ファッション ブランド

ネクタイの人気ブランド【フェアファックス-FAIRFAX】のネクタイ・シャツの特徴・価格・人気・評判とは?

スーツの胸元・Vゾーンの印象を左右するシャツ・ネクタイ。

シャツ・ネクタイはスーツと同様、印象を左右する大事なアイテムです。

一流のビジネスマン・仕事を頑張る男性はシャツ・ネクタイにこだわる男性が多いです。

しかし

「百貨店・セレクトショップのシャツ・ネクタイ売場に行ってもブランドの数が多すぎてどこのブランドが良いのかわからない」

上記のような悩みを持つ人が多いです。

シャツ・ネクタイの人気ブランドの一つに

「フェアファックス-FAIRFAX」

があります。

フェアファックスの特徴・価格・人気・評判についてご紹介します。

 

 

「フェアファックス-FAIRFAX」の特徴・価格・人気・評判とは?

目次

1.フェアファックス-FAIRFAXとは?

2-1.フェアファックス-FAIRFAXのシャツ・ネクタイの特徴とは?

2-2.フェアファックス-FAIRFAXのシャツの特徴とは?

2-3.フェアファックス-FAIRFAXのネクタイの特徴とは?

3.フェアファックス-FAIRFAXの価格とは?

4.フェアファックス-FAIRFAXの人気・評判とは?

 

1.フェアファックス-FAIRFAXとは?

フェアファックスは1976年に東京の青山で創業したシャツ・ネクタイの日本のメーカーです。

創業者は昭和40年代に世間を賑わせたアメリカのアイビーリーグのファッションに感銘を受けました。

そのためフェアファックスはアメリカの伝統的なスタイルをベースに、

トレンド・世界の各々の都市を濾過、ミックスさせた「TOKYO HIGH STANDARD」を提案する日本ブランドです。

ブランド名のフェアファックスの由来は今は無きアメリカのラグジュアリー感があったフェアファックスホテルからとられています。

フェアファックスはアメリカの伝統を学び、取り入れ、

現在ではアメリカで影響力のある「バーニーズニューヨーク」でシャツ・ネクタイが取り扱われています。

フェアファックスは国内だけでなくアメリカにも認められる「高品質」ブランドです。

 

ネクタイ人気日本ブランド【クリケット-CRICKET】。特徴・人気・評判をご紹介。

 

2-1.フェアファックス-FAIRFAXのシャツ・ネクタイの特徴とは?

フェアファックスのシャツ・ネクタイは「高いクォリティ」ながらコストパフォーマンスに優れています。

フェアファックスのシャツ・ネクタイで使われる素材はイタリア・イギリス・日本の伝統ある産地で織られた上質な生地を使用。

上質に織られた生地を日本の高い縫製技術によって、「高品質」なシャツ・ネクタイに仕上げています。

フェアファックスはモノづくりのこだわり、真面目な姿勢によって「クォリティの高い」シャツ・ネクタイを実現しています。

 

腹が立つ。ワイシャツが【何度もスラックスから飛び出る原因は?対処方法】をご紹介。

 

2-2.フェアファックス-FAIRFAXのシャツの特徴とは?

フェアファックスのシャツはビジネスシーンだけでなくオン・オフ使えるシャツを取扱っていますが、

ビジネスシーンで活用する人の多く見受けられます。

フェアファックスのシャツは羽織ると素材の良さからくる肌触りの滑らかさがあり、着用していて気持ちが良いです。

作りでは日本人の身体に合わせた立体構造のアームホールは窮屈感を感じにくく動きやすいです。

シルエットはサイズが色々とありますが、各サイズともすっきりとしたボディライン。

襟型では首回りが綺麗に見えるワイドやジャケットと合わせやすいボタンダウンの多用な襟型を用意し、アメリカンブリティッシュを演出。

生地ではオックスフォード・ツイル、使いやすい形態安定など様々な生地を用意しています。

フェアファックスのシャツは見映え・着心地が良く、使いやすい「高品質」が特徴のシャツです。

 

なかでも人気を集めるのが、

フレンチツイルのワイドスプレッドシャツ、

ワイドスプレッドのオックスフォードシャツ、

ピンヘッドのボタンダウンシャツ

などが人気を集めています。

 

※ツイルとは斜めに入った折り目がある生地。
滑らかな手触りと光沢感があります。

※ワイドの襟型とは襟の開きが100度から140度ほど広がっている襟型。

※オックスフォードは経糸と緯糸を2本ずつ引き揃えて織った生地。

織り目がはっきりと厚手ながら通気性が高く肌触りが柔らかい。

※ピンヘッドとは変化織で針の頭が大きく出ている柄の総称。

 

【ユニクロ】のワイシャツ・ドレスシャツってどうなの?特徴・オーダー・価格・評判をご紹介。

 

2-3.フェアファックス-FAIRFAXのネクタイの特徴とは?

フェアファックスのネクタイは上質なシルクを使用しているため、化繊の素材に比べてシワになりにくく、手触りの良さ・締めやすさがあります。

フェアファックスのネクタイの色はカラーバリエーションが豊富で、

柄ではストライプ・小紋・ペイズリー・グレンチェックなど幅広い柄が取り扱われています。

色柄だけでなくジャガード・メランジ・ヘリンボーン・レップと様々な織りのネクタイが用意されています。

織り方によってネクタイの表情は変わるので、様々なネクタイを楽しむことができます。

フェアファックスは大剣の裏地・小剣の裏地にペイズリー柄を使うなど、見えない部分にもこだわっています。

良質な素材を使った幅広い色柄・素材が用意されているのでビジネスや結婚式、パーティなど様々なシーンに使える「高品質」なネクタイが
特徴です。

 

なかでも人気を集めるのが、

クレリックのジャガードのソリッドタイ、

ストライプ柄のジャケットタイ、

小紋柄のジャガードタイ

などが人気を集めています。

 

※クレリックタイとは切り替えという意味があり、大剣と小剣の柄を切り替えるネクタイのことを言います。

※ジャガードとは模様が立体的に見える、模様が浮き上がるような織り方で作られた生地。

※ソリッドとは柄のない無地のネクタイ

 

20代から50代まで使える【人気ネクタイブランド】とは!?プレゼント・ギフトにも最適なブランドをご紹介。

 

3.フェアファックス-FAIRFAXの価格とは?

フェアファックスの価格帯

・シャツ

おおよそ1万円から2万円前後。

・ネクタイ

おおよそ5千円から1万8千円前後。

・ポケットチーフ

おおよそ1.600円から8.000円前後。

・マフラー

おおよそ8.000円から35.000円前後。

※価格はシーズンによって前後します。

 

詳しくは取扱いの店舗によって確認してください。

 

【男性はネクタイをプレゼントして貰って嬉しいのか?】喜んでもらう3つのポイント。

 

4.フェアファックス-FAIRFAXの人気・評判とは?

シャツ・ネクタイは消耗品です。

シャツは襟先や袖先が傷んでしまい、ネクタイは結び目、剣先が傷んでしまいます。

傷むからといって「低品質」な安いネクタイは印象があまり良くありません。

いい歳なのにチープなネクタイをしていると周囲に思われたら非常に恥ずかしいです。

年齢が高くなるほど「低品質」なネクタイは避けたいところです。

だからといって高価格なシャツ・ネクタイを何着、何本も購入するのは、、と感じる人も多いです。

そのためコストパフォーマンスに優れたシャツ・ネクタイを求められる人が多いです。

フェアファックスのシャツ・ネクタイは素材・作りにこだわっており、

「高品質」ながらもコストパフォーマンスに優れたシャツ・ネクタイです。

手が出しやすく高品質なシャツ・ネクタイを求める消費者に人気・評判が良いシャツ・ネクタイです。

人気・評判が良いのでフェアファックスのシャツ・ネクタイは多くの百貨店・セレクトショップで取り扱われています。

百貨店のネクタイ売場には数多くブランドが取り扱われていますが、なかでもフェアファックスのネクタイはよく売れ、人気・評判が高いとのことです。

 

【結婚式にしていくネクタイの色柄は?】親族・友人・主賓・上司、ゲストごとのご紹介。

 

高品質なネクタイ・コストパフォーマンスに優れたネクタイを求める人、Vゾーンの印象を良くしたいと考える人は

人気・評判の良い日本ブランドのフェアファックスを検討されたらどうでしょうか?

 

ビジネスマンが愛する【スーツ】・【ジャケット】・【コート】の有名人気ブランド特集

-ファッション, ブランド

© 2021 Business Fashion MEN'S