スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド 生地 着こなし

スーツ-イギリス生地ブランド「MARTINSON-マーチンソン」の人気・評判ってどうなの?特徴まとめ

スーツ生地はスーツ姿の印象を左右する大事な要素。

スーツ生地にはスーツブランドと同様に沢山の生地ブランドがあります。

イギリス生地ブランド「マーチンソン-MARTINSON」も生地ブランドの一つ。

「マーチンソンとはどんなブランドなのか?」

「人気・評判・特徴はどうなのか?」

スーツ選びの参考にイギリス生地ブランドの一つである「マーチンソン-MARTINSON」の人気・評判・特徴についてご紹介します。

 

目次

1.マーチンソン-MARTINSONを知る前に知っておきたいこと

2.マーチンソン-MARTINSONとは?

3.マーチンソン-MARTINSONの特徴とは?

4.マーチンソン-MARTINSONの人気・評判

5.マーチンソン-MARTINSONのスーツはどこで手に入るのか?

6.マーチンソン-MARTINSONのスーツの価格はどれくらい?

 

1.マーチンソン-MARTINSONを知る前に知っておきたいこと

マーチンソンの生地を知るにあたってスーツ・ジャケットの生地産地を知っておくと自分の求めるスーツを選びやすくなります。生地産地を知っておくことはマーチンソンの特徴をわかりやすくもなります。

スーツ・ジャケットで使われる生地産地は「イタリア」、「イギリス」、「日本」が有名です。この三つは生地の世界三大産地とも言われ、上質な生地作りに欠かせない良質な水がとれることで知られ多くの毛織物工場が集まっています。地域によってそれぞれ特徴が異なります。

 

・イギリス生地の特徴

イギリスは気候が寒い影響から生地感にハリコシがあり厚めのしっかりとした生地が多い傾向です。しっかりとした生地は耐久性が高く、スーツに仕立て際に仕立て映えしやすく、キッチリ、カッチリとした雰囲気になりやすいです。生地の色柄では華やかなものよりクラシックな大人の雰囲気を演出する色柄の生地が多い傾向です。

 

・イタリア生地の特徴

イタリア生地は手触り、肌触りが柔らかく、美しい艶や発色の美しさがあります。生地の柔らかさ、滑らかさのある作りからイギリス生地に比べると耐久性は劣る傾向とも言われています。イタリア生地の色柄は華やかな色合いの生地が多いので、イタリア生地で仕立てたスーツはファッション感度が高く華やかな雰囲気になる傾向です。

 

・日本生地の特徴

日本生地は日本のスーツのルーツがイギリスのため、イギリス生地に近い雰囲気があります。コシがしっかりとした生地感があります。しっかりとした生地は仕立て映えしやすく、スーツにした際にキッチリとした雰囲気になります。色柄でも華やかな生地よりベーシックな生地が多い傾向です。

 

2.マーチンソン-MARTINSONとは?

マーチンソンはイギリスの毛織物の聖地と言われるハダースフィールドで1859年に創業したブランドです。

創業から160年以上の歴史を持ち、フレスコ、フランネルなどの重厚感のある生地で知られる老舗の生地ブランドです。

伝統あるイギリス生地らしい生地を生み出すことからイギリス生地が好きな人やクラシックな生地が好きな人に人気がある生地メーカーです。

 

3.マーチンソン-MARTINSONの特徴とは?

マーチンソンはイギリスらしい生地を生み出すことが特徴です

なかでもマーチンソンといえば「フレスコ」というほどマーチンソンのフレスコ生地は有名です。

フレスコは強撚の平織りで織った織物。2本の強撚糸を撚り合わせて1本の糸にした「2PLY」、2PLYにさらに1本の強撚糸を加えた「3PLY」の糸で織られた生地のことです。

※フレスコ・・マーチンソンの商標名であり、日本ではポーラとも言われています。

※強撚・・撚りの強度を高めた素材。撚りとは糸をねじり合わせること。撚りが強いほど強度があり、水分を吸収、乾燥させやすいです。

フレスコ生地は圧倒的なハリコシがありざっくりとした風合い、通気性、耐久性、シワに強い生地です。シワに強く通気性が良いという人には向いている生地です。

フレスコは春夏用の生地ですが生地によって重たい生地もあります。マーチンソンの生地では「ライト・フレスコシリーズ」や「ライトウエイト・フレスコシリーズ」があります。軽くなるほどフレスコ感が軽減されますが、軽さとフレスコの生地感を求める人には良いシリーズです。

マーチンソンはフレスコが有名ですが、主に秋冬用で使われる生地の「フランネル」でも有名です。

※フランネル・・表面が起毛した保温効果のある生地のことです。

マーチンソンのフランネルは肉厚のしっかりと生地。現在の生地流れは軽量で軽さのある生地が多いです。フランネルでも梳毛糸と呼ばれる柔らかく軽い生地が多くなっています。

マーチンソンのフランネルは昔ながらの伝統を守り、紡毛糸を使った肉厚のフランネルを中心に展開しています。しっかりとした生地感のフランネルやクラシックさを求める男性に人気の生地です。

 

4.マーチンソン-MARTINSONの人気・評判

マーチンソンの生地はしっかりとした生地感やクラシックな雰囲気を求める大人の男性に人気・評判が良いです。

しっかりとした生地から生み出されるスーツは仕立て映えがするのでキッチリ、カッチリとした品格や貫禄を演出することができます。

生地にも耐久性、シワになりにくい機能性もあるので丈夫なスーツを好まれる人にも人気・評判が良いです。

マーチンソンは軽さや柔らかい滑らかな生地を求める人には不向きですが、イギリス生地ならではのしっかりとした生地感、イギリスらしい色柄はスーツ好き、クラシック好きにはたまらない逸品。品格、貫禄を求める大人の男性には向いている生地です。

 

【スーツ-大人が選ぶ生地ブランドはどこ?】品格と貫禄あるスーツ選びに役立つイギリス生地ブランドをご紹介。

 

5.マーチンソン-MARTINSONのスーツはどこで手に入るのか?

マーチンソンのスーツを手に入れるなら「オーダースーツ専門店」や「ブランドスーツ店」。

マーチンソンのしっかりとした生地やクラシックな雰囲気は人気・評判は良いですが、万人受けする生地感ではありません。滑らかさ、柔らかさのある生地感を求める人の方が多いです。そのためスーツを大量販売するお店では取り扱いがない、取り扱っていても選べる色柄が少ない傾向です。

「オーダースーツ専門店」は生地を多く取り扱っているので選べる色柄数も多いです。

「ブランドスーツ店」では既製品(出来上がりのスーツ)で取り扱いがなくても生地バンチを用意している店舗も多いので、オーダーで作ることができます。

 

【スーツ-高級生地ブランドはどこ?】上品で上質に見えるスーツ選びに役立つ生地ブランドをご紹介。

 

6.マーチンソン-MARTINSONのスーツの価格はどれくらい?

マーチンソンのスーツの価格はおおよそですが¥100.000円前後〜のところが多く、決して安くはない印象です。



7.まとめ

マーチンソンはイギリスの伝統と歴史のある生地ブランドです。イギリス生地ならではのしっかりとした生地感は耐久性があり「品格」と「貫禄」、「クラシック感」のある大人の印象を演出してくれます。

マーチンソンの生地を求めるなら春夏用のスーツならば「フレスコ生地」、秋冬用ならば「フランネル生地」を選ぶとマーチンソンの良さを味わうことができます。

価格は決して安くはありませんが、イギリスならではの生地感を味わいたい人はマーチンソンの生地を一度試されても良いと思います。

今回ご紹介した内容が皆様の良いスーツ選びの参考になれば幸いです。

-スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド, 生地, 着こなし
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S