コート・ダウン・アウター ファッション ブランド

【ウールリッチ-WOOLRICH】とは?特徴・価格・人気・評判とは?寒がりの人には最適なのか?

メンズレディースのアウター・コート・ダウンを展開する「ウールリッチ-WOOLRICH」。

セレクトショップをはじめ様々なショップで取り扱われているので、目にされたこと、触れられたことも多いはずです。

ウールリッチはアウター・コート・ダウンを展開することで有名ですが、

どんなブランドなのか?

価格・人気・評判はどうなのか?

寒がりだけど、アウター・コート・ダウンの保温性はどうなのか?

仕事・スーツの上から使えるのか?

ブランドの特徴を知らない、価格・人気・評判・機能性を知りたいという人も多いです。

ウールリッチの製品の購入を考えている人、アウター・コート・ダウンを探されている人に向けて、ウールリッチのブランドの特徴・価格・人気・評判をご紹介します。

 

 

ウールリッチのブランドの特徴・価格・人気・評判

目次

1.ウールリッチ-WOOLRICHとは?

2.ウールリッチ-WOOLRICHの特徴とは?

3.ウールリッチ-WOOLRICHの価格は?

4.ウールリッチ-WOOLRICHの人気・評判は?

5.ウールリッチ-WOOLRICHのアウターを長く使うには?

 

1.ウールリッチ-WOOLRICHとは?

ウールリッチはジョン・リッチが1830年にアメリカの北東部、ペンシルバニア州プラム・ランで毛織物工場を建設したのが始まりです。

創業から長い期間続いているアメリカの歴史あるアウトドアブランドの一つです。

南極探検隊に衣服を提供、南北戦争・第一次、第二次世界大戦で軍需品の提供もおこなったこともあります。

上記の経歴を見るとウールリッチの歴史の深さを実感できるのではないでしょうか。

ウールリッチは長い歴史の中で様々なアイテムを生み出しています。

その一部に触れたいと思います。

 

・バファローチェック

デザイナーがバファローの群れを飼っていたことから生まれた赤と黒のチェックシャツ。

 

・レイルロードベスト

複数のポケットを必要としていた鉄道員向けにデザインされた4つのポケットが特徴的なベスト。

 

・シャモワシャツ

高密度のコットン生地を使用。保温性が高く、頑丈なためウールリッチのクラシックアイテム。

 

・アークティックパーカー

ウールリッチのクラシックアイテム。

現在ではウールリッチのアイコンとなっています。

ウールリッチは長い歴史のなかで様々な機能性あるアイテムを展開。

「品質」・「機能性」の高さからイタリアの名門サッカーチーム「A.Cミラン」でもベンチウォーマーとして採用された実績もあります。

ウールリッチはメンズレディースアウターを展開するアメリカ最古のアウトドアブランド。

デイリー、アウトドアシーンで使えるアイテムを展開しています。

もちろんウールリッチのアウター・コート・ダウンはビジネスシーンでも使うことができます。

 

カシミヤのニット・セーター・コート・マフラーは何故人気があるのか?何故価格・値段が高いのか?カシミヤ素材についてのご紹介。

 

2.ウールリッチ-WOOLRICHの特徴とは?

ウールリッチの製品は長年の歴史と伝統があり、「高品質」、アウターの「バリエーションの豊富さ」、優れた「機能性」が特徴です。

そのためデイリー・アウトドアと様々なシーンで使えるアイテムが豊富に取り揃えられています。

なかでも上記でもご紹介した、

「アークティックパーカー」はブランドのアイコンとして親しまれています。

アークティックパーカーは元々は1972年にアラスカの氷点下のパイプラインの建設作業員向けに開発したことがはじまり。

マイナス40度にも耐える「保温性」、「耐久性」、「撥水性」、

ビジネス ・カジュアルと着まわせる「汎用性の高さ」、

「洗練されたデザイン」が特徴のダウンです。

「ダウン90%」・「フェザー10%」のため暖かく、寒がりの人には最適な逸品でもあります。

素材では「ナイロン60%」・「コットン40%」を使用した64クロスと言われる生地を使用。

ナイロン100%より柔らかく動きやすさがあり、フリースのハンドウォーマーも付いています。

サイズ感では身幅はゆったりめで設計されているのでスーツの上からも羽織りやすいです。

身幅が大きいとカジュアルでニットの上から羽織った時にサイズ感が大きいのではと思われるかもしれません。

しかしウエストラインを引き締めるドローコードが付いているので、カジュアルなシーンで着たときでもシルエットを綺麗に見せることができます。

「品質」・「機能性」に優れた様々なシーンで使えることが特徴のウールリッチ。

品質・機能性・汎用性の高さを求められる人はウールリッチの製品を検討されても良いと思います。

 

【コート・アウターで使われるダウン】とは?何のどこの毛?中綿との違いは?ダウンの人気ブランドもご紹介。

 

3.ウールリッチ-WOOLRICHの価格は?

・価格帯

コート・・おおよそ10万円前後〜

アークティックパーカーはおおよそ9万円ほど

ジャケット・・おおよそ6万円前後〜

シャツ・・おおよそ2万円〜

パファローシャツはおおよそ2万3千円ほど

ニット・・おおよそ4万円ほど〜

ベスト・・おおよそ4万円ほど〜

※価格はオンラインストアを参考にしていますので、時期・シーズンによって変動することがあります。

価格を詳しく知りたい人は公式ホームページをご確認ください。

 

【カナダグース-CANADA GOOSEのジャスパー】。メンズにも人気の理由・特徴・評判・価格をご紹介。

 

4.ウールリッチ-WOOLRICHの人気・評判は?

ウールリッチのアウター、なかでもアークティックパーカーは「デザイン性の高さ」・「機能性の高さ」からビジネスシーン・カジュアルシーンでも使える「汎用性の高さ」があるため人気・評判があります。

アウター・コートは毎年買い換えると出費が重なってしまいます。

ウールリッチは「高品質」・「飽きの来ないデザイン」なため一着持っておくと長い期間使用できるのも人気・評判が良いポイントの一つです。

着用できる年齢も20代・30代はもちろん40代・50代でも着用できます。

アウター・コートは「モンクレール」・「ヘルノ」・「カナダグース」など様々な有名ブランドがあります。

「モンクレール」は値段が高く、「ヘルノ」・「カナダグース」は人と被りやすい傾向があります。

限られた予算であまり人と被りたくない、寒がりで暖かいアウター・コートを求める人には人気・評判が良い「アークティックパーカー」も選択肢の一つです。

 

コートの有名ブランドの【ヘルノ-HERNO】。特徴・価格・評判をご紹介。

 

5.ウールリッチ-WOOLRICHのアウターを長く使うには?

ウールリッチはキチンと保管をすれば長い間着用することができます。

せっかく購入したのに変色・色焼けなどで着れなくなったら大変ショックです。

ウールリッチのアウター・コートは「高品質」といえども長く使うにはスーツなどと同様、日々のお手入れが重要です。

 

・日々のお手入れとオフシーズンの保管方法

①.着用して帰宅時にはホコリを払う。
(特に毛皮の付いた商品)

 

②.雨の日の着用・汗で濡れている場合は帰宅後、キチンと乾かし、濡れた状態で保管はしないでください。

シミ・カビ・虫食いの原因となります。

 

③.サイズに合ったハンガーにかける

サイズの合わないハンガーにかけるとコートの型崩れにつながります。

コートの用のサイズの合ったハンガーにかけるようにしてください。

 

④.通気性のある場所で保管

 

⑤.直射日光・蛍光灯があたらないようにする

保管時に直射日光・蛍光灯が当たると変色や色焼けの原因にもなります。

 

⑥.衣類用保管袋に入れる

クリーニング店で入れてもらえるビニール袋に長い期間入れていると生地の変色に繋がることがあります。

衣類用保管袋に入れることをおすすめします。

 

メンズレディースのアウター・コートを展開する「ウールリッチ-WOOLRICH」の特徴・価格・人気・評判についてご紹介しました。

ウールリッチは長い歴史から信頼があるため安心感があるブランドです。

 

そのため数多くのセレクトショップでも別注品が作られています。

 

青山、ユニクロ以外でスーツが欲しい人にはセレクトショップオリジナルスーツがおすすめ。(ビームス・ユナイテッドアローズ・シップス・アーバンリサーチ・トゥモローランド・エディフィスetc)

 

冬のアウター・コートをお探しの人は「ウールリッチ-WOOLRICH」を検討されてみても良いのではないでしょうか?

今回ご紹介した内容が皆様の参考になれば幸いです。

 

ビジネスマンが愛する【スーツ】・【ジャケット】・【コート】の有名人気ブランド特集

-コート・ダウン・アウター, ファッション, ブランド
-, , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S