まとめ・特集 ジャケット デニム・パンツ・スラックス ビジネス・仕事ファッション ファッション ブランド

【ワークウェアスーツ特集】ハードワークな営業からテレワークまで使えるスーツ。驚きの特徴とは?

今話題の「ワークウェアスーツ-WWS」。

多くのアパレル業が大苦戦するなか、ワークウェアスーツは今の時代に合った使いやすい機能性、価格のため売上を大きく伸ばしている働くビジネスマンから注目を集めている製品です。

メディアでも取り上げられている話題・注目を集めるワークウェアスーツですがご存知でない人もいると思います。

「ワークウェアスーツとはいったい何なのか?」

「ワークウェアスーツの驚きの特徴とは?」

ワークウェアスーツ-WWSについて知らない人に向けて凄さをご紹介します。

 

目次

1.ワークウェアスーツ-WWSとは?

2.ワークウェアスーツ-WWSの特徴とは?

3.ワークウェアスーツ-WWSの価格とは?

4.まとめ

 

1.ワークウェアスーツ-WWSとは?

ワークウェアスーツとは「スーツに見えるが実は作業着」というコンセプトのスーツでオアシススタイルウェアが手がけています。

スーツといえば多くの人が大手量販店などを想像、もしくは同じく話題のワークマンが手がけるスーツと想像した人がいるかもしれません。

ワークウェアスーツを手がけるオアシススタイルウェアの祖業はマンションの水道メンテナンス事業。

働く従業員の「現場でも格好良く着ることのできるウェアが欲しい」、「作業着だと通勤の際に恥ずかしい」といった声からスーツに見える作業着が誕生しました。

ワークウェアスーツはスーツに見える作業着ですが、一見するとスーツに見えるのでネクタイを締めるスーツスタイルが可能。

今需要の増えているノーネクタイやカットソー、ニットと合わせるビジネスカジュアルやオフィスカジュアルで使うことができます。

建設、リフォーム、エンジニア、イベント運営、記者、ライター、介護といったさまざまな職種で導入されています。

 

2.ワークウェアスーツ-WWSの特徴とは?

ワークウェアスーツはハードワークな営業マンからテレワークで手軽に扱いたい人までに嬉しい特徴が詰まっています。

 

①.自宅で洗える

一般的なスーツはウォッシャブルスーツでない限り、自宅で洗うことはできず、多くのスーツはクリーニングに出す必要があります。

スーツは雨などで濡れる、汗で汚れると日々のケアやクリーニングに出さないといけない手間やコストがかかってしまいます。

クリーニングに頻繁に出すのはスーツの寿命を縮める原因になることもあります。

ワークウェアスーツは従来のスーツのようにクリーニングの手間やコストがいらずで自宅で簡単に洗うことができます。

 

②.速乾性がある

ワークウェアスーツは速乾性があるため自宅で洗ってもすぐ乾くので毎日洗うことができます。

昨今、外出した服の汚れを自宅に持ち込みたくないと感じる人も増えています。

速乾性の高さから毎日洗うことができ、毎日洗っても次の日も使うことができます。

出張が多いビジネスマンだと出張先のホテルでも洗うことができ、雨で濡れてしまっても乾きやすいです。

 

③.シワになりにくい

ワークウェアスーツはシワになりにくいため、気軽に着用することができます。

シワだらけのスーツを着ていると清潔感に欠けてしまうので、シワにならないように座る際は必ずジャケットを脱ぐ、ハンガーに掛けるというように気を付けている人も多いです。

夏場の暑い時期にはジャケットにシワが入らないように持ち運びに気を付けている人も多いです。

ワークウェアスーツはシワになりにくいためカバンに気軽に入れることができ、気軽に着用することができます。

 

④.軽くストレッチ性がある

ワークウェアスーツは生地に伸縮性がありストレッチが効いているので楽に動くことができ、軽量なため着心地が良いです。

一般的なスーツは伸びが少なく着る際は破れないように汚れないように意識して着用しなければなりません。

着る服は動きにくいとストレスを感じ心も体も疲れてしまいます。

ワークウェアスーツはスーツに見える作業着のためストレスなく着用することができます。

 

⑤.ジャケットとパンツの別売り

ワークウェアスーツはジャケットとパンツが別々で販売されているのでジャケットとパンツのサイズを組み替えることができます。

例えばジャケットのサイズは「M」、パンツのサイズは「L」と上下のサイズを組み替えることができます。

スーツの多くはジャケットとパンツがセットになって販売されています。

セットになっているスーツはジャケットのサイズが合ってもパンツのサイズが合わないということがあります。

ジャケット、パンツが別々で販売されているワークウェアスーツは好みや体型でサイズを組み替えることができます。

ワークウェアスーツの別々の単品売りはジャケットを1着、パンツを2着といったツーパンツスーツにすることも可能です。

 

3.ワークウェアスーツ-WWSの価格とは?

・ジャケット

おおよそ¥16.000円ほど〜

・パンツ

おおよそ¥12.000円ほど〜

・長袖ワークビズポロシャツ

おおよそ¥7.500円ほど〜

・半袖ビズポロシャツ

おおよそ¥6.500円ほど〜

・Tシャツ

おおよそ¥4.500円ほど〜

・出張コート

おおよそ¥19.800円ほど〜

※価格は前後することがあります。

詳しく知りたい人は店舗、公式ホームページで確認してください。

 

<WWS/ワークウェアスーツ>のメンズアイテムを楽天市場で探すならこちら

 

【スーツ革命】スーツが嫌いなビジネスマンに向いているワークウェアスーツ。特徴・おすすめ理由をご紹介。

 

4.まとめ

ワークウェアスーツは「自宅で洗える」、「ストレッチ」、「防水」、「撥水」の豊富な機能性を持っているビジネス、プライベートで使えるスーツです。

耐久性やシワになりにくいためハードワークな営業マンの人や自転車通勤の人にも向いています。

仕事で「気軽に手軽に気楽に着ることができる」スーツを求める人には向いています。

ワークウェアスーツは仕事で使えますが注意点があります。

スーツよりもカジュアルな印象のため結婚式やお葬式などの正装を求められる場面では不向きな傾向があるので注意が必要です。

高級感のあるブランドスーツよりはキッチリ感や高級感は劣りますので高級感を求める人には不向きになります。

今回ご紹介した内容が皆様の仕事服選びの参考になれば幸いです。

 

【ユニクロの1万円以内で買えるジャージセットアップスーツは仕事で使える?】スーツ販売員が着た感想をご紹介。

-まとめ・特集, ジャケット, デニム・パンツ・スラックス, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, ブランド
-, , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S