストライプを選ぶ場合は目立ちにくい「シャドーストライプ」が良いです。

 

5.講演会・セミナー・説明会でのシチュエーション別の着こなし

講演会・セミナー・説明会のスーツの着こなしは講演に参加する参加者への講演内容、年齢のシチュエーションによって変わってきます。

講演会・セミナー・説明会に参加される人が自分より年上、年配、講演内容が金融関連、人材育成といった堅い内容の場合は「清潔感」、「品格」、「キッチリ」としたスーツの着こなしが良いです。

スーツの色柄でいえば「暗めの紺の無地」、「暗めの紺の無地ベース」、「チャコールグレーの無地」、「チャコールグレーの無地ベース」といった清潔感、品格、キッチリ感のある色柄を選ばられる方が参加者の記憶に残りやすいです。

続いて講演会・セミナー・説明会に参加される人が自分より年下、カジュアルな内容、親しみを持たれることを目的とした場合は「清潔感」、「柔らかさ」、「親しみ」を持たれるスーツの着こなしが良いです。

スーツの色柄でいえば「明るめの紺・ブルーの無地」、「明るめの紺・ブルーの無地ベース」、「明るめのグレーの無地」、「明るめのグレーの無地ベース」。

スタイリッシュさのある「紺・グレーのシャドーストライプ」を選ばられる方が参加者に親しみを持たれやすいです。

またスーツでなくビジネスカジュアルやオフィスカジュアルといったジャケットとパンツが別々のジャケパンスタイルはラフすぎず「清潔感」、「柔らかさ」、「親しみ」を持たれやすいです。



【講演会・セミナー・説明会を飾るネクタイ】失敗しないネクタイの選び方をご紹介

 

6.講演会・セミナー・説明会で取り入れたい見映えが良くなるアイテム

講演会・セミナー・説明会でコーディネートに取り入れると見映えが良くなるアイテムは「ポケットチーフ」です。

スーツ・ビジネスカジュアルのどちらの着こなしをするにしても「ポケットチーフ」は必ず取り入れたい必須アイテムです。

ポケットチーフはスーツに挿すだけで見映えが「凛々しく」なり、「高級感」を生み出し「上品さ」を演出してくれます。

ポケットチーフは挿すことでジャケットの胸元に立体感を作ってくれます。

この立体感こそが「高級感」を生み出してくれます。

ポケットチーフの合わせ方、コーディネート方法はネクタイの色、シャツの色に合わせると全体に統一感が出ます。

「ポケットチーフ」はスーツに挿すだけで印象がかなり変わるので絶対に挿すことをおすすめします。

【グレーのスーツは仕事で使える?】印象・おすすめ生地・コーディネート方法をご紹介。

 

7.講演会・セミナー・説明会用のスーツはどこで買えば良いのか?

講演会・セミナー・説明会での心掛け、恥をかかないスーツの選び方、シチュエーション別の着こなしをご紹介しました。

ご紹介した内容のスーツをお持ちであれば問題ありませんが、お持ちでない男性は「スーツはどこで買えば良いのか?」と悩むと思います。
講演会・セミナー・説明会は人の注目が集まるので「上品」、「高級感」のあるスーツ選びが重要です。

そのためスーツを購入するなら「百貨店のブランドショップ」、「セレクトショップのスーツ」がおすすめです。

百貨店にはブランドのスーツが多く入っています。

 

【百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ】五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc

 

セレクトショップにはセレクトショップオリジナルスーツからインポートのスーツが展開されています。

個人的におすすめしたいのが「セレクトショップのスーツ」。

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

百貨店は多くのブランドが入っていますが着比べるとなるとさまざまなブランドショップをまわらなければなりません。

セレクトショップでは一つのお店でセレクトショップオリジナルからインポートのスーツといったさまざまなスーツを着比べることができ、尚且つオーダースーツを作ることができます。

そのため講演会・セミナー・説明会でのでのスーツ選びは「セレクトショップ」がおすすめです。

<講演会・セミナー・説明会を飾る講演者のスーツ>心掛け・スーツ選び・シチュエーション別着こなし、購入場所をご紹介しました。

今回ご紹介した内容が皆様の講演会・セミナー・説明会のスーツ選びの参考になれば幸いです。

 

-スーツ, スーツ色, ビジネスカジュアル, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , , , , , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S