コート・ダウン・アウター ファッション ブランド 着こなし 私服

【モンクレール】セレブも着るダウンの人気の特徴とは?仕事でも使えるのか?10年アパレル経験を持つ筆者がご紹介。

※画像はイメージになります。

 

ダウンジャケット・ダウンウェアといえば「モンクレール-Moncler」。

ダウンジャケット・ダウンウェアの代名詞のように言われるほど有名な「モンクレール-Moncler」は購入したことがある人や購入したことはなくても見たこと聞いたことはあるという人も多いと思います。

購入したことがある人はご存知だと思いますが、購入したことのない人は

「モンクレール-Monclerは何故多くの人を虜にするほど人気があるのか?」

「モンクレール-Monclerのダウンは仕事で使えるのか?」

「モンクレール-Monclerのダウンの特徴は?」

これからモンクレール-Monclerのダウンジャケットの購入を考える人や魅力を知らない人に向けて10年以上のアパレル経験を持つ筆者が特徴、人気、仕事で使えるのか?着た時の感想をご紹介します。

 

目次

1.モンクレール-Monclerとはどんなブランド?

2.モンクレール-Monclerのダウンの特徴とは?

3.モンクレール-Monclerのダウンは人気なのか?

4.モンクレール-Monclerのダウンは仕事で使える?

5.アパレル10年以上の経験を持つ筆者がモンクレールを着た感想

 

1.モンクレール-Monclerとはどんなブランド?

※画像はイメージになります。

 

モンクレールとブランド名は知っていてもどこのブランドか知らない人も多いと思います。

モンクレールとはフランス発祥のファッションブランドです。

青・白・赤のトリコロールカラーにフランスの国鳥であるオンドリのロゴ、シンボルマークで世界に知られています。

今ではダウンウェア・ダウンジャケットで有名なモンクレールですが、当初は登山家の装備を中心とした企業で登山家のリオネル・テレイをアドバイザーとして迎えることでダウンウェア・ダウンジャケットの本格的な製造を始めました。

リオネルテレイとはフランス人で始めてヒマラヤ登頂に成功したアルピスト(登山家)です。

モンクレールはダウンウェアをイタリアやフランスの登頂隊、アラスカの遠征隊に提供し、1968年のグルノーブルオリンピックでフランスのナショナルチームの公式ウェアに選ばられることで世界的に有名になりました。

現在ではモンクレールは防寒のアウトドア衣類でなくファッション性の高さ、ジュンヤワタナベ、ミハラヤスヒロ、海外ではバレンシアガ、トムブラウンなどのさまざまなブランドとのコラボレーションでも知られているブランドです。

セレクトショップやさまざまなお店で取り扱われる有名ブランドです。

 

【カナダグース-CANADA GOOSEのジャスパー】。メンズにも人気の理由・特徴・評判・価格をご紹介。

 

2.モンクレール-Monclerのダウンの特徴とは?

※画像はイメージになります。

 

モンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットは保温性が高くスタイリッシュなデザインが特徴です。

防寒・アウトドアを目的としたダウンウェア・ダウンジャケットは保温性が高くても都会的なスマートさ、スタイリッシュさに欠けるものが多いです。

反対に見た目に都会的なスマートさ、スタイリッシュさがあっても保温性に欠けるものもあります。

保温性が高くてもスマートさ、スタイリッシュさがなければ作業着のように見えてしまいます。

スマートさ、スタイリッシュさがあっても保温性がなければ重ね着をしなければならず手間がかかり動きにくいです。

モンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットは都会的なスマートさ、スタイリッシュさのファッション性がありながら優れた保温性を両立させています。

モンクレールでは高い保温性を実現させるために高級な「ホワイトグースダウン」を使用していると言われています。

ダウンといっても種類があり、多くのダウンではアヒルが使われることが多いのですが、モンクレールでは保温性、機能性を高めるためフランス規格協会のキャトルフロコン認定の高級なホワイトグースダウンを使用していると言われています。

キャトルフロコンは空気の包含力、断熱力において厳しい認定基準をクリアしないといけない認定されません。

キャトルフロコン認定のダウンを使っていることからモンクレールの品質の高さが伺えます。

デザイン性ではスマートさ、スタイリッシュさを演出するためにダウンを使用する量をグラム単位で細かく計算し1着ずつ職人によって生み出されています。

ダウン量を緻密に計算することで人間の身体に沿った美しいシルエットのダウンウェア・ダウンジャケットを生み出しています。

そのためモンクレールのダウンのシルエットは美しいです。

 

【コート・アウターで使われるダウンは何のどこの毛?】中綿との違いは?ダウンの人気ブランドもご紹介。

 

3.モンクレール-Monclerのダウンウェア・ダウンジャケットおすすめのモデル

モンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットといってもモデルに種類があります。

気に入ったデザインを購入するのが一番良いですが参考までにおすすめのモデルをご紹介します。

 

◇モンクレールおすすめモデル

①.GRENOBLE-グルノーブル

②.MAYA-マヤ

③.MONTGENEVRE-モンジュネーブル

④.GammeBleu-ガムブルー

 

①.GRENOBLE-グルノーブル

グルノーブルは1952年にモンクレールを創設したフランスの村名「グルノーブル」が由来で2010年にスタートしたライン。

過去のスタイルを現代的に再解釈し上質な素材、ディテール、カラーを使用しシティウェアやスキーウェアで構成されています。

 

②.MAYA-マヤ

マヤはモンクレールの王道定番モデル。

シンプルでベーシックなデザインと機能性があるダウンウェア・ダウンジャケットです。

表地にナイロンのシャイニーな光沢感がモンクレールらしさ、高級感を演出します。

 

③.MONTGENEVRE-モンジュネーブル

モンジュネーブルは王道の定番モデルのマヤのデザインをそのままに表地をフェルトフランネルで仕立てたモデルです。

マットな雰囲気は大人の落ち着いた雰囲気を演出します。

 

④.GammeBleu-ガムブルー

ガムブルーはトムブラウンをデザイナーに迎えたメンズライン。

アメリカファッションブランドのトムブラウンの象徴でもある「アメリカントラディショナル」をベースとしたスタイルでメインよりも高額なラインです。

※2018年で展開終了をしているので気に入った物を見つけるのには苦労します。

 

<モンクレールのメンズダウンジャケットを楽天市場で探すならこちら

 

3.モンクレール-Monclerのダウンは人気なのか?

モンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットはシーズンの実需期、必要な時期に購入しに行っても人気のあるデザイン、カラー、サイズは無くなっているほどの人気があります。

モンクレールの人気の高さは日本だけでなくオシャレなブランドが集まりファッションで有名なイタリアや世界でも高い人気を誇ります。

モンクレールのダウンはさまざまな著名人が着用しており着用することは一種のステータスでもあります。

 

【ウールリッチ-WOOLRICH】とは?特徴・価格・人気・評判とは?寒がりの人には最適なのか?

 

4.モンクレール-Monclerのダウンは仕事で使える?

モンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットは普段のカジュアルシーンだけでなく、仕事のビジネスシーンでも使うことができます。

一昔前まではスーツにダウンを合わせる着こなしはカジュアルなためあまり良しとはされていませんでした。

しかし昨今のビジネスカジュアル、オフィスカジュアルの普及や推奨によりビジネスマンの着こなしが変わってきています。

TPOはありますがビジネスカジュアル、オフィスカジュアルを推奨している会社ではダウンウェア・ダウンジャケットは仕事で使うことができます。

 

仕事でも使える【タトラス-TATRASのダウン】。メンズの特徴・価格・人気・評判をご紹介。

 

5.アパレル10年以上の経験を持つ筆者がモンクレールを着た感想

10年以上のアパレル経験を持つ筆者はさまざまなダウンウェア・ダウンジャケットを試着を含めて着てきました。

モンクレールのダウンジャケットを使っている感想としては見た目のスマートさがあって軽くて暖かい着心地、尚且つ高級感があって大変満足しています。

自分自身も含め、男性は重ね着や厚手のニットなどを好まない人が多いです。

モンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットは保温性が高いので薄いセーターやニットの上にパっと羽織るだけで冬場は快適に過ごせます。

見た目でも高い保温性がありながらダウンウェア・ダウンジャケット特有の着膨れが少なく他のダウンに比べてスマートさが演出できます。

低価格のダウンにはない身体にフィットする着心地は高級感がありオンドリのロゴの可愛いさもあります。

これからモンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットを購入するか悩んでいる人や品質の良いダウンウェア・ダウンジャケットをお探しの人はモンクレールのダウンウェア・ダウンジャケットを1着持っておくことおすすめします。

モンクレールを購入するならデザイン、サイズ、カラーが無くなる前にダウンウェア・ダウンジャケットが必要となる時期より前に買いに行くこともおすすめします。

今回ご紹介した内容が皆様の参考になれば幸いです。

-コート・ダウン・アウター, ファッション, ブランド, 着こなし, 私服
-, , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S