インナー・シャツ・ニット クールビズ・ウォームビズ ビジネスカジュアル ビジネス・仕事ファッション ファストファッション ファッション ブランド 着こなし

【ユニクロ】ワイシャツ・ドレスシャツってどうなの?特徴・オーダー・価格・評判をご紹介。

ユニクロ/UNIQLOのワイシャツ・オーダーシャツってどう?

ビジネスマンの必須アイテムである「ワイシャツ」・「ドレスシャツ」。

社会人になれば最低でも3枚〜4枚は揃えないといけません。

スーツを普段着ない人であってもワイシャツ・ドレスシャツは冠婚葬祭に備えて一枚は持っておかないといけません。

ワイシャツ・ドレスシャツは百貨店・量販店・専門店など数多くの場所で販売されています。

国民の味方であるユニクロでもカジュアル品だけでなくスーツ・ジャケット・スラックス・ワイシャツといったビジネスアイテムも多数取り扱われています。

「これから仕事・冠婚葬祭などでシャツが必要、買い替えようと思っているが、どこで買えばいいか?」

「ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツの評判ってどうなのか?」

「ワイシャツ・ドレスシャツにお金をかけれないのでコストパフォーマンスが良いシャツはないのか?」

と悩んでいる人、ワイシャツを探してる人は多くいます。

独自の調べになりますがユニクロのワイシャツ・ドレスシャツの「特徴」・「オーダー」・「価格」・「評判」についてご紹介します。

 

※画像はイメージになります。

 

目次

1.ユニクロのワイシャツ・ドレスの特徴

2.ユニクロはワイシャツのオーダーができるのか?

3.ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツの評判は?

 

1.ユニクロのワイシャツ・ドレスの特徴

※画像はイメージになります。

 

ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツの特徴・魅力はなんといっても「価格の安さ」と「コストパフォーマンスの良さ」です。

ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツは「2990円+税」で販売されています。

単純に「価格の安いシャツ」で探すなら1000円台、2枚セット、3枚セットの安いワイシャツ・ドレスシャツが販売されています。

価格だけ安いワイシャツは素材がポリエステル中心で「着心地」・「縫製」もイマイチです。

値段に見合った価値しかありません。

全くワイシャツ・ドレスシャツにこだわらないというのであれば単に安いシャツを買うのも1つの方法です。

しかしワイシャツ・ドレスシャツはスーツのVゾーンの印象を左右する一つのアイテムであり、クールビズではワイシャツ・ドレスシャツの「清潔感」が問われます。

出来ればワイシャツ・ドレスシャツにはこだわるべきです。

ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツを調べていくと良質な素材で価格以上の価値があるワイシャツ・ドレスシャツを提供しているのがわかります。

 

◇ユニクロのワイシャツで使われている素材

ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツの素材では「綿(コットン)」素材が中心に使われています。

生地の種類では「ブロード」・「ドビー」・「オックスフォード」のシャツを展開しているので様々なシーンに対応できます。

「ブロード」・「ドビー」・「オックスフォード」とは生地の織り方の種類です。

 

◇生地の織り方の種類

・ブロード

ブロードは表面に滑らかな光沢があり、手触りがサラッとしています。

冠婚葬祭などフォーマルなシーンでも着用できるシャツです。

ビジネスで最も使用されることが多く、ワイシャツ・ドレスシャツの代表的な生地の一つ。

必ず持っておきたい1着です。

 

・ドビー

ドビーシャツとはドビー織機で織ったものです。ドビーは織り糸でストライプ・幾何学模様などの様々な柄を出す変わり織りです。

ドビー柄のシャツは白シャツとは「違う雰囲気」と「高級感」を演出します。

白無地以外の白を探している人には最適です。

 

・オックスフォード

生地の表面がつぶつぶとした細かい生地組織が見える織り方。

オックスフォードは他のシャツに比べると肉厚な生地なものが多いです。

オックスフォードは英国のポロ選手が着用していたスポーツシャツが発祥ということで、「耐久性」・「通気性」に優れています。

オックスフォードはボタンダウンシャツに使われることが多いです。

オックスフォードのボタンダウンはビジネスカジュアルのジャケパンスタイルとの相性も良く普段着にも使うことができます。

ユニクロのオックスフォードシャツは定番の人気商品です。

ユニクロは伸縮性のある「ストレッチ」・アイロン不要の「ノンアイロン」シャツといった機能性ある素材も人気があります。

 

◇シルエットの種類

ゆとり感のある「レギュラー」、すっきりとした「スリム」と2種類用意されています。

消費者の体型・好みに合わせたシルエットを展開しています。

 

◇襟型の種類

既製品の襟型では「レギュラー」・「セミワイド」・「ボタンダウン」の種類が用意されています。

襟型の特徴

・レギュラーカラー
襟の角度が65程度の襟型。

・セミワイド
襟の角度が90度ほどの襟型。

・ボタンダウン
ノーネクタイでも着用できるアメリカントラッドな襟型。

 

【ユニクロのボタンダウンシャツはビジネスで使えるの?】特徴・選び方・評判・使えないシーンをご紹介。

 

ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツは素材・織り方・生地・シルエットにこだわった魅力あるシャツです。

その魅力は上記でご紹介したように安いシャツと比べて「高品質」であり「コストパフォーマンス」に優れています。

※価格・素材・襟型・デザインはシーズンによって変更される可能性があるのでご了承ください。

 

【ユニクロ】のスーツってどうなの?価格・特徴・オーダースーツ・向いてる人・向いていない人についてご紹介

 

2.ユニクロはワイシャツのオーダーができるのか?

※画像はイメージになります。

 

ユニクロでは「オーダーメイド感覚で選ぶビジネスシャツ」を「2990円+税」で展開しています。

このオーダーメイド感覚で選べるビジネスシャツはボディサイズ・首回り・裄丈を豊富なサイズバリエーションから選ぶことできます。

そのため同価格で既製品よら自分の身体にフィットしたシャツを作ることができます。

このオーダーサービス は「好みのデザイン」・「好みのサイズ」のシャツが見つからない人には嬉しいサービスです。

オーダーと聞くと時間がかかって大変。めんどくさいのでは?と思う人がいると思います。

ユニクロのオーダーシャツは選ぶ時間がかからないことに加えて、ネットで気軽に注文できるのも魅力です。

 

【GU】のワイシャツってどうなの?特徴・価格・年齢層・評判をご紹介。

 

◇ユニクロのオーダーの手順

 

①生地を選ぶ

ユニクロのオーダー生地では2種類の生地が用意されています。

 

①-①.スーパーノンアイロンシャツ

ピンオックスフォード素材でハリコシのあるしなやか着心地の生地。

特殊加工により高い性能のノンアイロン機能を持っています。

※ノンアイロンですが洗濯の条件により軽いアイロンが必要な場合があります。

 

①-②.ファインクロスシャツ

100番手の双糸を使用。

上質な艶・滑らかさのある柔らかな手触りが高級感を演出。

イージーケア加工によって通常のシャツに比べてアイロンがけが簡単。

上質さと機能性を併せ持った特徴があります。

※番手とは糸の太さ。番手の数値が高いほど糸が細くなるため艶・柔らかさが出て高級感があります。

低価格で販売されているシャツの生地は50番手・60番手の生地が多いとされています。

そのためユニクロのワイシャツ・ドレスシャツは「高級感」があります。

双糸とは二本の糸を撚ったもので耐久性に優れています。

アイロンがけが手間と感じる人は「ノンアイロン」・少しでも高級感を演出したい人は「ファインクロスシャツ」を選ばられたら良いと思います。

 

②.フィット感を選ぶ

好みのフィット感を選べるように2つのモデルが用意されています。

 

②-①.レギュラー

胸・肩・腕にゆとりが欲しい人・細身のシャツが嫌な人に向けたモデル。

ゆとりあるフィット感が特徴。

 

②-②.スリム

細身のシャツが着たい人・シャツのシルエットを意識したい人に向けたモデル。

レギュラーに比べて見頃をすっきりとさせているため、シャープなフィット感が特徴。

 

③.襟型を選ぶ

襟型は選ぶ生地とフィット感の組み合わせによって選べる襟型が変わります。

 

③-①.スーパーノンアイロン・レギュラーの場合

襟型はレギュラー・ボタンダウン

③-②.スーパーノンアイロン・スリムの場合

襟型はレギュラー・ボタンダウン・セミワイド

③-③.ファインクロスシャツ・レギュラーの場合

襟型はレギュラー・ボタンダウン

③-④.ファインクロスシャツ・スリムの場合

襟型はレギュラー・ボタンダウン・カッタウェイ

 

※カッタウェイとは別名「ホリゾンタルカラー」とも言い、ワイドより襟の開きが広がっておりほぼ「水平」となっている襟型です。

「レギュラー」・「ボタンダウン」はどちらのモデルからも選ぶことができますが、スリムタイプだと「セミワイド」・「カッタウェイ」と選べる襟型が変わるので注意が必要です。

 

④.色を選ぶ

選べる生地の色では白・青の無地の2色から選べるようになっています。

どちらの色もビジネスシーンで使うことができる人気色。

スーツ・ネクタイとの相性も良いため2色とも購入される人も多いです。

 

⑤.サイズを選ぶ

サイズの選択では「お店で採寸」・「自分で採寸」・「採寸せずにサイズを選ぶ」方法があります。

 

⑤-①.店舗で採寸

採寸可能な店舗に行き、店舗スタッフに採寸してもらいオンラインで注文する方法です。

採寸可能な店舗が自宅の近くにないという人は「自分で採寸」・「採寸せずにサイズを選ぶ」方法になりますが、オンラインで注文することもできます。

 

⑤-②.自分で採寸

お手持ちのファインクロスシャツを元にサイズを調整していきます。

そのため自分で採寸するにはユニクロの「ファインクロスシャツ」が必要となります。

はじめにサイズをS・M・L・XLを選びます。

そのサイズのシャツを着用した際に胸回り・首回りの大きさを「きつい+1センチ」、「ちょうど良い」、「ゆるい-1センチ」の3項目から選びます。

基準から「+-1センチ」調整が可能です。

極端に細くすること、大きくすることはできませんが微調整をすることができます。

1センチしかできないのか。

と思われる人もいますが1センチであってもフィット感・見映えは変わります。

裄丈では基準から「+-5センチ」調整できます。

既製品のシャツの袖の長さを調整した場合でも1000円以上は修理代がかかることが多いです。

低価格のシャツを修理するならユニクロのオーダーワイシャツはを購入する方がお買い得となります。

 

⑤-③.採寸せずにサイズを選ぶ

ユニクロのファインクロスシャツをお持ちでない人はサイズ表を見ながらサイズを選んでいきます。

はじめにS・M・L・XLのボディサイズを選びます。

そこから首回りの大きさ・裄丈の長さを調整していきます。

「採寸せずにサイズを選ぶ」項目は胸回りの調整ができません。

胸回りを調整したい人は「店舗に行く」か「自分で採寸する」項目を選ぶ必要があります。

 

ワイシャツ・ドレスシャツの「サイズが合わない」「こだわりたい」人の買い方・選び方のご紹介。

 

・オーダーメイド感覚で選ぶビジネスシャツの納期

納期は受け取り方によって多少の変動がありますが、注文日から2日〜8日で手に入ることができます。

受け取り方法は「指定住所」・「ユニクロの店舗受け取り」・「コンビニ受け取り」と選ぶことができます。

※価格・生地の種類・色柄・サイズ設定・注文方法などはシーズンによって変動する可能性があります。

詳しくは店舗・オンラインストアで確認するようにしてください。

 

【鎌倉シャツ】ってどうなの?特徴・価格・オーダー・評判・着心地についてご紹介。

 

3.ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツの評判は?

※画像はイメージになります。

 

ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツは「既製品」・「オーダー」ともに評判が良いです。

 

既製品では

低価格を感じさせない生地感、高級感、ベーシックな色柄のため使いやすさがあり、多くのお客様から喜ばれています。

 

オーダーでは

既製品ではサイズが合わない、サイズが合っても好きな襟型、生地がない、フィット感を追求したい様々な人から低価格でオーダーできるという点で喜ばれています。

 

一部の意見として選べる生地・色柄・襟型を増やして欲しい、ノンアイロンシャツなのにアイロンが必要な場合がある、もっとサイズ補正ができるようにして欲しいとの声もあります。

しかしその意見を差し引いてもユニクロのワイシャツ・ドレスシャツを喜ぶ声の方が圧倒的に多いです。

評判では上記のような意見もありますが、今後改良されて良くなっていくと思われます。

 

低価格でワイシャツ・ドレスシャツをお探しの人、ユニクロのワイシャツ・ドレスシャツが気になる人は「高品質」で「コストパフォーマンス」に優れているため一度検討されても良いと思います。

※今回ご紹介した内容の価格・生地・サイズ・色柄・襟型・オーダーなどはシーズンによって変更になることもあります。

ご購入の際は店舗・オンラインストアで確認するようにしてください。

 

【GU-ジーユー】のスーツは仕事・結婚式で使えるのか?特徴・価格・コーディネートのポイントをご紹介。

 

-インナー・シャツ・ニット, クールビズ・ウォームビズ, ビジネスカジュアル, ビジネス・仕事ファッション, ファストファッション, ファッション, ブランド, 着こなし
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S