クールビズ・ウォームビズ スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド 着こなし

【スーツ2着セール】評判・メリット・デメリットとは?向いている・向いてない人をご紹介。

※画像はイメージになります。(以下の画像含む)

百貨店に多いスーツの2着セールの評判とは?

スーツが2着で「¥29.800+税」、「¥39.800円+税」とビジネスマンの財布に優しい2着セール。

ビジネスマン以外にも入学式、成人式、就職活動、卒業式とスーツが必要な学生にも人気があります。

ビジネスマン、学生ともに人気の高い「スーツ2着セール」ですが、評判・人気はどうなのか?と気にする人も多いです。

私は10年以上スーツの企画・販売に携わってきました。

スーツに携わってきた身として個人的な見解にはなりますが、2着セールの人気・評判、メリット・デメリット、向いている人・向いていない人についてご紹介します。

 

目次

1.2着セールのメリット・デメリット

2.2着セールのスーツが向いている人・向いていない人

3.2着セールの人気と評判

 

1.2着セールのメリット・デメリット

スーツの2着セールにはメリット・デメリットがあります。

百貨店のブランドのスーツなら1着でもおおよそ5万円ほどからの販売。

低価格のオーダースーツ専門店でもおおよそ2万円ほどから販売されています。

ブランドスーツやオーダースーツの専門店と比べると2着セールはスーツが低価格で尚且つ2着も手に入るメリットがあります。

値段と数を揃えたいビジネスマンからすれば非常に嬉しい販売方法です。

2着セールは低価格ながらも年齢・好み、様々なお客様の要望に応えられるように幅広い色柄とサイズ、細身・ゆったりめのシルエットが用意されています。

低価格であってもバリエーション豊富の中からスーツを選ぶことができるので、毎回違う色柄のスーツが手に入るメリットもあります。

しかし消費者に喜ばれる低価格でスーツを販売するにはどこかでコストを落とさなければなりません。

そのため生地・仕立て・着心地といった品質のグレード必然的に落ちてしまいます。

縫製もコスト削減のため東南アジアなどの海外製がほとんどです。

最低でも1着5万円、6万円以上するスーツと着比べると見た目、着心地は歴然となります。

良いスーツは生地はもちろん、仕立てるのにも高い技術と手間がかかります。

そのため価格は必要的に高くなります。

見た目の高級感や着心地を生み出すには「仕立ての良さ」は欠かせません。

仮にですが同じ生地を使って技術力が高いところが手間暇をかけて仕立てたスーツと低価格で簡易に仕立てたスーツとでは見映え・着心地は違います。

それだけスーツは仕立ての技術は大事なのです。

仕立てが良くないスーツは体に沿う立体感がなく、高級感がありません。

少しでも高級に見せるためにイタリアの生地を使ってみたり、袖のボタンホールに穴を開けるなどの手法がとっているところもあります。

稀にブランドのスーツや高級スーツなのに袖ボタンが開かないのはおかしいと言う人がいます。

ブランドのスーツ、高級スーツでは袖のお直しができるように袖のボタンホールは基本的開いていません。

そのような人は低価格のスーツしか着たことがないのかな?と思われてしまうので言うのはやめた方がいいかもしれません。

2着セールのスーツは「低価格」ながらも様々な種類が選べるメリットがありますが、良い仕立てのスーツに比べると見た目、着心地がもうひとつということがデメリットと言えるのではないでしょうか。

 

スーツ量販店(青山・AOKI)。どこで買うのが正解?特徴をご紹介。

 

2.2着セールのスーツが向いている人・向いていない人

2着セールのスーツは先程もご紹介したように低価格で数が手に入るメリットがあります。

良いスーツは安いものではないので子供がいる、生活などの事情でお金をかけれない人も多いです。

スーツにお金をかけれない、スーツの数が必要な人、スーツで作業が多い人、服装にこだわらない人、出世にはあまり興味がない人、とりあえず安いスーツを求める人には2着セールのスーツは向いているといえます。

すぐ破れてしまう、スーツの数がない、服装にお金をかけるのはもったいない人からすれば2着セールは非常にありがたいです。

反対に役職が付いている人、社会人経験が豊富な人、これから出世がしたい、服装にこだわる人には2着セールのスーツはあまりおすすめしません。

スーツは仕事での印象を左右する大事な道具です。

低価格のスーツは購入した際は良く見えても実際に仕立ての良いスーツの人と並んだときに見劣りすることがあります。

自分の上司や先輩が取引先の人に見劣りしていると下の者としてはガッカリしてしまいます。

そして周りと並んだときに自分のスーツが周りの人と比べて見劣りすることが自分で分かった時は恥ずかしさもあります。

仕立ての良いスーツは着心地はもちろん、良いスーツを着ていると「見てわかる高級感」があるため、周囲からの印象が良く、威厳、仕事もできるように見えます。

出世を望む人はいずれ高いスーツが似合う男性になるという理由でブランドのスーツを購入しています。

私自身のお客様でも若い時から良いスーツを着続けたおかげで出世ができたと言っている人もいます。

周囲の目や評価、見映えを気にする人には2着セールのスーツは不向きといえるのではないでしょうか。

 

百貨店に多いスーツブランド10ブランドまとめ(五大陸、ダーバン、ブルックス、マッキントッシュ、リング、ティモシー 、リチャードジェームスetc)

 

3.2着セールの人気と評判

2着セールは価格が安いのでスーツにお金をかけれない人やその家族、服装にこだわらない人がら人気・評判が良いです。

スーツに上品さや高級感、着心地にこだわる人や自分の旦那を少しでも良く見せたい、カッコ良く見せたいという人からは人気・評判はもうひとつです。

実際にあった話ですが、いつも買うところがわからないので、何となく2着セールのスーツを買っていたけど、ブランドのスーツを着たら見映え・着心地に感動した。周りからスーツ姿を褒められた。いうことを聞きました。

手間暇がかかったスーツとそうでないスーツはそれだけ差があるということです。

価格で判断するだけではありませんが、良いスーツというのはそれなりの価格がするということです。

2着セールのスーツの人気・評判、メリット・デメリット、向いている人・向いていない人についてご紹介しました。

スーツに対する価値観は人それぞれです。

自分がスーツに対して何を求めるかによってスーツを選ばられたら良いと思います。

あくまでも個人的な意見ですが、値段にこだわらない、見映え・着心地を優先したいのであれば周囲の印象が良いブランドのスーツ、仕立ての良いスーツをおすすめします。

今回ご紹介した内容が皆様のスーツ選びの参考になれば幸いです。

 

【スーツはしんどくない】本物のスーツに出会ってないからである

 



 

-クールビズ・ウォームビズ, スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド, 着こなし
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S