ビジネスシューズ ファッション ブランド 革靴・ビジネスシューズ

【仕事の革靴選びに迷ったらスコッチグレイン】ファンを多く持つブランドの特徴・人気をご紹介。

※画像はイメージになります。(以下の画像含む)

 

ビジネスシーンで多くの男性に利用される革靴。

革靴は自分自身の印象を左右する大事なアイテムです。

良い革靴は「見映え」、「履き心地の良さ」、「耐久性」があり、何年も履くことができます。

身だしなみに気を付けている男性は年齢を問わず革靴選びに力を入れています。

革靴のブランドは多くあり、有名ブランドの革靴の価格は10万円前後するため、どのブランドを選べば良いかわからないと革靴選びに苦労する男性は多いです。

革靴選びに困ったら「スコッチグレイン-SCOTH GRAIN」がおすすめです。

「スコッチグレイン-SCOTH GRAIN」とはいったいどんなブランドなのか?

特徴・人気・評判はどうなのか?

革靴選びに困っている男性に向けてスコッチグレインについてご紹介します。

目次

1.スコッチグレイン-SCOTH GRAINとは?

2.スコッチグレイン-SCOTH GRAINの特徴とは?

3.スコッチグレイン-SCOTH GRAINの人気・評判

4.スコッチグレイン-SCOTH GRAINのモデル

5.スコッチグレイン-SCOTH GRAINのおすすめのモデル

 

1.スコッチグレイン-SCOTH GRAINとは?

「スコッチグレイン-SCOTH GRAIN」を展開するのは1964年に東京で創業したヒロカワ製靴。

創業から50年以上の歴史を持つ「日本ブランド」です。

ヒロカワ製靴は本社に併設された工場で企画から製造、販売まで自社で一貫。

2000年からはスコッチグレインのみ生産をしています。

伝統と品質を守り上質な革靴を提供する高品質で日本人が履きやすいことで知られる有名な日本ブランドです。

ブランド名であるスコッチグレインの由来はスコッチグレインレザーと言われるレザーの加工の一種からきています。

スコッチグレインレザーとは表面に細かい粒状、割れた模様のように刻まれる皮革の加工方法です。

略してスコッチグレインとも呼ばれ、ここからブランド名がきているともいわれています。

スコッチグレインで展開されているのはビジネスシューズが大半ですが、カジュアルで履けるデザイン性の高い靴も展開しています。

 

日本が誇る高品質ブランド。【三陽山長】の革靴は有名?特徴・人気・評判をご紹介。

 

2.スコッチグレイン-SCOTH GRAINの特徴とは?

スコッチグレインは「素材の良さ」、「履き心地の良さ」、「何年も履ける」、「コストパフォーマンスに優れている」のが特徴です。

 

・素材の良さ

スコッチグレインは全ての素材にこだわっていますが、なかでも革にこだわっており、上質なことで知られています。

スコッチグレインで使われるレザーは国産、フランス、ドイツ、イタリア、イギリス産のこだわったものが使用されています。

なかには海外の有名ブランドでも使われている革も使用しています。

スコッチグレインで使われる革は社長が世界を歩き回り、見て触って厳選した皮。

世界の厳選したタンナーと直接契約して出来る限り自社で加工しています。

そのため上質な革を使っていてもコストが抑えられているため、上質なものが安定して提供できています。

スコッチグレインでは皮屋から入ってきた皮は入念に検品されており、品質管理も徹底されています。

正規で使えないものはアウトレットにして無駄をなくしコストを抑えています。

スコッチグレインではシリーズによって革の質は変わりますが、足に直接触れる「ライニング」は同じ物が使われています。

ライニングには吸湿性の高いこだわりの牛革を使用しています。

ライニングはメーカーによって設けられていないところもありますが、スコッチグレインでは全面的にライニングを使用しています。

ライニングを取り入れることで、汗の吸収の促進、蒸れの軽減、歩行サポートに繋がるため、履きやすさ、使いやすさがあります。

スコッチグレインでは妥協を許さない素材へのこだわりと徹底した品質管理によって、「素材の良さ」、「コストパフォーマンスの良さ」を生み出しています。

 

・グッドイヤーウェルト製法

スコッチグレインの革靴は大切に長く愛用して欲しいということから、作りでは「グッドイヤーウェルト製法」にこだわっています。

革靴の製法はご存知の人も多いかもしれませんが、様々ありグッドイヤーウェルト製法もその一つです。

グッドイヤーウェルト製法はアッパーと言われる靴の上部と縫代の役割を持つ細い帯状の革のウェルト、足裏が接する中底を一本の糸ですくい縫いする製法です。

グッドイヤーウェルト製法で仕立てた革靴は重量のあるガッチリとした靴です。

イギリス・アメリカの革靴に多く見られる製法です。

グッドイヤーウェルト製法で仕立てた革靴は実用性、耐久性に優れ、ソール交換などのメンテナンスが可能。

何年も履くことができるため長く愛用することができる特徴があります。

スコッチグレインのグッドイヤーウェルト製法ではコルクとシャンクにもこだわることで長く愛用でき、快適な履きやすさを実現しています。

グッドイヤーウェルト製法では革靴の中にクッション材としてコルクを入れるのが一般的ですが、劣化するというデメリットがあります。

スコッチグレインでは劣化しにくい弾力性のあるスポンジを使用。

土踏まず部分に用いられるシャンクには金属でなく、プラスチック製のシャンクを使用することで強度と軽量化を実現。

コルクとシャンクにこだわることで快適な履きやすさと耐久性を底上げしています。

 

・木型

革靴は上質な革を使っても日本人の足に合わなければ良い靴とは言えない。

有名なブランドの高価な革靴を購入しても足に合わなければ履き心地は悪く長く使うことはできません。

スコッチグレインでは日本人に合わせた履きやすい革靴を製作しています。

革靴が自分の足に合うかどうかは木型が大きく関わってきます。

木型とは靴を作るための形、デザインの原型となるものです。

スコッチグレインでは日本人に合わせた快適な履き心地を実現するため、熟練の靴職人が経験をもとにコンマ数ミリ単位の削り出しによって木型を製作しています。

創業時から作られた木型は1万足以上に及んでいます。

木型作りでは販売店からフィードバックによって流行と日本人の足の変化に合わせて歩行の癖までを研究。

日本人に合わせた快適な履き心地の良さを追求しています。

スコッチグレインの革靴には「履きやすさ」、「長年愛用してもらう」ためのこだわりが詰まっています。

 

【5万円前後で永く履ける革靴。】日本人のために作られた「シェットランドフォックス」がおすすめ。

 

3.スコッチグレイン-SCOTH GRAINの人気・評判

スコッチグレインの革靴は新入社員、中堅社員、ベテラン社員と年齢に関係なく人気・評判が良いブランドです。

スコッチグレインは「素材」、「品質」、「作り」に妥協なくこだわっていながらも価格が高すぎず、高品質ながらも価格が抑えられています。

「高品質」で「手が出しやすい価格」、「コストパフォーマンスに優れている」のは人気・評判の良さの一つです。

スコッチグレインは日本人に合う「豊富なサイズ感」も人気・評判が良い理由です。

スニーカーや低価格の革靴だと「25.0」、「25.5」、「26.5」といった足の長さによってサイズを合わせるのが一般的です。

足の長さだけだと「長さはちょうどだが横が小さい。」

「足の横幅に合わせると縦の長さが長すぎておかしい。」

という経験されたことがある男性も多いと思います。

スコッチグレインでは足の長さに加えて横幅のサイズが広いのも用意されているので自分の足に合わせやすいです。

一度購入した男性からのリピーター率が高さ、世代を超えて愛されているのはスコッチグレインの品質の高さ、日本人の足型を考えて製作していることの証明ではないでしょうか。

スコッチグレインは「見た目」、「履きやすさ」、「耐久性」からあらゆる世代にファンを多く持つ人気・評判の良い「日本ブランド」です。

 

スーツに合う人気・安心・便利な革靴ブランド。【リーガル-REGAL】。特徴・人気・評判をご紹介。

 

4.スコッチグレイン-SCOTH GRAINのモデル

スコッチグレインのモデルは

◇「EXECUTIVE GRADE」

◇「PREMIUM GRADE」

◇「STANDARD GRADE」

を展開。

◇EXECUTIVE GRADE

・インペリアルフランス
テーマはフランス。
フランスを代表する高品質な素材を使用したハイエンドモデル。

・インペリアルプレスティージ
名前が示す通り権威のあるシリーズ。
最高級のカーフ、厳選素材を使用した最高級のシリーズ。

・インペリアルⅡ EEE
伝統のシリーズを受け継ぐ継承モデル。
革の質感とフォルムを極限まで考え抜き、気品を漂わせるフォルムに仕上げた一足。

・インペリアルⅡ E
スコッチグレインの顔。フラッグシップモデル。
スッキリとしたデザインはモード系との相性は抜群。

・インペリアルⅢ
ビジネスにもプライベートにも履ける一足。

・インペリアルブラック
徹底してブラックの質感と自然な艶にこだわった一足。

・インペリアルブラックⅡ
ブラックにこだわる人気シリーズ。
長年の歴史が細部までに詰まったこだわりの木型を使用した一足。

◇PREMIUM GRADE

・モデナ
ゾンダ社のミュージックカーフを使用した一足。

・オデッサ
細身の木型を用いたスタイリッシュなロングノーズ。シリーズ絶頂のクォリティ。

・オデッサⅡ
ロングノーズを継承しながらアッパーの品質を追求。ブローギングがⅡのテイスト

・ブローデンⅡ
上質な高級アッパーを採用したワイドモデル

◇STANDARD GRADE

・ベルオム
スタイリッシュさを持つシリーズ。

・ベルオムマーブル
大理石のような風合いの一足。

・アシュランス
美しいフォルムと履き心地のロングセラーシリーズ

・フレキシブル
ロングセラーシリーズ

・4Eウィズ
幅広、甲高でゆったりな履き心地

※カーフ・・生後6ケ月以内の仔牛から採れた革。

※ロングノーズ・・靴の先端が長い靴。

※ブローギング・レザーに穴を開けて装飾したもの。

 

5.スコッチグレイン-SCOTH GRAINのおすすめのモデル

スコッチグレインの革靴はご紹介したように様々なモデルがあります。

様々なモデルがあるため、どのモデル・形を買えば良いかわからない男性も多いと思います。

スコッチグレインで持っておいて損はない一足をご紹介します。

 

・アシュランス

スコッチグレインの定番でありロングセラーモデルの「アシュランス」

上質な革を使ったシンプルなデザインの内羽根のストレートチップは高級感があり、ビジネス・冠婚葬祭、どんなシーンでも使うことができます。

ソールの中心部にはノンスリップレザーを採用しているので、通常のレザーソールの革靴に比べて滑りにくいです。

 

【ふるさと納税】スコッチグレイン紳士靴「アシュランス」NO.3526 【ファッション・靴・シューズ】

価格:120,000円
(2020/4/19 22:18時点)
感想(0件)

・シャインオアレイン

ビジネスマンに悩みとして良い革靴は雨の日に履けないということ。

シャインオアレインシリーズは雨の日でも快適に履けるように高い撥水性を持たせたレザーとゴム製ソールを組み合わせた一足です。

通常の雨用の革靴は合皮などが多いですが、シャインオアレインは革を作る段階でフッ素を皮に染み込ませているので高級感ある見た目ながらも撥水性を併せ持っています。

 

【ふるさと納税】スコッチグレイン紳士靴「シャインオアレイン3」NO.2720 【ファッション・靴・シューズ】

価格:113,000円
(2020/4/19 22:19時点)
感想(0件)

・インペリアルブラックⅡ

インペリアルブラックⅡ はご紹介したようにブラックのシューズにこだわる人気シリーズです。

ワンランク上のブラックシューズを求める男性には向いている革靴です。

 

・インペリアルフランス・インペリアルプレスティージ

スコッチグレインの中でも最高級の見た目と履き心地を求める男性に人気のあるシリーズ。

結婚式・式典などのハレの日でもコストパフォーマンスを重視しながらも周囲と差をつけれることができるシリーズです。

 

革靴選びに迷う男性に向けて「スコッチグレイン-SCOTH GRAIN」の良さをご紹介しました。

どのブランドの革靴を履けばわからないとお困りの人は高品質の日本ブランドの革靴、スコッチグレインを検討されたらどうでしょうか?

今回ご紹介した内容が皆様の革靴選びの参考になれば幸いです。

-ビジネスシューズ, ファッション, ブランド, 革靴・ビジネスシューズ

© 2021 Business Fashion MEN'S