お直し・修理・保管・洗濯 インナー・シャツ・ニット ファッション 着こなし

【Tシャツ】首元がヨレヨレになってしまう原因と対策方法とは?

Tシャツは何故首元がヨレヨレになるのか?原因と対策方法をご紹介

ヨレヨレになってしまうTシャツの首元・襟。

いつもTシャツの首元・襟がヨレヨレになって着れなくなってしまうとお困りの人は多いです。

なかでもお気に入り、ブランド物のTシャツの首元がヨレヨレになってしまうと大変ショックです。

首元がヨレヨレになってしまうとオシャレ、いくら良いTシャツを着ていてもだらしない、貧相な印象になってしまいます。

買ったばかりのTシャツ、お気に入りのTシャツ、ブランド物のTシャツを少しでも長く愛用するために首元・襟がヨレヨレになる原因、対策方法をご紹介します。

 

目次

1.Tシャツの首元・襟がヨレヨレになってしまう原因

2.Tシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐ対策方法とは?

3.Tシャツの首元・襟のヨレヨレを戻す方法

 

1.Tシャツの首元・襟がヨレヨレになってしまう原因

Tシャツの首元・襟がヨレヨレになってしまう原因は洗濯・干し方・脱ぎ方が考えられます。

Tシャツを洗濯機で洗うと洗濯、干したときの水分の重みでTシャツの首元・襟が横に引っ張られてしまいます。

Tシャツの首元・襟が横に引っ張られることで生地の間にすき間ができ、縦糸がうねることで首元・襟がヨレヨレになってしまいます。

お気に入りのTシャツがある人や数を持っていない人は同じTシャツの着用回数が増えてしまうことが多いです。

洗濯回数が増えるということはTシャツの首元・襟がヨレヨレにしまう可能性が高くなってしまいます。

Tシャツを脱ぐときに首元・襟を引っ張って脱ぐ人は多いです。

首元・襟を引っ張って脱ぐ脱ぎ方はヨレヨレになってしまう原因でもあります。

Tシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐためには洗濯・干し方・脱ぎ方で横に伸びるのを気をつけなければなりません。

続いてTシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐ対策方法をご紹介します。

 

【メンズ】Tシャツからインナーや乳首が透ける問題。対策方法とは?

 

2.Tシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐ対策方法とは?

Tシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐには洗濯・干し方・脱ぎ方を対策することでヨレヨレを軽減させることができます。

 

◇ Tシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐ洗濯の対策方法

洗濯の対策として「ネットに入れて洗う」、「おしゃれ着洗い・手洗いコースで洗う」、「首元・襟を輪ゴムで縛って洗う」方法があります。

 

■ネットに入れて洗う

Tシャツをネットに入れることで洗濯機のなかでTシャツが他の洗濯物と絡み合って生地が伸びてしまうのを防ぐことができます。

さらにネットに入れる際にTシャツを畳んで入れるとヨレヨレになる防止に加えて仕上がりがキレイになります。

 

■おしゃれ着洗い・手洗いコースで洗う

洗濯をする際、おしゃれ着洗い・手洗いコースで洗濯すると通常の洗濯よりも優しく洗えるので首元・襟がヨレヨレになるのを防ぐことができます。

お気に入りのTシャツで長く愛用したい場合はおしゃれ着洗剤を使って丁寧に手洗いで洗うこともおすすめです。

乾燥機で乾燥させてしまうと縮みや伸びの原因にもなってしまうので乾燥機は使わず、自然乾燥させるようにしてください。

 

■ 首元・襟を輪ゴムで縛って洗う

洗濯機で洗う前に首元・襟を輪ゴムで縛ってからネットに入れて洗濯するとヨレヨレになるのを軽減させることができます。

きつく縛り過ぎると跡が残ってしまうのできつく縛り過ぎないように注意が必要です。

 

【洗濯】意外と知らない。正しい衣類の手洗い方法の洗い方とは?

 

◇ Tシャツの首元・襟のヨレヨレを防ぐ干し方の対策方法

干し方の対策として「Tシャツの裾部分を上にして干す」、「胴の部分を二つ折りにして干す」、「物干し竿に袖を通して干す」、「ヨレヨレになりにくいハンガーを使う」方法があります。

 

■ Tシャツの裾部分を上にして干す

パンツハンガーなどの挟めるようのハンガーでTシャツの裾を挟み、首元・襟を下にすることでヨレヨレになるのを防ぐことができます。

首元・襟が上にくる一般的な干し方だと水分の重みが首元・襟に加わり生地が伸びてしまいますが、首元・襟を下にすることで重みで伸びるのを防ぐことができます。

裾を上にして干すことで伸びるのを防ぐことができますが、乾きにくくなるデメリットもあります。

 

■ 胴の部分を二つ折りにして干す

パンツハンガーなどの挟めるようのハンガーでTシャツの胴体部分を挟み込み、二つ折りにして干すことで首元・襟がヨレヨレになるのを防ぐことができます。

胴の部分を二つ折りにして干すことで生地が伸びるのを防ぐことができますが、乾きにくくなるデメリットもあります。

 

■ 物干し竿に袖を通して干す

物干し竿にTシャツの袖を通してT字に干す方法はTシャツにかかる水分の重みを分散させてくれるので首元・襟がヨレヨレになるのを防ぐことができます。

物干し竿に袖を通す方法は直接物干し竿にTシャツが触れるので物干し竿が汚れているとTシャツに汚れが付着してしまいます。

特に白や薄い色のTシャツを干す際には物干し竿を綺麗にしていないと汚れや錆が付着してしまうので、洗い直しや汚れが落ちないといったことがありますので注意が必要です。

 

■ヨレヨレになりにくいハンガーを使う

Tシャツを干す際は手元にあるハンガーを使用することが多いです。

同じハンガーでも ヨレヨレになりにくいハンガーが販売されていますので、Tシャツを干す際は専用ハンガーを使うことでヨレヨレになるのを防ぐことができます。

 

「2021新作」ハンガー すべらない 襟が伸びない おしゃれ 30本組 セット 洗濯ハンガー 衣類ハンガー 多機能ハンガー 滑り止め 変形にくい 物干しハンガー hanger 曲がらな 超強い荷重 乾湿両用 ハンガー

価格:2,980円
(2021/8/18 14:29時点)
感想(18件)


ハンガーを楽天市場で探すならこちら

◇脱ぎ方

Tシャツを脱ぐ際に裾を持って一気に引き上げる脱ぎ方をすると首元・襟がヨレヨレになるのを防ぐことができます。

コツとして両腕をクロスさせTシャツの裾を持ち一気に引き上げると簡単に脱ぐことができます。

 

【白パンメンズ】下着・インナーが透けにくい予防・対策方法

 

3.Tシャツの首元・襟のヨレヨレを戻す方法

Tシャツの首元・襟がヨレヨレになってしまったらアイロンを使うことで首元・襟を復活させることができます。

 

◇コットン(綿)・リネン(麻)素材

アイロンの温度を「高」に設定。

スチーム機能をONにして縦方向に当てます。

 

◇ポリエステル素材

アイロンの温度を「中」に設定。

スチーム機能をONにして当て布を当てて縦方向に当てます。

ポリエステル素材はコットン(綿)・リネン(麻)と同じようにアイロンの温度を「高」に設定してしまうと生地が溶けてしまう可能性があるので温度設定には注意が必要です。

 

アイロンをすることでうねっていた縦糸が真っ直ぐになり生じていた生地の隙間がなくなるのでキレイに戻ります。

しかし一度ヨレヨレになってしまうとアイロンで1日程度は元に復活しますが時間の経過や再度洗濯をすると元に戻ってしまいます。

着る前にアイロンを当てることをおすすめします。

※素材によってはアイロンを当てても戻らない場合があります。

 

【three dots】セレブも愛用するカットソーブランドの特徴とは?

 

Tシャツの首元・襟がヨレヨレになる原因、対策方法をご紹介しました。

Tシャツは洗濯・干し方・脱ぎ方を意識するだけでヨレヨレになるのを対策することができます。

お気に入り、大切、ブランド物のTシャツで長く愛用したい人は日々の取り扱いに注意が必要です。

少し意識するだけでTシャツの持ちが変わりますので実践してみてください。

今回ご紹介した内容が皆様の参考、お役に立てば幸いです。

 

【手洗いマークのワイシャツ】洗濯機で洗濯しても縮まないのか?

-お直し・修理・保管・洗濯, インナー・シャツ・ニット, ファッション, 着こなし
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S