ファッション ブランド 着こなし 私服

【ストーンアイランド/STONE ISLAND】どんなブランド?特徴・人気とは?

【ストーンアイランド/STONE ISLAND】の特徴・人気をご紹介

星のようなコンパスのアイコン、ロゴで知られる<ストーンアイランド/STONE ISLAND>。

多くの人から支持される<ストーンアイランド/STONE ISLAND>とはいったいどんなブランドなのか?

どんな特徴があり、人気はあるのか?

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>が気になる、知りたい人、購入で悩む人に向けて、<ストーンアイランド/STONE ISLAND>についてご紹介します。

 

目次

1.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>とは?

2.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の歴史

3.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の特徴とは?

4.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の人気・人気アイテム

 

1.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>とは?

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>とは1982年にスタートしたイタリア創業のカジュアルファッションブランド。

ブランドの象徴、アイコンでもある星のようなコンパスを見かけられた人は多いのではないでしょうか。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>は創業当初からミリタリーウェアの機能性、デザインに着目し、ファッションアイテムに昇華させたブランドです。

ミリタリーウェアをファッションアイテムにした<ストーンアイランド/STONE ISLAND>はミリタリーウェアのパイオニアともいわれるブランドとも言われています。

最先端の素材、革新的なデザインにこだわり続け、機能性とデザインが両立したウェアを展開し、ミリタリーテイスト、スポーツテイストを得意としています。

カジュアルウェアでもスポーツウェアの共通感覚も新たに定義しているファッションブランドです。

 

2.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の歴史

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のスタートは1982年。

創業当時、デザインを担当していたのはマッシモ・オスティ氏。

マッシモ・オスティ氏はファッションブランド<C.P.COMPANY>の創業者。

<C.P.COMPANY>はイタリアンカジュアルウェアのパイオニア、全てのカジュアルウェアの起源と考えられていました。

1970年代中頃、イタリア軍が開いていたヴィンテージマーケットでは数多くのミリタリーウェアが販売されていました。

ボローニャのグラフィックデザイナーであったマッシモ・オスティ氏はミリタリーウェアが持つ機能性、魅力にいち早く気づき、ファッションアイテムに取り入れようとした人物。

活動するために合理的に進化したミリタリーウェアならではのシェイプ、ポケット、留め具、装飾などのディテール。

表面のユーズド感、色褪せた絶妙な色彩。

マッシモ・オスティ氏はミリタリーウェアが持つ魅力を徹底的にリサーチ。

素材、織り、加工技術を駆使することでオリジナルのミリタリーウェア、ヴィンテージの風合いのアウターを作り上げました。

 

◇<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の誕生・名前の由来

<STONE ISLAND>の誕生・名前の由来は片面が赤く、もう片面が青をしたトラックの帆に使用される防水布。

重く厚い布のトラックの帆はウェアに使用するのは難しいとされていましたが、長時間ストーンウォッシュを施すことで柔らかい風合いに変化させることに成功しました。

染色でも試行錯誤を繰り返し、プロトタイプは斬新な出来上がりになりました。

斬新なプロトタイプは展開しているイタリアンカジュアルとして認知されていた<C.P.COMPANY>のイメージには属さないテイストでした。

そこで新しいコンセプトのもと、トラック用の生地にストーンウォッシュを施すというユニークな発想、製法で作り上げたジャケットのコレクションを<ストーンアイランド/STONE ISLAND>と名付け、新しいブランドとして発表しました。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>という名前は海辺で長い年月をかけて腐食したようなノスタルジックな雰囲気を放っていたことからと名付けられました。

ジャケットの胸元には現在の<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のアイコン、ブランドの象徴ともいえるバッジが取り付けられていました。

「海への愛情と永続的な研究に真っ直ぐ突き進む」という志を表した星のようなコンパスが描かれました。

研究、加工を駆使し、製品をこだわって作り上げる環境、精神は今も<ストーンアイランド/STONE ISLAND>で引き継がれています。

創業の翌年である1983年、トリノを拠点とする大手繊維メーカー<GFT>と合併。

1985年にはミリタリーファブリックのコットンサテンの表面と裏面にポリウレタンをコーティングした「Raso Gommato」。

1986年にはコットンサテンにシルバーコーティングを施した「Alu C」を発表。

今までにない革新的な素材の使用によって、イタリア国内では個性を表現できるウェアとして若者中心に人気を獲得しました。

 

◇<ストーンアイランド/STONE ISLAND>を世界に広めたのが「アイスジャケット」

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の知名度が世界で知られるきっかけとなったのが、1989年に開発された「アイスジャケット」。

「アイスジャケット」は温度の変化により全く異なる色へと変化する、今までのウェアにはなかった概念を確立。

ホワイトがライトブルー、イエローがダークグリーン。

異なる色へと変化する<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のジャケットは多くの人を驚かせました。

「アイスジャケット」は世界で広まり、当時の<ストーンアイランド/STONE ISLAND>を代表するヒット作品となりました。

1991年に発表された「リフレクトジャケット」は日本製の特殊な生地を採用。

微小ガラス粒子を高密度にコーティングし、リフレクト効果を与えることで僅かな光にも反射する機能が施されました。

メタリックな色を放つ「リフレクトジャケット」は当時の時代を象徴する際立ったアイテムでした。

1993年にはGFTから独立。

 

◇マッシモ・オスティが離れる

1996年には創業以来、デザインを担当してきたマッシモ・オスティが<ストーンアイランド/STONE ISLAND>を離れる。

後任はイタリア人デザイナー、ポール・ハーヴィ。

ポール・ハーヴィー氏はセントマーチンズでテキスタイルを専攻していた人物。

素材の改良に着手し、「シルバージャケット」、「ブロンズジャケット」を生み出しました。

1999年には飛行機のシールドを保護するために開発された素材を採用した「Silver Spray」。

2002年には光通信ケーブル0.1mmのガラス繊維オプティカルファイバーを採用した「ライトジャケット」。

1平方メートルあたり30gという薄く軽量なマットナイロン地にダウンを詰めた「ウルトラライトダウンジャケット」。

ポール・ハーヴィー氏は2008年にブランドを退くまで24ものコレクションをデザインしました。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>はポール・ハーヴィー氏が去ったあとは現代的であるためには多文化的であることが必要と考えられました。

手がけるテーマによって最適なデザイナーを専任。

一人の人間が指揮をするということではなく、あらゆる感性を持った者たちによって構成するデザインチームが立ち上げられました。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の革新的で挑戦的なスタンスは脈々と受け継がれ、現代も魅力的なコレクションを展開し続けています。

 

【バレンシアガ/BALENCIAGA】どんなブランド?今さら人には聞けない特徴をご紹介

 

3.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の特徴とは?

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>はスポーツテイスト、ミリタリーテイストの機能性、デザイン性を追及したコレクションが特徴です。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の数多くのアイテムのなかでも特徴的なのが「ガーメントダイ」です。

 

◇ガーメントダイ

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の代名詞、特徴ともいえるのが「ガーメントダイ」と呼ばれる製品染め、後染めと言われる手法。

製品染め、後染めは縫製などが終了してから最後に色を染める手法です。

縫製が終了してから最後に染めることにより、生地から縫い目まで全て同じ染料で染めることができ、独特の味のある風合いを出すことができます。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の「ガーメントダイ」を施したアイテム、リフレクティブジャケット、ダウンジャケットは統一感のある美しい風合いに仕上がっています。

 

【ヴァレンティノ/VALENTINO】どんなブランド?今さら人には聞けない特徴をご紹介

 

4.<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の人気・人気アイテム

機能性、デザイン性を追及したコレクションが特徴的な<ストーンアイランド/STONE ISLAND>。

もともと大人向けのブランドでしたが、ルイ・ヴィトン、シュプリーム、ナイキといったブランドとコラボレーションで話題を呼び、ストリートで人気が高まりました。

ヴィンテージっぽい雰囲気、ミリタリー、スポーツテイスト、機能性、カラー、<ストーンアイランド/STONE ISLAND>ならではのオリジナリティ溢れるアイテムの数々。

20代、30代、40代を中心に人気があり、日本においてはアウターウェアの人気が特に高いです。

ダウンジャケットブランドというわけではありませんが、モンクレール、デュベティカ、ヘルノ、カナダグースといったプレミアムアウターブランドと並び称されるほど人気があります。

続いて<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の人気アイテムについてご紹介します。

 

【オフホワイト/OffWhiteとは?】ブランドの特徴・人気をご紹介

 

◇ダウンジャケット

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>の人気アイテムでは欠かせないダウンジャケット。

シンプルながらも製品染めしたダウンジャケットは他のダウンジャケットにはない洗練された味わい深さがあります。

機能性では優れた防風性、防寒性を持っています。

デザイン性、機能性に優れたダウンジャケットは<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のアイテムのなかでも持っておきたい逸品です。

 

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のダウンジャケットを楽天市場で探すならこちら

 

◇クルーネックスウェット

スウェットは一枚で着ると野暮ったさが出ることがあります。

しかし<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のシンプルなスウェットは加工や染色にこだわることでスタイリッシュさ、オシャレな雰囲気を演出してくれる人気アイテムです。

 

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のスウェットを楽天市場で探す

 

◇カーゴパンツ

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のカーゴパンツはダウンジャケットに劣らず、人気のあるアイテムです。

見た目が美しいスッキリとしたシルエット、独特な色合いのカーゴパンツは他のブランドにはない逸品。

愛用する男性も多い人気のカーゴパンツです。

素材もコットン、ナイロンと豊富に取り扱われています。

 

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のカーゴパンツを楽天市場で探すなら

 

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>が気になる、知りたい、購入で悩む人に向けて、<ストーンアイランド/STONE ISLAND>のブランドの特徴、歴史、人気、人気アイテムをご紹介しました。

<ストーンアイランド/STONE ISLAND>はオシャレな私服、私服をこだわりたい男性に向いているブランドです。

お悩みの男性は一度試されても良いのではないでしょうか。

今回ご紹介した内容が皆様の私服選びの参考になれば幸いです。

-ファッション, ブランド, 着こなし, 私服
-, , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S