ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド 革靴・ビジネスシューズ

【ジーエイチバス(G.H.BASS)】ローファーといえば愛されるブランドの特徴・人気をご紹介。

ビジネスシーン、カジュアルシーンと使えるローファー。

ローファーといえば「ジーエイチバス(G.H.BASS)」と言われるほど有名であり人気があるブランドです。

「ジーエイチバス(G.H.BASS)」はどんなブランドなのか?特徴なのか?

ローファーのブランドをお探しの男性に向けて「ジーエイチバス(G.H.BASS)」の特徴についてご紹介します。

 

目次

1.ジーエイチバス(G.H.BASS)とは?

2.ジーエイチバス(G.H.BASS)の特徴とは?

3.ジーエイチバス(G.H.BASS)の人気モデル

4.ジーエイチバス(G.H.BASS)はどこで買えるのか?

5.ジーエイチバス(G.H.BASS)の価格

6.ジーエイチバス(G.H.BASS)を履いてみた感想

 

1.ジーエイチバス(G.H.BASS)とは?

ジーエイチバス(G.H.BASS)とは現在多くの人が愛用するローファーを世界で始めて生み出した元祖のブランドです。

ジーエイチバス(G.H.BASS)の歴史は長くスタートから100年以上の歴史があります。

1876年にジョージ・ヘンリー・バスがアメリカのメイン州ウィルトンで設立。

創業者であるジョージ・ヘンリー・バスがブランド設立したきっかけはブランド設立前までに働いていた靴屋。

そこで労働者やアウトドアシューズの出来に疑問を感じ、自ら靴を作ることを決意したことがブランドのはじまりです。

ジーエイチバス(G.H.BASS)は耐久性の高い革を使ったブーツやローファーを作ることに成功。

1936年に誕生した世界初のローファー「WEEJUNS-ウィージャンズ」は1950年代にアイビールックで爆発的な人気を獲得。

アイビーリーグに所属する学生のマストアイテムとなりました。

※アイビーリーグとはアメリカ東海岸の私立大学8校によって結成されたフットボール連盟。

※アイビールックとはアイビーリーグに所属する各校の学生が好んでいた服装をアイビールックと命名。

アメリカントラディショナルの一つであり、3つボタンの段返りのブレザーやボタンダウンシャツ、細身のコットンパンツ、ローファーが象徴的なアイテムとして知られています。

ジーエイチバス(G.H.BASS)の「WEEJUNS-ウィージャンズ」はスーパースターであるマイケルジャクソン氏が白ソックスで履いたことやジェームスティーンも愛用したことで知られています。

ジーエイチバス(G.H.BASS)といえばローファーのイメージが強いですがアウトドアやミリタリー向けにタフなシューズも手がけていました。

20世紀初頭には南極探検の部隊が着用していたといわれています。

第一世界大戦時にはアメリカ空軍のパイロットブーツを作り、第二次世界大戦時にはアメリカ陸軍が防寒ブーツとしてジーエイチバス(G.H.BASS)のブーツを着用しました。

ジーエイチバス(G.H.BASS)とは世界初のローファーを生み出したブランドであり、有名人の着用、アメリカの歴史のなかでも数々の場面で着用されてきた人気老舗ブランドです。

 

【仕事の革靴選びに迷ったらスコッチグレイン】ファンを多く持つブランドの特徴・人気をご紹介。

 

2.ジーエイチバス(G.H.BASS)の特徴とは?

ジーエイチバス(G.H.BASS)の特徴とは100年以上の歴史で培われた高い技術力から生み出される本格のローファーがリーズナブルな価格で手に入る「コストパフォーマンスの良さ」が特徴です。

昨今革靴の価格は年々上昇傾向にあります。

しかしジーエイチバス(G.H.BASS)はコスト削減のため革の質を落とすということなく同等の価格をキープしています。

リーズナブルな価格ながらも上質な革を使用し長い歴史で培われた技術によって高品質な革靴を生み出しています。

ジーエイチバス(G.H.BASS)の価格帯の革靴であればアッパー(甲部分)とソール(靴底)を接着剤で貼り合わせるセメント製法や縫製、素材など手を抜いているところも多いです。

ジーエイチバス(G.H.BASS)はソールを貼るのでなく縫製によって底付けをして素材にも力を入れています。

ジーエイチバス(G.H.BASS)の多くのモデルではガラスレザーを採用しているのでエナメル靴のような光沢でなく、しっとりした上品な艶も特徴です。

高品質な素材、熟練のクラフトマンシップによって生み出されるジーエイチバス(G.H.BASS)の革靴は価格に見合わないコストパフォーマンスに優れた革靴を展開しています。

 

【革靴特集】WH(ダブルエイチ)とはどんなブランド?人気・特徴をご紹介。

 

3.ジーエイチバス(G.H.BASS)の人気モデル

ジーエイチバス(G.H.BASS)のローファーにはいくつかモデルがあります。

ジーエイチバス(G.H.BASS)のローファーを購入するなら人気モデルを選びたいと思います。

ジーエイチバス(G.H.BASS)の人気のあるモデルをご紹介します。

 

◇ ジーエイチバス(G.H.BASS)の人気モデル

・ローガン(LOGAN)

ローガンはジーエイチバス(G.H.BASS)を象徴するモデルです。

ローガンは直接ソールを縫いつけるマッケイ製法で作られるスリッポンタイプのコインローファー。

コインローファーの顔であるサドルはベーシックなハーフサドル仕様。

コインローファーといえばハーフサドル仕様が多く、あらゆるコーディネートに馴染みます。

履き口は大きくスニーカーのような快適な履き心地の良さがあります。

小ぶりなラウンドトゥシルエットは洗練された雰囲気を演出してくれます。

 

ジーエイチバス G.H.BASS PENNY LOGAN 490280 490264 Eワイズ ペニー ローガン ブラック バーガンティ タン ワイン ローファー カジュアル ドレス シューズ 革靴 メンズ【送料無料】

価格:11,990円
(2021/8/18 21:21時点)
感想(373件)

 

・ラーソン(LARSON)

ラーソンは上記でご紹介した「ローガン」をベースにしたサドルが印象的なモデル。

※サドルとは甲部分のあて革

革がソールまで伸びているのが「フルサドル」、モカシン縫いでかぶせ縫いをしているものがかハーフサドル」と言われています。

ラーソンはハーフサドルの両端をモカシン縫い部分に巻き留めたようなデザインになっています。

巻き留めたデザインはビーフロールと呼ばれ、ボリューム感がありカジュアルな印象を演出できるモデル。

 

ジーエイチバス G.H.BASS LARSON ラーソン ブラック ワイン バーガンディ タン ローファー メンズ【送料無料】

価格:15,400円
(2021/8/18 21:22時点)
感想(89件)

・ラーキン(LARKIN)

ラーキンは甲部分に房飾りが付いたタッセルローファー。

タッセルローファーはビジネスマンや弁護士が愛用したことから「弁護士の靴」とも呼ばれているローファーです。

ラーキンは小ぶりなタッセル、ジーエイチバス(G.H.BASS)ならではのモカシン縫い、シャープなラウンドトゥの定番モデルのひとつです。

コインローファーとは違った上品さを演出してくれます。

 

【革靴人気ブランド特集】アパレル経験10年以上の筆者がオススメする一流・オシャレな男性から仕事で支持される靴ブランドまとめ

 

4.ジーエイチバス(G.H.BASS)はどこで買えるのか?

ローファーの元祖、人気のローファーということでジーエイチバス(G.H.BASS)にチャレンジしてみたいという男性も多いです。

しかしジーエイチバス(G.H.BASS)をどこに見に行けば良いのかわからない人も多いです。

ジーエイチバス(G.H.BASS)は公式オンラインストア、多くのセレクトショップで取り扱われています。

なかにはセレクトショップオリジナルのジーエイチバス(G.H.BASS)も展開されています。

 

5.ジーエイチバス(G.H.BASS)の価格

ジーエイチバス(G.H.BASS)の価格はモデルや形によって違います。

ジーエイチバス(G.H.BASS)の価格を公式のオンラインストアで見てみるとおおよそ¥1万円後半〜¥2万円後半で販売されています。
※価格は変わることがあるので詳しくは公式オンラインストアや取扱い店舗で確認するようにしてください。

 

6.ジーエイチバス(G.H.BASS)を履いてみた感想

筆者自身がジーエイチバスを履いてみた感想は足馴染みも良く2万円台では本当にコストパフォーマンスに優れていると感じます。

スーツスタイルやジャケパンスタイルのビジネススタイル、綺麗めな服装と合わせるカジュアルなスタイルでも使えるのでオンオフのどちらのシーンでも使うことができます。

筆者が働いているお店でもジーエイチバス(G.H.BASS)を求めて来店される人もいるほど人気があります。

ローファーを探されている人に提案すると価格面、履きやすさから気に入って頂けることも多いです。

ジーエイチバス(G.H.BASS)を知らない人にローファーの元祖とお話しすると驚く人もいます。

高品質でリーズナブルなローファー、コストパフォーマンスに優れた人気のローファー、ローファーの元祖を味わってみたい男性は一度ジーエイチバス(G.H.BASS)にチャレンジされてみてはどうでしょうか。

 

 

-ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド, 革靴・ビジネスシューズ
-, , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S