オーダー スーツ ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド 着こなし

【最短1週間】スマホで簡単に作れるオーダースーツ<KASHIYAMA>人気・評判とは?

オーダースーツ

※画像はイメージになります(下記の画像含む)

オーダースーツといえば、吊るしと言われる既製品のスーツよりも出来上がるまで時間がかかるのが一般的。

<KASHIYAMA>のオーダースーツはオーダースーツであっても既製品のスーツとほぼ変わらない出来上がり期間。

スマホで簡単に作れるため自宅で簡単にオーダーができる。

オーダースーツの常識を越える驚きのオーダースーツです。

しかし常識を越える出来上がりの早さなので「選べるバリエーションが少ないのではないか?」

「キチンと仕上がるのか?」と心配する人もいます。

最短一週間で作れる<KASHIYAMA>のオーダースーツはどんなスーツが作れるのか?

人気・評判はどうなのか?

ご紹介します。

 

目次

1.<KASHIYAMA>のオーダースーツとは?

2.<KASHIYAMA>のオーダースーツの特徴とは?

3. <KASHIYAMA>のオーダースーツの値段とは?

4. <KASHIYAMA>のオーダースーツはこんな人におすすめ

5.<KASHIYAMA>のオーダースーツの人気・評判とは?

6.<KASHIYAMA>のオーダースーツの注文の仕方・流れ

7.<KASHIYAMA>のオーダースーツでベーシックなスーツを注文するなら?

 

1.<KASHIYAMA>のオーダースーツとは?

<KASHIYAMA>のオーダースーツとは日本の大手アパレル会社オンワード樫山が展開するオーダースーツ事業。

ビジネススーツ、冠婚葬祭のフォーマルスーツ、就活スーツと幅広いシーンのオーダースーツを作ることができます。

メンズのみならずレディースまでのオーダースーツも展開。

<KASHIYAMA>はスーツだけでなく需要が高まっているジャケパンスタイルのジャケット&パンツ。

シャツのオーダーまで可能です。

 

2.<KASHIYAMA>のオーダースーツの特徴とは?

<KASHIYAMA>のオーダースーツの特徴は上質な着心地なオーダースーツを低価格で最短1週間と短納期で作れるのが特徴です。

※納期はシーズンや時期によって前後することがあります。詳しくは店舗・公式ホームページを確認するようにしてください。

低価格で短納期と聞くと「バリエーションが少ない」と感じるかもしれません。

<KASHIYAMA>のオーダースーツはバリエーション豊富なパターン、生地からスーツを作ることができます。

◇ <KASHIYAMA>のオーダースーツはパターン・サイズのバリエーションが豊富

創業90年の歴史に裏付けされた160種超のサイズパターン。

年間約20万人のフィッティングを行うスタイルガイドが、あらゆる体型のお客様にフィットする一着を仕立ててくれます。

シングルスーツ、ダブルスーツ、スリーピーススーツ、ツーパンツスーツなど幅広いスーツが作れます。

スーツだけでなくジャケパンスタイルのジャケット&パンツも作ることができます。

◇ <KASHIYAMA>のオーダースーツは生地のバリエーションも豊富

<KASHIYAMA>のオーダースーツではオリジナル生地から名門メーカーから厳選した生地までバリエーション豊富に展開されています。

春夏シーズンであれば春夏に使える生地、秋冬シーズンであれば秋冬に使える生地、シーズン・季節を問わないオールシーズン生地まで用意がされています。

■ <KASHIYAMA>のオリジナル生地

オリジナル生地では耐久性・ナチュラルストレッチが特徴のウール&ポリエステル素材。

天然繊維ならではの光沢・風合いが楽しめるウール100%素材のコレクションを展開しています。

■ <KASHIYAMA>のインポート生地

歴史と伝統に裏付けされた、名門メーカーの厳選されたコレクション。

<ドーメル/DORMEUIL>、<タリア・ディ・デルフィノ/TALLIA DI DELFINO>、<サヴィルクリフォード/SAVILE CRIFFORD>、<カノニコ/CANONICO>、<レダ/REDA>、<トーニャ/TOGNA>、<トレーニョ/TOLLEGNO>。

有名イタリア生地、イギリス生地が用意されています。

◇1年間お直し無料も特徴

<KASHIYAMA>のオーダースーツは1年間、体型変化によるお直しが無料です。

体型が変わったことによる着心地への影響も安心して依頼することができます。

 

3. <KASHIYAMA>のオーダースーツの値段とは?

<KASHIYAMA>のオーダースーツは選ぶ生地、オプションによって値段が変わります。

◇ <KASHIYAMA>のオーダースーツの値段の目安

□オリジナル生地の値段

¥33,000円〜¥44,000円

□インポート生地

¥55,000円〜¥77,000円

□ブラックフォーマル

¥33,000円〜

□タキシード

¥66,000〜

◇ <KASHIYAMA>のオーダースーツのジャケットオプションの値段の目安

□ダブルスーツ

¥4,400円

□チェンジポケット・・ジャケットの腰のフラップポケットに加え、右側にもう一つポケットが付いたデザイン。

¥2,200円

□本開き・・袖口の切羽部分が開く仕様。

¥2,200円

□AMFステッチ・・襟回り、胸ポケット、ポケットのフタ回りにステッチが入る仕様。

¥2,200円

□ボタン・・本水牛や貝ボタンなどに変更。

¥2,200円

□裏地・・キュプラに変更

¥3,300円

◇ <KASHIYAMA>のオーダースーツのパンツオプションの値段の目安

□スペアパンツ

15,400円

□膝裏・・総裏仕様

¥3,300円

□シロセット加工・・パンツの折り目であるクリースラインを消えにくくする加工

¥2,200円

□サスペンダーボタン

¥2,200円

□尻シック大

¥1,100円

□ベルトループなしの尾錠つき

¥3,300円

□後ろスリットあり・・腰裏にスリットが入ったデザイン

¥2,200円

□滑り止め

¥1,100円

◇ <KASHIYAMA>のオーダースーツのベスト付きオプションの値段の目安

□襟なし6つボタンベスト

¥15,400円

□襟付き6つボタンベスト・ダブル襟なしボタン

¥17,600円

□ダブル襟付き6つボタン

¥19,800円

※値段は時期やシーズンによって変わることがあります。詳しくは店舗・公式ホームページを確認するようにしてください。

4. <KASHIYAMA>のオーダースーツはこんな人におすすめ

□吊るしの既製品のスーツではサイズが合わない体型の大きい男性、小さい体型の男性。

□ジャケットのサイズは合うが、パンツのサイズが合わない。

□こだわったスーツが早く欲しい。

□オールシーズンのスーツが欲しい。

□低価格でオーダースーツが欲しい。

□ベスト付きのスリーピーススーツが欲しい。

□ツーパンツスーツが欲しい。

□スーツをいつも買いに行くのが面倒。

□接客されるのが苦手。

サイズが合わない人やこだわった要望がありながら早くスーツが欲しい人、買い物が嫌いな人には<KASHIYAMA>のオーダースーツはおすすめです。

【グローバルスタイル】20代~40代の男性に人気のオーダースーツの特徴・値段・納期・評判をご紹介

【麻布テーラー】オーダースーツ専門店の特徴・値段・期間・評判をご紹介。

5.<KASHIYAMA>のオーダースーツの人気・評判とは?

低価格で早い期間で作れるオーダースーツの <KASHIYAMA>は人気・評判は高いです。

SNSなので人気・評判を調べてみると、

吊るしの既製品のスーツだと体型に合わないことが多かったが、ジャストフィット。

期待通りに仕上がってきた。

吊るしの既製品よりもフィットしてて良い。

ラインがカッコ良く買って正解。

男性・女性からの評判も高いです。

<KASHIYAMA>のオーダースーツを作った男性からも話を聞くと低価格だから期待してなかったけど、思っているよりも良かった。

簡単に作れるのでリピートしたいなどの話も聞いたので、人気・評判は高いです。



6.<KASHIYAMA>のオーダースーツの注文の仕方・流れ

<KASHIYAMA>のオーダースーツは簡単に作ることができます。

□<KASHIYAMA>のトップページを開く
↓↓↓↓↓

□クラシックなオーダースーツかジャケット&パンツのお好みのラインを選択
↓↓↓↓↓

□来店・出張オーダー・オンラインオーダーをするを選択
↓↓↓↓↓

□「来店予約」・「出張オーダー予約」の2つの中からお好みのオーダー方法を選ぶ
↓↓↓↓↓

□来店予約であれば店舗を選択
↓↓↓↓↓

□日程と時間を選択
↓↓↓↓↓

□基本情報を入力
↓↓↓↓↓

□予約内容を確認
↓↓↓↓↓

□予約を確定するを選択
↓↓↓↓↓

□予約完了

一度採寸してもらうと次回からは自宅にいながらも手軽に簡単に<KASHIYAMA>のオーダースーツを作ることができます。

オーダーメイドのカシヤマ

7.<KASHIYAMA>のオーダースーツでベーシックなスーツを注文するなら?

<KASHIYAMA>のオーダースーツをオンラインで注文しようとした際、悩むのが生地を選んだ後の仕様とデザイン。

お好みの生地を選んだあと、スーツを詳しくない男性からすれば、「どの仕様・デザインがベーシックなのか?」と悩んでしまいます。

◇ビジネスマンにおすすめのベーシックなスーツの選び方とは?

□お好みの生地を選択
↓↓↓↓↓

□型
色々と種類がありますがベーシックなのは「2つボタン」
↓↓↓↓↓

□ベント
「サイドベンツ」もしくは「センターベント」。
流行りや年齢は関係ないのでお好みを選択。
↓↓↓↓↓

□裏仕様
秋冬用のスーツなら「総裏」、春夏スーツなら「背抜き」
↓↓↓↓↓

□胸ポケット
標準のバルカポケット
↓↓↓↓↓

□腰ポケット
種類はありますが「フラット」がベーシック
↓↓↓↓↓

□袖ボタン
「4個の重ね」、「4個並び」。ビジネススーツとして使うならお好みを選択。
フォーマルで使うのであれば「4個並び」。
↓↓↓↓↓

□袖口形状
標準(開き見せ)
オーダースーツの醍醐味として本開きにする人もいます。
↓↓↓↓↓

□ステッチ
なし
↓↓↓↓↓

□ボタン
合成樹脂/生地同系色
↓↓↓↓↓

□裏地
ポリエステル/生地同系色
せっかくのオーダースーツを作るなら裏地を派手目や好きな色に変える人も多いです。
↓↓↓↓↓

□刺繍字体
ネームは入れない人も多いですが、オーダースーツだとローマ字で入れる人も多いです。
↓↓↓↓↓

□ここから「パンツ」を選択
↓↓↓↓↓

□脇ポケット
「ナナメ」・「タテ」お好みを選択
↓↓↓↓↓

□裾口
「シングル」で良いが、「ダブル」にしたいという人もいます。
折り返し幅で多いのが3.5cm、4.0cmです。
↓↓↓↓↓

□膝裏
オプション料金のかからないそのままを選択。
↓↓↓↓↓

□セット加工
「なし」で良いがクリースラインを少しでも長持ちさせたい人はオプションを選択しても良いです。
↓↓↓↓↓

□サスペンダーボタン
「なし」
↓↓↓↓↓

□尻シック
スーツのパンツでは股が破れて困る男性が多いので、オプション料金がかかりますが、尻シックを付けることをおすすめします。
↓↓↓↓↓

□ループ
「ループあり」
↓↓↓↓↓

□後ろスリット
「なし」
↓↓↓↓↓

□滑り止め
滑り止めをつけることでワイシャツが出てくれるのを軽減させてくれます。オプション料金がかかりますが、滑り止めをつけることをおすすめします。
↓↓↓↓↓

仕様・デザインは以上です。

スーツのパンツがいつも破れて困るという男性はスペアパンツをつけてツーパンツスーツにしても良いと思います。



最短一週間で作れる<KASHIYAMA>のオーダースーツはどんなスーツが作れるのか?

人気・評判はどうなのか?についてご紹介しました。

<KASHIYAMA>のスーツが少しでも気になる人は人気・評判も高いので作られても良いと思います。

今回ご紹介した内容が皆様のスーツ選びの参考になれば幸いです。

※値段・納期はシーズンや時期によって前後することがあります。詳しくは店舗・公式ホームページを確認するようにしてください

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

HIRO

ファッション業界で働く30代男性。 仕事・ビジネスファッション、大人の私服など、役立つブランド情報、着こなし方法をご紹介します。 Instagramでもスーツスタイル、ジャケパンスタイル、私服とコーディネートの参考になる写真をアップしています。

-オーダー, スーツ, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド, 着こなし
-, , , , ,

© 2022 Business Fashion MEN'S