スーツ スーツ色 ビジネス・仕事ファッション ファッション 着こなし

【仕事/ビジネスで好印象を与える方法】スーツの色で印象・イメージが変わる

 

スーツの着る色で相手に与える印象、イメージが変わることをご存知でしょうか?

人は色の特性によって相手の印象、イメージを持ってしまいます。

そのためスーツの色をうまく選べば、仕事/ビジネスの相手、周囲に良い印象、イメージを持たせることが可能です。

仕事/ビジネスのさまざまシーンでスーツの色をまだ使い分けてない方は使い分けることをおすすめします。

「仕事がうまくいかなくて悩む」

悩みを抱える男性はスーツの色を使い分けることによって相手の印象、イメージ、自分自身の気持ちが変わり、今より会議、会食、営業などの仕事/ビジネスがスムーズにいくかもしれません。

ではスーツのどんな色が相手、周囲にどのような印象、イメージを与えるのか?

スーツの色がどんな印象・イメージを与えるのかをまとめましたので、仕事/ビジネスでのスーツ選びの参考にしてください。

 

目次

1.黒(ブラック)スーツ

2.紺(ネイビー)スーツ

3.グレースーツ

4.茶(ブラウン)スーツ

 

1.黒(ブラック)スーツ

昨今ビジネスシーンでも取り入れられるようになったブラックスーツ。

ブラックスーツはスタイリッシュで堅くクールな印象を与えます。

しかし黒、ブラックスーツは元来フォーマルな印象が強い色です。

日本では冠婚葬祭、海外ではパーティーの時に着るスーツで普段ビジネスシーンで使うものではないというイメージがあります。

そのため仕事・ビジネスシーンでブラックスーツを着用する際は注意が必要です。

 

フォーマルスーツは絶対に必要。賢い買い方とは?ブラックスーツではいけないの?

 

2.紺 (ネイビー)スーツ

紺はトレンドに左右されなく、合わせやすい万能なスーツです。

紺のスーツでも濃色な紺から淡い紺まであります。濃色の紺は誠実、真面目な印象を与えます。政治家とかよく着用されています。

紺色がブルーになるにつれて、若々しく、親しみやすい印象になります。

紺色が薄くなるにつれてカジュアルな印象になるので注意が必要です。

 

【仕事で必ず持っておきたいスーツ】紺無地スーツがおすすめの理由をご紹介。

 

3.グレースーツ

グレーのスーツは知的で落ち着いた、大人な印象を与えます。

グレーも濃色から薄い色があります。濃色のチャコールグレーは黒に近い印象があり、スタイリッシュでクールな印象になります。

ミディアムグレーは明るく清潔感がある印象になります。

ライトグレーはオシャレ感がありますが、カジュアルな印象になるので着用シーンには注意が必要です。

グレーは色の濃さによって印象が大きく変わります。

スーツの色選び、素材選び、ネクタイの合わせを間違うと老けて、地味な印象になってしまうので注意が必要です。

 

【グレーのスーツは仕事で使える?】印象・おすすめ生地・コーディネート方法をご紹介。

 

4.茶(ブラウン)スーツ

昨今人気が少しずつ出てきた茶色のスーツ。

特に秋冬に人気があります。

茶色、ブラウンのスーツはオシャレ感、暖かみがあり柔らかな落ち着いた印象が出ます。

 

「茶色のスーツ」は仕事で使えるの?印象・雰囲気って?トレンドのブラウンスーツがおすすめの理由。

 

いかがでしたでしょうか。

スーツの色が与える印象・イメージをご紹介させて頂きました。

色選びはビジネスで好印象を持ってもらうための一つの手段・ツールです。

一流のビジネスマンはスーツの色をシーン別に使い分けています。

自分が仕事/ビジネスの相手、周囲に与えたいスーツの色を着用してください。

今回ご紹介した内容が皆さまのお役に立てれば幸いです。

-スーツ, スーツ色, ビジネス・仕事ファッション, ファッション, 着こなし
-, , , , , , , , ,

© 2021 Business Fashion MEN'S