クールビズ・ウォームビズ デニム・パンツ・スラックス ビジネスカジュアル ビジネス・仕事ファッション ファッション マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭 着こなし

【クールビズの服装はデニム・Tシャツはダメなの?】NGなアイテム、気をつけたいポイントをご紹介。

ノージャケット、ノーネクタイ、カジュアルな服装が推奨されるクールビズ。

クールビズの服装で「デニム」・「半袖のTシャツ」といったカジュアルなアイテムはNGなのか?と気になる男性も多いです。

クールビズの服装では「デニム」・「半袖のTシャツ」といったアイテムはダメなのか?NGなアイテムは?クールビズで気をつけたいポイントについてご紹介します。

 

目次

1.クールビズでは「デニム」・「半袖のTシャツ」はダメなのか?

2.クールビズでNGな服装

3.クールビズを気をつけたいポイント

4.まとめ

 

1.クールビズでは「デニム」・「半袖のTシャツ」はダメなのか?

デニムや半袖のTシャツは動きやすく着慣れている、自宅での洗濯も楽なのでビジネスシーンでも使いたい取り入れたいという男性は多いです。

しかし「デニム」や「半袖のTシャツ」はビジネスシーンでは不向きな傾向です。

ビジネスシーンでは取引先や周囲の人に失礼のないような服装を心掛けることが重要です。

自分自身が働きやすい服装ということも大事ですが、相手に礼儀を欠かさない配慮も必要です。

環境省が推奨する服装のガイドラインでのスーパークールビズにおいてもデニム、TシャツはTPOに応じた節度のある着用に限り可能ということです。

自分自身が良くても社外の人、周囲の人からすればカジュアル過ぎる服装はマイナスな印象として捉えられることがあります。

カジュアル過ぎる服装は自分自身の印象だけでなく、会社の評判も落としかねないので、クールビズでのデニムや半袖のTシャツでの勤務は避けられた方が賢明です。

クールビズのカジュアルな服装は業種や職種によってカジュアルな度合いが違います。

業種や職種で取引先などもデニムや半袖のTシャツでの勤務が一般的であれば良いかもしれませんが、デニムやTシャツを取り入れても良いのか迷われるのであればデニムや半袖のTシャツを取り入れるのはビジネスシーンでやめておくのが良いです。

 

2.クールビズでNGな服装

クールビズの服装において業界、業種によってNGな服装は異なります。

コットン素材のチノパン、スニーカーの着用が許される業界、業種もあれば、許されない業界、業種もあります。

業界、業種では金融や公務員ではクールビズであっても堅く、アパレルやITなどは比較的に寛容です。

クールビズでは業界、業種に関係なく仕事相手に失礼のない服装、礼儀を欠かさない服装を意識することが重要です。

業界、業種に関係なくNGになりやすいアイテムはランニングシャツ、ハーフパンツ、サンダルといった服装はビジネスシーンではNGな服装となりやすいです。

クールビズでの服装選びは業界・業種で異なり、勤める会社によっても規定やルールが違います。

クールビズでの服装選びではまずは勤める会社の規定やルールを確かめるようにしてください。

 

【クールビズの服装】安心のジャケット・シャツ・パンツとは?

クールビズで持っておきたいジャケット・ワイシャツ・パンツとは? クールビズの服装がわからない男性も数多くいます。 クールビズがどんな服装が良いのわからないので、「とりあえずスーツのジャケットを脱いでネ ...

続きを見る

 

3.クールビズを気をつけたいポイント

クールビズでは暑いからといって服装に手を抜く男性も多いです。

服装は仕事での印象を左右する大事なポイントです。

クールビズで気を付けたい服装のポイントとしては暑いからといってNGなアイテムを使用しないことはもちろん、礼儀を欠いた清潔感の欠けるだらしない服装にならないことがポイントです。

クールビズでも清潔感のあるキチンとした服装をするには「ワイシャツ選び」、「パンツ選び」がポイントです。

 

・ワイシャツ選び

クールビズではジャケットを着ない、ネクタイをしないので首元、襟元の印象が大事です。ワイシャツ選びを失敗すると首元、襟元がだらしない清潔感に欠けた印象になります。そのためネクタイ、第一ボタンを外しても首元、襟元が綺麗に見えるワイシャツ選びが重要です。

クールビズで首元、襟元が綺麗に見えるのは「ボタンダウンシャツ」、「ワイドスプレッドカラー」、「ホリゾンタルカラー」。

ボタンダウンシャツは襟先にボタンが付いているシャツ。ワイドスプレッドカラーは襟の開きが100度か
120度ほど。ホリゾンタルカラーは襟の開きが水平に開いたシャツ。

ボタンダウンシャツ、ワイドスプレッドカラー、ホリゾンタルカラーは首元、襟元を綺麗に見せてくれるワイシャツです。

ワイシャツ選びでは「サイズ選び」も重要です。身体のシルエットに沿わないオーバーサイズのシャツは野暮ったい、仕事のできない中年サラリーマンのような印象になってしまいます。ワイシャツ選びでは身体に綺麗に合うサイズ、シルエットのワイシャツを選ぶようにしてください。

ワイシャツ選びではボタンホールや襟裏、袖裏が装飾されたシャツがあります。

多くの装飾されたワイシャツはチープに見え、どちらかといえばビジネスシーンでは不向きなので避けるようにしてください。

 

【ユニクロのボタンダウンシャツはビジネスで使えるの?】特徴・選び方・評判・使えないシーンをご紹介。

  良質で有名な「ユニクロのボタンダウンシャツ」。 低価格で品質の高さからユニクロのボタンダウンシャツをビジネスでも着ることができないのかと考える人は多いです。 ユニクロのボタンダウンシャツ ...

続きを見る

 

・パンツ選び

クールビズで使えるパンツの素材はウール、ポリエステル、コットンと様々あります。ドレッシーな印象ならウール素材。カジュアルな印象ならコットン素材。機能性を重視するならポリエステル素材。

パンツ選びで気をつけたいポイントは「シルエット」です。パンツのシルエットによって清潔感やスタイルの見え方が大きく変わります。

綺麗なシルエットのパンツを選ぶポイントとしては「テーパード」、「ノータック」、「股上の深さ」。

テーパードシルエットは膝下からを長く見せてくれるので美脚効果を演出してくれます。ノータックは腰回りをスッキリと見せてくれます。股上の深さでは浅めを選ぶと腹部の下の方でベルトを締めるのでスタイルを良く見せてくれます。股上の深いパンツはベルトを締める位置が腹部の一番出ている部分になりますのでシルエットが綺麗でありません。

パンツ選びでは「テーパード」、「ノータック」、「股上の深さ」を意識すると美しいシルエットになります。

裾上げの方法はパンツの素材によって長さ、仕上げ方を選ぶと良いです。

 

【クールビズ】人気のスラックス・パンツはグレーのウール素材。おすすめする理由とは?

【クールビズ】人気のスラックス・パンツはグレーのウール素材。おすすめする理由とは? 業界・業種によってさまざまですが、ほとんどの業界・業種で取り入れられている夏のクールビズ。 クールビズの期間中はジャ ...

続きを見る

 

<クールビズのシャツ・パンツ>を楽天市場で探すならこちら

 

4.まとめ

クールビズの服装では「デニム」・「半袖のTシャツ」といったアイテムはダメなのか?NGなアイテムは?クールビズで気をつけたいポイントをご紹介しました。

クールビズでは業界・業種によって異なりますが、デニムや半袖のTシャツを取り入れるのはビジネスシーンでやめておくのが賢明です。

礼儀を欠いた清潔感の欠けるだらしない服装ではなく、取引先や周囲の人に失礼のないような服装を心掛けることが重要です。

今回ご紹介した内容が皆様のクールビズでの服装選びの参考になれば幸いです。

-クールビズ・ウォームビズ, デニム・パンツ・スラックス, ビジネスカジュアル, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, マナー・エチケット・ニオイ・美容・口臭, 着こなし
-, , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S